無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

今週のアキバは時東ぁみ

 秋葉原に来た。時東ぁみの2ndシングル『I'm a lady ~じれったい私~』がまだ発売日前日の昼というのに既に売り切れ店続出である。この眼鏡っ娘、ゆかりん姫を軽く超えてしまうのか?さすが駅をぁみだらけにするだけのことはある。
 アソビット・ゲームシティでは売れた理由が眼鏡パワーのせいであるかのような掲示をしていたが、それはアーティストに対して失礼だろう。ま、そんなことで怒るような時東ぁみではないけどな。(11月6日追記:その売れていく様子は、まさに「秒殺」だったそうだ。目撃したかった。)

PhotoJR秋葉原駅のコンコースは時東ぁみだらけ。

Photo_2じれったい階段。

月島きらり、TOP10圏内へ

 月島きらり(starring 久住小春(モーニング娘。))の2ndシングル『バラライカ』が、オリコン・デイリー29付も6位を維持し、週間チャート・トップ10入りが決定的になった。
 デイリーランキングの推移
  24日 9位
  25日 8位
  26日 8位
  27日 7位
  28日 6位
  28日 6位

『バラライカ』限定版(スーパー・コラボ・ミルフィーカード封入)
1260円(税込)

バラライカ(初回生産限定盤) ♪決定的なハッピーの予感もうすぐそこまで♪
『バラライカ』通常版 1050円(税込)
バラライカ

 また、AKB48『会いたかった』も9位にランクアップ。これもトップ10入りする可能性が出てきたが、どうなるかは秋葉原の専門店での売り上げ次第であろう。
デイリーランキングの推移
  24日 10位
  25日 12位
  26日 12位
  27日 12位
  28日 10位
  28日 9位

 Aice5の『Love Power』はやや厳しくなってきた気配だが、第4土曜日ポイント2倍付けの影響があってかヤマギワソフト館で早期に完売・入荷待ちになってしまい、それがデイリーの数字に影響している可能性があるので、まだ希望は持てる。しかし、『Love Power』がトップ10入りした場合、『会いたかった』のトップ10入りが厳しくなるだろう。

2006年10月30日 (月)

月島きらり、当選確実?!

 月島きらり(starring 久住小春(モーニング娘。))が快調だ。2ndシングル『バラライカ』がデイリーでここまで順調な推移をみせており、オリコン・シングル週間チャートトップ10入りが確実な情勢である。小春ちゃんの「お笑い芸人」も見たかったけどな。
 デイリーランキングの推移
  24日 9位
  25日 8位
  26日 8位
  27日 7位
  28日 6位

『バラライカ』限定版(スーパー・コラボ・ミルフィーカード封入)
1260円(税込)

バラライカ(初回生産限定盤)
『バラライカ』通常版 1050円(税込)
バラライカ

 また、ドン・キホーテ秋葉原でおなじみのAKB48『会いたかった』もなかなか好調。24日から28日までの5日間の順位が10→12→12→12→10と、秋葉原の専門店の数字次第ではトップ10入りも見込めるかもしれないところまできた。

 Aice5の『Love Power』は微妙なところである。まのずとらのあなでどれだけ稼げたかが勝負どころか。デイリーの推移は17→17→20→16→(なし)となっている。

2006年10月29日 (日)

見損なったぞ、高田延彦

 今日放送のNTV・THEサンデーで、高田延彦は「役所の人間の受け答えをみるといつも頭に来ますよね」という発言をした。そういう人だとは。代理出産の件で高く買っていただけに残念だ。小生は行政職員の味方をするつもりはないが、「官vs民」という思考停止に巻き込まれるのはごめんだ。高田は、民間に立入り調査できたのだから行政ならもっと簡単にできたはずだというマスメディアの暴論に簡単に乗ってしまった。「役人はどんな事件にも当てはまる責任のがれの発言しかしない」という高田のコメントにはがっかりだ。実際には行政職員には何の権限もなく、あらゆる手段で口を封じられている。そもそも行政職員とNTVのどちらが権力側かを考えなければならない。
 そんなに役所に文句があるのなら、自分でやってみろ、と言いたいが、有名人は決まって首長か議員として行政にかかわろうとする。自分でやってみろというのは、普通の担当職員になって実際に仕事をしてみろという話なのに、有名人は組織票で政治家になってふんぞり返るだけだ。

2006年10月28日 (土)

ジャパニメーションの辛い時代

 「ジャパニメーション」という造語が生み出され、ビジネス界から注目されている日本のアニメーションだが、実は、ふしぎの海のナディア、天空戦記シュラト2年目、美少女戦士セーラームーンSSといった、セルアニメ時代末期に起きた製作力崩壊以来のたいへんな苦境に陥っている。どうしても収益性が悪くなってきているのだ。少子時代とはいえ玩具の売上がないとやはりつらい。大人によるDVDやCDの購入だけでは年々増大する経費を賄いきれなくなってきている。国内は恒常的な人材不足が相変わらずで、比較的賃金水準が低く辛い作業も厭わない海外での「生産」に大きく依存している。しかし、韓国では若者が苦汗労働を厭がるようになり、中国・マレーシアでも賃金水準が急上昇してコストを引き上げている。
 最近「流行り」のローカル局アニメ、涼宮ハルヒの憂鬱、乙女はお姉様に恋してる、らぶドル、N・H・Kにようこそ等がこの苦しい状況を物語っている。テレビ放送の電波に乗せるにはかなりの金がかかる。メジャーネットワークはローカル局に比べてかなり高い。アニメ業界が十分な収益を挙げられなくなっているからこそ、メジャーな放送ネットワークに、深夜枠にさえ乗せられないのだ。
 しかし、大当たりしたとなると話は別で、たとえばハルヒの続編をつくるとなったらメジャーネットワークも黙っていないだろう。放映権を争って、ローカル局とメジャーネットワークの間に確執が生まれるような事態になりかねない火種がここにある。

今週まで(?)は低調な音楽界

 今週発表のオリコン・シングルCD週間チャートでは、倖田來未の『夢のうた/ふたりで…』(rhythmzone)が17万5643枚で1位になった。avexではなくrhythmzoneではあるが、エイベックスグループのレーベルとしては本当に本当に久しぶりの1位獲得だ。(11月2日追記:翌週のランキングで大塚愛も挑戦したが2位に終わり、そのまた翌週のBoAも2位に終わりそうな気配である)
 しかし、今週も寂しいセールスとなった。2位以下は相変わらずで、SMAPの『ありがとう』でも43461枚。わずか819枚で森山良子が100位にチャートインという本当に低調な1週間だった。
 おかげで演歌が100位以内に19タイトルもあった。アニメ関係はまったくといっていいほどなかったが、北島三郎の『あの日時代』25位がちょっと嬉しい。

2006年10月27日 (金)

2日目。月島きらり上昇、Aice5は維持

 オリコン・シングルCDデイリーランキング2日目は、月島きらり『バラライカ』が1ランクアップの8位、Aice5『Love Power』が17位を維持。あとは土・日の勝負だ。がんばれ、月島きらり(starring 久住小春(モーニング娘。))。がんばれ、Aice5

みんな、買うのだ!

月島きらり(starring 久住小春(モーニング娘。))
『バラライカ』限定版(スーパー・コラボ・ミルフィーカード封入)
1260円(税込)

バラライカ(初回生産限定盤)
『バラライカ』通常版 1050円(税込)
バラライカ

Aice5
『Love Power』初回限定版(DVD付き) 1890円(税込)

Love Power(初回限定盤)(DVD付)
『Love Power』通常版 1260円(税込)
Love Power

2006年10月26日 (木)

きたっ、月島きらり&Aice5

 きたっ!オリコン・シングルCDデイリーランキングで『バラライカ』が9位、『Love Power』が17位!!週間チャートになるとこれにアニメ・玩具専門店の数字が上乗せされるから、2日目以降の動向によっては週間チャートトップ10入りも見えてくる。

Aice5
『Love Power』初回限定版(DVD付き) 1890円(税込)

Love Power(初回限定盤)(DVD付)
『Love Power』通常版 1260円(税込)
Love Power

月島きらり(starring 久住小春(モーニング娘。))
『バラライカ』限定版(スーパー・コラボ・ミルフィーカード封入)
1260円(税込)

バラライカ(初回生産限定盤)
『バラライカ』通常版 1050円(税込)
バラライカ

2006年10月25日 (水)

久しぶりにヒートアップか?真価が問われるアニソン界

 10月24日、アニメソングのビッグタイトルが相次いで発売された。このところ冷え切っていた市場を再び活性化することができるか、アニソン界の今後を占う意味で、重要になってくる。

 まず、今月の大本命から。Aice5(「あいす」と読めよ!「5」は読むなよ!)のニューシングル『Love Power』が発売された。レーベルは「スターチャイルド」(←常識だろ!)。これは「乙女はお姉さまに恋してる」(「おとめはボクにこいしてる」と読めよ!)の主題歌だ。
『Love Power』初回限定版(DVD付き) 1890円(税込)
限定版
『Love Power』通常版 1260円(税込)
通常版

 「テレビ東京アニメで勝負」路線の生き残り人気アニメ、「きらりん★レボリューション」の10月からの主題歌『バラライカ』も発売された。前回、オリコン初登場で18000枚余りを売り上げた月島きらり(starring 久住小春(モーニング娘。))だが、今回はどうなるか。10位以内に入らなかったら“お笑い芸人”になるという冗談企画もあるらしい。なんと、11月3日から5日まで東京ドームシティで「きらりん★レボリューション」のイベントが開催されるというから驚きだ。
『バラライカ』限定版(スーパー・コラボ・ミルフィーカード封入)
1260円(税込)

バラライカ限定版
『バラライカ』通常版 1050円(税込)
バラライカ通常版

 おっと、大事なのを忘れてた。ブロッコリーの社運を賭けた『宇宙で恋は☆るるんルーン』も発売だ。特典はルーンエンジェル隊の声を担当している5人の声優さんのポスターをCD1枚購入につき1枚プレゼント。綾ちゃんが当たるまで買いまくれ!ってか??
宇宙で恋は☆るるんルーン 1200円(税込)
るるんルーンLantis
早期購入者特典ポスター(どれか1枚がランダムについてくる)


2006年10月20日 (金)

低調なのはアニソンばかりではないようだ

 最近、アニソンの売れ行きがどうもよくない。8月の田村ゆかり姫で皆力尽きたのだろうか。野中藍ぽんはかわいらしい歌声でとてもよかったし、野川さくにゃんの歌もかっこよくておすすめなんだが、懐具合の問題か、もうひと伸びがない。2週目、藍ぽんはなんとか58位と60位に踏みとどまり、2タイトルとも累計4400枚を超えてきたけれども、さくにゃんは残念ながら圏外に去ってしまった。
 来週はAice5(誰だ、Aice5を「アイス・ファイブ」などと読んでいるアホは!)がまた出てくるようだから、それが楽しみといえば楽しみ。

 しかし、オリコンの週間チャートをみてみると、低調なのはアニソンばかりではなかった。音楽界全体が冷え切っているようだ。1位のSMAPはともかく、2位以下の枚数はひどい。17万枚もSMAPにしては不振と言った方がいいかもしれない。10000枚以下でもトップ10に入れる状況は、いくらなんでも悲しすぎ。30位が2342枚というのもたいへんな事態のような気がする。

1位 ありがとう SMAP 170942
2位 三日月 絢香 33318
3位 Only One リュ・シウォン 28947

5位 SOME BOYS!TOUCH 後藤真希 20665

10位 大切な約束/もう1つの約束 川嶋あい 9709

20位 I Say Yeah! PUSHIM,RHYMESTER,HOME MADE 家族,マボロシ,May J. 3494

30位 タリホー ザ・クロマニヨンズ 2342

2006年10月15日 (日)

カレーハウスRUNRUNの続報

 9月25日に秋葉原にオープンしたばかりのカレーハウスRUNRUNだったが、開店から1週間ほどで閉鎖状態なのは先に述べた通りである。10月14日16:05現在、珍しくシャッターが開いていたが、店のドアにはこんな貼り紙が、セロハンテープで貼り付けてあり、風に靡いていた。
Runrun11

 拡大してコントラストを上げてみると、「朝日新聞止める」などと書いてあるのがわかる。「業務課」に何の連絡があるのだろう?「業務課」のものらしき電話番号が書いてあるが、イタズラ電話とかないのだろうか?
Runrun12

 また、今月はじめから、コーンバーにはこんな紙がぶら下げてある。
Runrun2
  誠に勝手ながら
  本日は設備故障のため
  臨時休業とさせていただきます
  申し訳ございません
   ルンルン

と読める。このような掲示が出てからもうだいぶ日にちが経っている。本当に「臨時休業」なんだろうか?「本日は…臨時休業」で新聞を止めたりするだろうか?「福そば」閉店ほどショックではないが、開店にこぎつけるまでにかなりの費用がかかっており、ほとんどすべて借金だろう...心配だ。

【関連記事】
カレーハウス ルンルンの今・・・(10月3日版) by あなチラ!

2006年10月14日 (土)

水樹奈々の新曲、流行りのスラッシュ付きタイトル。

 うをっ!水樹奈々ちゃんぐむの新曲のタイトル、決まってたか。ずっと長いこと『タイトル未定』になっていたから、『タイトル未定』ってタイトルなのかとちらっと思ったりしたんだけれど、さすがにそんなことはなかったな。『Justice to Believe/アオイイロ』ね。最近、スラッシュ(/)付いたタイトルのCDが多いなあ。こういうのを昔は「両A面」と言ったんだけどね。

2006年10月13日 (金)

がんばれ、アニソン!

 10月4日発売のアニソン・声優系CDは、数多くのタイトルが発売されたが、全体的になんとなく不調だった。
 その中で、野中藍ぽんは一人気を吐いていた。10月16日付のオリコン・シングルCDチャートによれば、『トキメキの言葉』が3080枚で30位、『LOVE@MESSENGER』が3053枚で32位と、2タイトル同時発売で2タイトルとも3000枚超となり、まずまずの数字を叩き出した。やはり、2枚同時に購入したファンが多かったようだ。さすがに、堀江由衣や水樹奈々のようにはいかないが、藍ぽんはよく頑張っていると思う。スタチャ軍団に栄光あれ!
 次に来るのが『Valkyrja』(妖精帝国)。2044枚の売上で50位だ。これは「舞-乙HiME乙女舞闘史!!」(ゲーム・PS2)関係。特典もなかったし、この程度でしかたなしか。
 続いて、(テルーの唄は無視して)、『ガンバランスdeダンス』(五條真由美 with フラッピ&チョッピーズ)が1607枚で58位。これは「ふたりはプリキュアSplash Star」のエンディング曲。特典はなくても、視聴率6%台という人気アニメのエンディングだし、2000枚割れは少し寂しい。番組の特性からいって2週目以降も売れ続けるだろうから、それなりに利益が出るのだろうが、もう少し売れてもよかったのではないかと思う。
 次は、野川さくにゃんの『Dual Love on the planet~葉の香~』。1491枚で58位と意外に売れていなくて、兄やんとしてはちょっぴり悲しい。アニメが少し地味な作品なので、その辺が影響したのかもしれない。お渡し会の様子をみると、5000枚売れてもおかしくないくらいだったのに残念。
 その次、ずーっと下の方を見ていくと、ついこの間までポケモンで大活躍していたKAORIの『BLUE BLUE WAVE』が1261枚で74位。これは「A・R・I・A」関係。10月6日発売で販売期間が2日少ないとはいえ、初日の売上がモノをいうのだから、条件はそう変わらない。大した特典がなかったのが救いか。ここから、8月に小生が「惨敗」と表現した菊地美香の1408枚よりもさらに少ない売上数となる。
 さらに下をみていくと、「ギャラクシーエンジェる~ん」関係のキャラクターソングが出てくる。79位に稲村優奈の『ギャラクシーエンジェる~んキャラクターCD Vol.1 アプリコット・桜葉(れっつアプリコット体操)』、1146枚。91位に花村怜美の『ギャラクシーエンジェる~んキャラクターCD Vol.2 アニス・アジート(FIGHT-FIGHTが止まらない)』、1027枚。池袋店を閉店するなど不景気風が吹き荒れるブロッコリー。今回は社運を賭けた作品だが、この敗北はあまりにも痛い。販売単価が1000円と安いこともさらに業績を圧迫しそうだ。やはり、カルーア(テキーラ)・マジョラムに大反転攻勢を期待するしかないのか。「ギャラクシーエンジェる~ん」も「ハルヒ」頼みなのか??
 最後に、『BLEACCH BEAT COLLECTION 2nd SESSION:04』(狩矢神、りりん、蔵人之芭)が977枚で97位。

 ここのところ、1000枚売れなくてもオリコン100位以内に入ってしまうというお寒い状況が続いている。1位が10万枚を超えたのは本当に久しぶりだ。そのため、低空飛行だがロングセラーになる傾向のある演歌が、100位以内にかなり入ってきている。今週も、多岐川舞子の『津軽絶唱』が31位(初)、田川寿美の『雪が降る』が42位(↓26)、松原のぶえの『春待さくら草』が43位(初)、島津悦子の『余呉の雨』が45位(初)、角川博の『情夜灯』が53位(↓44)、森若里子の『恋歌の里』が54位(初)、美川憲一の『長崎みれん』が59位(↑191)、竹川美子の『雪の海峡津軽』が62位(↓51)、清水まり子の『とまり木情話』が66位(初)、大川栄策の『再会』が67位(→67)、冠二郎の『ブラボー酔虎伝』が68位(↓46)、夏川りみの『涙そうそう』が72位(↑82、累計663327枚)、野中彩央里の『郡上恋唄』が78位(↑70)、五木ひろしの『高瀬舟』が82位(↑170)、水森かおりの『熊野古道』が85位(↓64、累計114799枚)、大月みやこの『乱れ雪』が86位(↓72)、成世昌平の『貝殻恋唄』が93位(↓75)、島津亜矢の『お吉』が98位(↓61)、長保有紀の『雪国紅葉』が99位(↑152)、と多数。ゴールドディスクを達成したタイトルには、累計枚数を付しておいた。

2006年10月12日 (木)

放浪する人形

 実はずっと前から気になっているのだが、ヤマギワソフト館の4階で、ユメミヤアリカ1/8フィギュアが何ヶ月もずっと9箱のまま店内を放浪している。場所や積み方こそコロコロ変わっているものの、数はまったく変わらない。箱が少々くたびれ、黄色みがかってきている。他のフィギュアの入荷時や売れた時の売り場スペースの商品再配置作業を考えると、かなり邪魔そうだ。特価3000円というのが高いのか安いのか?それが問題だ。

その他のフィギュア情報はこちらへ。
アキバBlog

2006年10月11日 (水)

野中藍ぽん、ヤッター!

 藍ぽん、やりました。Newシングル「トキメキの言葉」がオリコン・シングルCD週間ランキングの30位に入りました~。た~。売上枚数は3080枚でした。でした~。

トキメキの言葉
トキメキの言葉
ギザカワユス。。

2006年10月10日 (火)

カレーハウスRUNRUN、あっという間に閉鎖?!

 からくちの兄やんとしては、カレーの話は欠かせない。
 カレーハウスRUNRUNは、確かに9月25日にオープンしていたが、先週(10月5日)に行ったらもうクローズしていた。ツブレか?あるいは、耐震強度を偽装していたのか? 開店後何度か店の前を通ったが、客が入っているのを見たことがない。閉鎖したところで、名店「福そば」ほど惜しいと思わないのではあるけれども。

 店は電灯もついていなくてひっそりしていた。また、入口前にこんなものが置いてあって、入れないようになっていた。
Cones

関連サイト
アキバBlog アキバに新しいカレー屋、ビルの確認済証交付者は「イーホームズ」
終わったモノ・始まったモノ

2006年10月 8日 (日)

飯塚雅弓のアルバム、チャートイン!

飯塚雅弓のNewアルバム『110Love』が、オリコンのアルバム週間チャートの100位になった(売上1836枚)。ポケモン・カスミから10年、まだまだ頑張ってる。

2006年10月 5日 (木)

藍ぽんチケット配布終了

 藍ぽんこと野中藍のイベントチケットは、各店で無事配布終了となった。2種類のCDを一緒に買う必要がありハードルが高かったが、難なく即日配布終了となった。

2006年10月 4日 (水)

そういえば今日は野川さくにゃんお渡し会

 ヤマギワソフト前に黒山の人だかりができていたので何かと思えば野川さくらのCDお渡し会に並ぶ人たちだった。そうか、忘れてた。さくにゃんファンは相変わらず熱い人ばかりだな。平日の午後6時受付開始ということもあり、ギャラリーはゆかり姫のポスターお渡し会ほどではなかったものの、大勢来ていた。雨降りじゃなくて何より。
 さくにゃんの服装はというと、めがねをかけて、黒のTシャツの上に、襟にふわふわの毛がついた白いオーバーを引っ掛け、毛布だかマフラーみたいな格子柄のスカートといういでたちだった。まるで女子高生の休日といったような。とても11011歳(2進表記)にはみえない。肖像権の問題で写真を撮るわけにはいかなかったので、写真はない。会場に行けなかった人はこのブログを見て想像力をフルに発揮していただきたい。
 ヤマギワのビニール袋を持って店から出てくる(屋外なので「出てくる」という表現はどうかと思うが)人の嬉しそうな顔、みんないい表情してるよ。たくさんおしゃべりして、握手してもらったんだな。よかったな。おめでとう。車に轢かれないよう気をつけて帰れよ!
 前を通ったS興業の若い衆が何の行列だ?ヤバイヨ!などと叫んでいたけれど、流行遅れの君たちの方がはっきり言ってヤバイヨ。うわっ、S興業のやつら、吉野家に入りやがった。あのまずいアメリカ牛丼を食うつもりだな。悲しいヤツらめ。

そういえば今日は野川さくにゃんお渡し会
おや?ヤマギワソフトの周囲に人がたくさん集まっているぞ!

そういえば今日は野川さくにゃんお渡し会
さくにゃんのお渡し会チケットを持っている幸運な人たち。行儀正しく並んでいる。

そういえば今日は野川さくにゃんお渡し会
ギャラリーも大勢。係員がロープで仕切る。

野中藍ぽんCD発売

 昨日、藍ぽんのNewシングル「LOVE@MESSENGER」と「トキメキの言葉」が発売された。もちろん、正式な発売日は本日であり、イベント参加チケットは本日からの配布である。2曲同時発売で、2曲とも購入しないとイベントに参加できないようになっているため(敷居高いなあ!)、午前中に売り切れということはなかったけれど、かなり売れているみたい(アキバBlogオーナー口調で書いてみますぃた)。

本日、2曲同時リリース(スターチャイルドレコード)

LOVE@MESSENGER
 
LOVE@MESSENGER giza kawayusu !

トキメキの言葉
トキメキの言葉

2006年10月 2日 (月)

しょこたん、テレ東系・日曜朝の顔に

 「しょこたん■ぶろぐ」でおなじみのしょこたんこと中川翔子が、「ポケモンサンデー」(テレビ東京系、毎週日曜朝7:30~8:30)の新レギュラーになり、現在出演中である。役職は、「ポケサンカンパニー」の情報部部長となっている。
 9月末まで出演していたベッキー{ゴルゴ所長(TIM・ゴルゴ松本)の秘書ベッキー}は別の任務に就いて海外にいるという設定だが、しょこたんは明らかにベッキーの後任である。

リンク:ポケモンサンデー

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »