無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

07年03月最終回情報

 毎度おなじみ関東エリアの最終回情報である。今回はメジャーネットワークのアニメに限らせていただいた。お気に入りのアニメが終わっちゃうと泣いているキミ、早く新しい恋を見つけなさいよ。

3月13日(火)
 RED GARDEN

3月14日(水)
 蒼天の拳

3月15日(木)
 すももももも 〜地上最強のヨメ〜

3月25日(日)
 デジモンセイバーズ
 ビーストウォーズ再放送
 牙
 メルヘブン
 金色のコルダ
 まなびストレート!
 マスターオブエピック〜the animation age〜

3月26日(月)
 妖逆門
 ときめきメモリアル Only Love
 ケロロ軍曹再放送

3月27日(火)
 砂沙美・魔法少女クラブ
 NARUTO再放送
 ゴーストハント
 ヤマトナデシコ七変化

3月28日(水)
 NANA-ナナ-
 ねぎま!?
 武装錬金
 スーパーロボット対戦OGディバイン・ウォーズ

3月29日(木)
 ひだまりスケッチ
 ヴィーナス・ヴァーサス・ヴァイアラス
 リトル・アインシュタイン

3月31日(土)
 おとぎ銃士赤ずきゅん
 ふしぎ星のふたご姫Gyu!

RUNRUN跡地にインド&パキスタン料理屋が開店

 カレーハウスRUNRUNといったらからくち兄目ブログ、からくち兄目ブログといったらカレーハウスRUNRUNというくらいの間柄でもないけどな、RUNRUNのことはいつも気にかけてんで。
 そのカレーハウスRUNRUNの跡地に、待望の後釜が入居することになった。どれくらい待ち望んだかというと、「マシュマロ通信」のハウステンボスCMで、サンディが「ついに、ついに、......」と言っていたのと同じくらい待ち遠しかった。福圓美里もびっくりってやつやな。
 店の名前はインド&パキスタン料理シディークというそうだ。シムーンじゃなくてよかった。写真を撮ったので、後で見せて進ぜよう。3月オープンで現在オープニングスタッフ募集中だが、くれぐれもインド人とパキスタン人を同時に雇うことのないようにお願いしたい。

 うまたせっ!おかみさん、写真ですよ。銭湯松屋の旦那さんは船越栄一郎の親父でんがな。

Runrun0_1
ほほう!

Runrun1_1
へえ、3月オープンか。

Nakagawaya
みなさんに悲しいお知らせがあります。みなさんいうても、星飛雄馬の彼女やあれへんで。「ラジコン天国」地下の中川屋カレーうどんが閉店しとりました。希望としては「ラジコン地獄」をつくってほしいとちぼうします。

【似たような記事】
秋葉原マップさん → 名前は似てるけどな、Softmapさんやあらへんで。

愛ヤイ、愛ヤイ、おさるさんだよ、モンキッキー

 秋葉原のあるある店で、時東ぁみ『愛ヤイ 愛ヤイ!』の新品が特別価格580円で売られていた。定価1680円だから、すごい値引きだ。まだ発売したばっかしだから、再販期限までだいぶ時間があるはずなんだが。そんなに絶望的に売れなかったんか?

卒業式いややな

 明日から3月な。めっちゃ早いな。
 この季節は日本人がアホ丸出しやねん。卒業シーズンっつうことで、今年もまたあっちこっちの学校で、おっさんら、ええ加減にせいや、臭うてかなわんわ言いとうなる怪しい儀式が執り行われんねんで。日の丸がどうだとか君が代がどうだとかいう以前に、こんなアホらし式典は今すぐやめてほしいわ。ジジイらの趣味で荘厳そうに見せかけた演出がどんなに子ども達を苦しめてきたと思っとるんや。おまけに練習までやりよる。何時間も体育館の床に体育座りで座らせられたり、直立不動の姿勢をとらされたりして、みんな骨格が歪んでしもた。とくに「休め」っつう片足だけ前に出す姿勢な、あれやってると腰痛が持病になるで。反対側の膝関節も痛めるしな。こないな体でオリンピックの金メダルとれるか!
 こないなわけのわからん儀式をまじめくさってやってるのは、いわゆる「社会主義」国くらいのもんですわ。そもそも、「卒業証書授与式」って何でんのん?ずっと長いこと生きてきて、卒業証書が何かの証明になったこと一度もないなあ。小学校の卒業証書を持って小学校を卒業したのでおたくの中学校に入れてくださいなんてことせえへんやろ?卒業証書なんか、何の役にも立ちひんタンスの肥やしや。そんなもんのために毎年毎年大騒ぎして教員が処分されたり、憲法がどうだとか議論したりするのか?アホらしすぎるで。世界の笑い者や。
 あー、しんど。アルシンド。

キョンの妹の兄(要するにキョン)、大勝利!

 今週も、オリコン週間チャートの季節である。
 全世界が大注目のハルヒ・キャラソンは、キョン(杉田智和)が、14642枚で10位だった妹を順位、売上数とも上回り、14883枚、9位の好成績であった。もうこうなると「お兄ちゃん」と呼ばないわけにはいかないだろう。今度また「キョン」なんて呼び捨てにしたらおしおきよ。また、古泉一樹(小野大輔)も1.3万枚、11位とまずまずの成果をあげた。男性声優でもやればできるところを見せつけてやったということだ。

 他の注目アニソンもざざざーっとみてみよよう。
 GARNET CROWの『風とRAINBOW/この手を伸ばせば』が2万枚弱で6位に入った。これはおそらく「メルヘブン」最後の主題歌であろう。しかし「メルΩ」は「メル」以上につまらんな。「オメガ」はアニメ化するのかなな??
 それから、19位に「テニスの王子様OVA全国大会篇」主題歌『不条理』(氷帝エタニティ)が0.95万枚で入ってきた。
 あとは、「のだめ」の歌もあったが、何位だったか忘れた。

 ゲーム関係では「ひぐらしのなく頃に祭」のOP『嘆きノ森』(彩音)が30位に。

 小生が個人的に注目している曲は、リア・ディゾンの『Softly』が2週目も1万枚余りの売上で18位、モーニング娘。の『笑顔YESヌード』が7000枚弱で22位となった。

 余談だが、TBS系「きらきら研修医」とNTV系「ハケンの品格」の主題歌対決は、「きらきら研修医」が1万4500余りの大差をつけて勝利した。AVEXの策略かもわからんけどな。

2007年2月27日 (火)

月様のファーストアルバムが出た

 月様のファーストアルバム『★★★』(三つ星)が、ついに発売された。「きらりん☆レボリューション」で流れたオープニングの『バラライカ』『恋☆カナ』をはじめ、エンディング、挿入歌も入って計10曲、こんなに歌っていたのかとクラリオンガール佐野未来も超みっくりだ。
 限定版は3000円で特典として「ハッピー★アイドルライフ クルキラカード」が封入されている。また、通常版は2800円で初回封入特典に「久住小春16Pフォトブック」がついている。
 声優としても急速に腕を上げた月様には、もっともーっと偉大になって欲しいと思う今日この頃である。雲井マネージャーの言う通り、ファンは大切にね。

2007年2月25日 (日)

今週のポケサン

 今週も「ポケモンサンデー」がはじまった。げっ、ロバート、うらやましいぞ。しょこたんが口にシュークリームを入れくれるとは、芥子がたっぷり入っていたって幸せだ。

2007年2月24日 (土)

サイヤ人月島きらり

 2月16日放送の「きらりん☆レボリューション」をみていて思った。きらりちゃんが動物たちと会話ができるのも、猫を大事にしているのも、おばあちゃんの影響ではないかと。
 おばあちゃんの家はやたらと広い。とりわけ、風呂は、そこが集団生活の場であったかのように大きい。なにしろ、象2頭とライオン、シマウマ、クマ、サルが一斉に入浴できるのだ。それらの動物達の寝床は1部屋で済み、布団も仰山あった。
 小生が思うに、おばあちゃんの家は、昔は柔道の道場だったに違いない。そう、おばあちゃんの正体は風大左ヱ門だったのだ。大左ヱ門は実は女だった。そういえば、いつもはいていたのは一見袴のようだが、実は袴ではなくチョゴリ(韓国のスカート)であった。女だったため、結局、幼なじみのハナちゃんとも、師匠の娘であるキクちゃんとも結婚せず、いつもおじさんと呼んでいた師匠の後妻になったのだろう。
 第1話できらりちゃんが高所から落ちても無事だったのは、おばあちゃんから受け継いだキャット空中三回転があったればこそである。

…18歳

 NHKドラマ「ハゲタカ」の今度の獲物は玩具会社という設定。しかし経営者が冨士眞奈美なのでスミレ・トラベルっていう旅行会社に見えてしまう。最低最悪社員にぎやかはどうなった?

2007年2月23日 (金)

消える月刊漫画雑誌

 月刊少年ジャンプが休刊なるらしで。月刊少年マガジンは果〜たして大丈夫なのかぁ。
 まあ、講談社は大きいからな。敗訴のリスクを覚悟して日本相撲協会と争えるくらい大きいからな。

バラライカ、7万枚に王手!

 オリコン週間チャートは、今回も月様が大活躍である。月様の2ndシングル『バラライカ』が、今週も82位にチャートインして、ついに、ついに、累計7万枚まであと1003枚に迫った。よし、もう一息だ。みんな、いくよっ。流し目っ!

 キティ姉さんも好調を維持し、『A Happy Life/Lucky&Happy』3500枚余りの売り上げで37位、累計1.44万枚となった。

 アルバムでは新谷良子の裏ベスト『The Great Bambi Pop Swindle』が2569枚で71位、ちょっと不調かな。

 そのほか、先週不調が伝えられた時東ぁみの『愛ヤイ愛ヤイ!』は1週で消えた。

 紅頭巾の天童よしみ先生『なんで泣く』は相変わらず売れている。ちなみに、紅頭巾は田村ゆかりん姫の赤ずきんとは何の関係もない。

2007年2月22日 (木)

今度はキョンの妹の兄だ...結局キョンだ。

 「ハルヒ」ブームはいつまで続くのかぁぁぁぁ。今度はキョンの妹の兄ががきたぁぁぁぁ。キョンの妹の兄だから、結局はキョンだぁぁぁぁl。
 オリコンの初日が出て、杉田智和『涼宮ハルヒの憂鬱キャラクターソングVol.9 キョン』が11位、小野大輔『涼宮ハルヒの憂鬱キャラクターソングvol.9 古泉一樹』が12位となった。
 もし、週間チャートでトップ10入りしたら、妹は兄のことを「お兄ちゃん」と呼んでくれるようになるかもしれないねえ。

東京マラソンで大揺れしたアニメ視聴率

 ビデオリサーチ社の発表によると、2月18日に、「おねがいマイメロディ・くるくるシャッフル」が5.4%で関東地区・週間世帯視聴率のアニメ部門で第10位になった。東京マラソン中継のため「ワンピース」の放送が休止になり、その結果として普段「ワンピース」をみているアニメ好きが「マイメロディ」にシフトしたのだろう。しかし、東京マラソンと重ならなかった「YESプリキュア5」が5.4%とやや低かったのが気になる。

 また、2月11日、12日の2夜にわたってくり広げられた上戸彩vs木村拓哉の勝敗は、木村拓哉の圧勝であった。というより、テレビ東京vsTBSのたたかいになり、TBSの圧勝であった。2月11日はTBS55周年記念番組「華麗なる一族」が21.2%でドラマ部門週間第1位、12日は和田アキ子芸能生活40周年記念番組「和田アキ子殺人事件」が18.5%で週間第5位であった。一方、上戸彩の「李香蘭」は、初日の満州編が9.1%、2日目の上海編が8.5%と低調で、両日ともドラマ部門トップ10に入らなかった。

2007年2月21日 (水)

最後のチャイムが、校庭に響くとき

 今週もまたオリコン2月26日付のCDランキングが発表された。今日はいつもと違ったタッチで、注目曲の紹介と簡単なコメントをつけてみた。詳しくは、23日発売のoricon styleを買って!みてみて。

【シングル】
4位 笑顔YESヌード モーニング娘。
 40884枚。大ヒットであるが、吉澤リーダーは弟の死というつらかった出来事をほほえみに変えるのはさすがに無理だろう。それから、「はじめてをたくさんくれた先生、ありがとう」という歌詞が....。
7位 Softly リア・ディゾン
 20058枚。アメリカからやってきた20歳の女の子が日本語で歌っただけでも立派なのに、めちゃくちゃ上手かった。
15位 ストロベリmelody しょこたん
 10023枚。キッズたちがお年玉を月様の『バラライカ』に使ってしまった後だけに、期待したほど伸びなかったが、1万枚を超えたから成功したといえる。聴いていてとても気分がいいので、ロングセラーを期待したい。

【アルバム】
8位 Love Aice5 aice5
 18061枚。PUFFYに165枚差で勝つ。さすがクィーンほちゃ軍団。
16位 THE MUSEUM 水樹奈々
 10019枚。2週目も1万枚突破とはすごい。累計5万枚を軽く突破。

2007年2月19日 (月)

ご主人様の携帯屋が閉店していた

 知る人ぞ知る萌え系携帯ショップ「ご主人様の携帯屋 魔法のティールーム CANDY FRUIT」が2月10日をもって閉店していたことが、今日、店の前を通りかかってわかった。昨年の11月24日に開店してからたった2ヶ月半しかもたなかったのである。場所が電気街からはずれていてわかりにくいということもあるが、やはり「萌え」だけでは客を呼べない時代になっているのだ。
 小生が日頃書いているように、“萌え市場”は重大な転機を迎えている。「萌え」に代わる新しいトレンドに切り替えていかないと、これからはやっていけないだろう。

 開店した頃はこんな前向きな報道もみられたのだが....。

   インプレスダイレクト
   ご主人様の携帯屋、アキバにメイドの携帯ショップ開店

2007年2月18日 (日)

国の自殺対策は絵にかいた餅

 自殺という悼ましい事件が報道されるたびに、悲しい気持ちになる。
 自治体の自殺対策が進んでいないとニャースになった。理由は人材不足と財政難だとの説明だ。だが、連日各地で自治体職員が自殺している現状では、予算を増やして人を集めても、効果は稀薄であろう。カウンセリングをした職員もつられて一緒に自殺なんてことになりかねない。

天声慎吾

 秋葉原がこんなのばっかりだと思われたら困るなあ。「あるある大事典」と同じくらい大げさだよ。

YESプリキュア5

 今日のプリキュア5は話がいまいちだと思ったら、脚本が成田良美じゃなかったんですの〜。脚本家によってずいぶん差があるものですのね。

 ミントさんがかかずゆみじゃありませんわ、おねえさま。(紅茶をズズズ…)

2007年2月17日 (土)

福祉大相撲2007

 福祉大相撲の歌のコーナーが始まった。昔は、力士の相手をするのは、演歌歌手ばかりだったが、時代が変わったんだな。いきなりBerryz工房が出てきたもんな。その後は天童よしみ先生、藤あや子、石原詢子、坂本冬美と演歌歌手が続いたのではあるが。
 『胸さわぎスカーレット』を熱唱。あれれぇ?今日のBerryz工房、口パクじゃないぞぉ。(とコナソ君風に)

 小生は、大相撲に八百長はあり得ないと考える。巨体と巨体がぶつかり合うのだ。真剣勝負をしなかったら、危険きわまりない。怪我どころでは済まないだろう。大事故になって、かなりの確率で死ぬ。そんな危険を冒して八百長などするはずがない。しかも、負け役だったはずの奴が急に裏切ることだってあり得るのだ。八百長契約不履行で訴訟でもできれば八百長をやってみようって奴も出てくるかもしれないが、そんなことができるわけがない。
 それから、評論家やマスコミの諸君には、日本相撲協会や横綱に説明責任があるかのように言うのをやめてもらいたい。講談社側に立証責任があるに決まっているじゃないか。客観的な証拠が出てきていないのだから、協会にも、横綱にも、説明責任は一切ないのだ。

2007年2月16日 (金)

バオウザケルガ来訪者

 劇場版「ジョジョの奇妙な冒険」が封切られる。宣伝をみたかぎりでは、ジョナサンはキャラ変わってるような感じがする。なんか、ジョセフ化してるっていうか、もっと極端に言うとケンシロウ化してるよ。
 原作者の荒木飛呂彦が「20年も経っているから、自分の作品って気がしなくなっちゃって」と言っていたが、しかたがないだろう。この映画、どちらかというと武論尊的なんじゃないかと小生も考えている。

 ジョジョといえば、派手な擬音が特徴的だが、このへんはちゃんとケアできているのだろうか。(太陽ケアちゃうで!)
 ジョジョだったら、コォォォォォォ…、吸血鬼だったら、ウリィィィィィィ…ってやつな。「味楽るミミカ」の感じでいちいち画面に文字が出てきてくれるとギザウレシス。

 あと、忘れたらいかんのが、最後に出てくる「うつくしすぎます」っていうセリフな。これ、マイコンベーシックマガジンっつう雑誌の投稿でめっちゃ流行ってん。編集部からジョジョネタ禁止令が出て、それでも大量のジョジョネタが投稿されてな、毎月、編集部のコメントは「だからジョジョネタは禁止だってば」だったな…草原の人くらい懐かしな。

今週も良いものいっぱい。みなのもの、買うのじゃ!

 aice5、しょこたん部長、リア・ディゾンの2日目の結果が出た。

 しょこたん部長、リア・ディゾンが登場するシングルでは、リア・ディゾンの『Softly』が7位を維持し、しょこたん部長の『ストロベリmelody』は1ランク落としたものの12位の好成績である。しょこたんはキッズ票で土・日に浮上できるかどうかが今後のカギとなる。問題はキッズたちのお年玉がいくら残っているかだ。

 アルバムでは、Aice5の『Love Aice5』が1ランクダウンの9位であった。アニメ専門店などの売り上げが加算されるので、週間10位以内はこれで確定だろう。

 商用サイトではないので、小生は何処何処で買いなさいとは言わない。各人が気に入っているお店屋さんで買ってちょーだい。

ウッ、ハッ、バラライカ、イェイ

 週末ということで、今週もアニソンの仕上げせんといかんな。

 まずはキティ姉さん大活躍のシングルから。
 先週書いたように、小生は、月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)を月様と呼ばせていただくことにしたので、今週も月様と表記するからよろしく。流し目っ!
 その月様の2ndシングル『バラライカ』は今週もオリコン・シングルチャートのトップ100入りした。そして、累計7万枚までわずか2270枚に迫った。この数週間ずっと1300枚前後の安定した売上をみせているから、2週後には達成か、という勢いである。まさかこんなに売れ続けるとは、ウクライナ人もびっくらこいただ。ここまできたら、ぜひとも7万枚を達成してもらいたい。
 大日本住友製薬のCMでも最後に「恋☆カナ」と言っているくらい、月様ブームかきている。

 そういえば、時東ぁみも新曲出してたな。『愛ヤイ愛ヤイ!』ってやつ。お、あった。なんだって!ええーっ、ウッソー!ひぇぇ〜!なになに、2252枚で54位だってえ?一体全体どうしたんだい六波羅探題?前回は4800枚売れたじゃないか。なんで?

 なんでといえば、紅頭巾でおなじみ、天童よしみ先生の『なんで泣く』は50位、累計2万枚を超えた。やはり天童よしみ先生ともなると、紅頭巾(くれないずきん)などという意味不明のキャラクターより、長年培ってきた芸名で勝負すべきであると小生は思う。
 また、なんで活動休止?と騒動になった夏川りみ『フルサト』は53位だった。なんで活動休止かって、いろいろ言われているが、夏川りみの場合、『涙そうそう』が売れすぎたのかもわからんな。昔、太田裕美がどこへ行っても『木綿のハンカチーフ』歌ってくれと言われてブルーになってしまったが、それと同じことが起きているような気がする、これはまったくの私見だが。

 それで、話をアニソンに戻すと、植田佳奈『Fate/stay night キャラクターイメージソングⅡ:遠坂凛』が累計約8500枚、阿澄佳奈・水橋かおり・新谷良子・ゴトゥーザ邑子の『スケッチスイッチ』が累計約7300枚とした。頑張ってるけど、もう少し売れてもいいと思うよ。「ひまわりっ!」の『ソラ色のつばさ/きらきら』については敢えて何も言うまい。
 皆が気になって気になって頭を掻きむしるあまり日本国民1億総血だらけになっていると言われるキョンの妹は、1.8万枚を大きく超えてきた。2万枚突破は時間の問題であろう。何度も言うが、声優のあおきさやかは芸人の青木さやかとは別人である。忘れちゃおしおきよ。

 水樹奈々の5位、4万枚に沸いたアルバムは、「ネギま!?」が2つ登場している。アニソンとは関係ないが、昨年の秋(夏?)からずっと登場してきたビヨンセがやっとトップ100から消えた。

暴走自転車は都会に多い

 「暴走自転車」が社会問題になっている。いろいろ調査してみると、田舎の人は自転車の暴走行為でヒヤリとさせられた経験があまりないようだ。都会では日常茶飯事なんだが。

 田舎の人は自転車に乗るのが巧いのだそうだ。速度調整を2km/hから20km/hまで自在にこなす。だから、「暴走自転車」はありえない。

 ところが、大阪、名古屋、東京のような大都市の人間は、全然ダメダメだ。まず危険に直面しても、ブレーキをかけられない。停まって足をつけば済むのに、そういう発想が微塵もない。とにかく前に進むことしか考えていなくて、人と人の間の狭いところを縫うようにして進んで行く。しかも低速で走る気持ちもテクニックもないから、危ない。また、自分の都合しか頭にないため、あらかじめ心に決めておいた方向に歩行者がいると、対処不能になる。停まるという選択肢があれば安全性がかなり高まるのだが、都会の人間にはそれがない。自転車にかけては、田舎の人が当然のようにしていることが、都会の人間にはまったくできていないということだ。

 この差はどこからきているのだろうか。田舎では、中学、高校への通学に自転車を使うことが多い。若い頃から、しかも時間に追われる社会人の生活をするはるか以前から、自転車に乗り慣れている。都会では電車、バスなどの公共交通機関が発達しているため、若い頃は自転車に乗る機会がかなり少ない。だから、都会の人間は、危機に直面したときにとっさの判断ができないのである。

2007年2月15日 (木)

誰がやっても同じかあ

 東国原宮崎県知事の議会演説が大々的に報道された。結局、どこの首長でもするような、まったく型通りの内容だった。これでは、誰がなっても代わり映えがしないと言われてもしかたがない。
 職員を減らします、人件費を下げます、なんてことは誰でも言う。特に、職員削減については、これから毎年3月に大量退職があって、放っておいてもどんどん減る一方なんだから、これを実現できない人は誰もいないだろう。給料を下げるのも、反対するのはせいぜい職員とその家族だから、簡単だ。
 「方言を交えた」だけであんなにべた褒めとは、我が国の“言論機関”も情けないなあ。

渡る世間は…

 今日も「渡る世間は鬼ばかり」をみた。うーん、哀しい話だ。
 はるかちゃん、ゆうきくんが好きなら我慢しな。パパがゆうきくんのママと結婚しちゃったら、ゆうきくんと結婚できなくなっちゃうぞ。

石坂浩二「残酷にも再婚を画策する良とあかりなのでした。」

しょこたんCD、これは買いだ

 「しょこたんがCDだってぇぇぇ?どうせ大したコトないんじゃないの?」なんて思ったら大間違いよ。しょこたんの歌、聴いてて気持ちいいよ、本当に。平和のありがたさをしみじみと感じますわ。戦争なんかしとったら、こういう曲聴かしてもらえんもんな。
 これはCD買うしかないでしょ。曲だけダウンロードしてもいいけどな。どっちにしても、ちゃんと代金払いなさいよ。

行楽のお伴はやっぱりこれ

 もうすぐお花見シーズン。晴れた日は家の中でゴロゴロしていないで、こんなごきげんなグッズを持ってお出かけしよう。実際に売っているかどうかは知らんけどな。

  1.ごきゅごきゅ飲めるホットティー、
   堀江由衣のほちゃ
  2.おむすび、お弁当においしいふりかけ、
   田村ゆかりのゆかり
  3.もはやおやつではなく国民的主食、
   水樹奈々のバナナ

 ブロッコリーさん、お願いしますわ。

初日はリア7位、しょこ11位、Aice8位

 オリコンから、2月14日に発売されたCDの初日(2月13日付)ランキングが発表された。

 シングルでは、リア・ディゾンの『Softly』が7位、しょこたん部長の3タイアップ企画『ストロベリmelody』が11位につけた。なかなかいい感じである。しょこたんは「ポケモンサンデー」をみているキッズ票がもう少しほしいところだが、お年玉は『バラライカ』を買うのに使ってしまった可能性が高いため、少々苦戦か。

 アルバムでは、Aice5『Love Aice5が8位につけた。Aice5なので、週間チャートでは5位になってほしいと思う今日この頃である。

2007年2月14日 (水)

水樹奈々圧勝、TRFを上回る!

 水樹奈々ベストアルバム『THE MUSEUM』が、オリコン・アルバム週間チャート(2月19日付)で見事5に入った。売上は40686枚で、なんと、TRFの15周年企画『TRF 15th Anniversary BEST -MEMORIES-』を3200枚ほど上回る快挙であった。(パチパチパチパチ)

 こうなると、われらがキティ姉さん(林原めぐみ)も負けてはいられない。というわけでございまして、『A Happy Life/Lucky&Happy』は、シングル週間チャートで12位、売上は10875枚だった。順位は予想通り『Meet again』と同じだったっちゅうわけだな。

 そして、今日は
aice5の1stアルバム『Love Aice5新谷良子の裏ベストアルバム『The Great Bambi Pop Swindle』が発売された。まだまだ目が離せない2月のアニソン界なのであーる。

Love Aice5 Music Love Aice5

アーティスト:Aice5
販売元:キングレコード
発売日:2007/02/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

音感が育つ国アメリカ

 リア・ディゾンめっちゃ歌うまいやん。さすがアメリカ人やな。日本人とは育ちが違う。どうするゥ、倖田來未。

リア・ディゾン

 「スカJ」にリア・ディゾンがゲスト登場中である。今度2月14日にCDデビューしますと告知したが、CDは昨日、既に店頭に並んでいた。エロかっこいいうえにめっちゃかわいいので倖田來未を脅かす存在かもしれない。日本人がみてもかわいいと思えるアメリカ人なんて珍しな。

2007年2月13日 (火)

水樹奈々、アルバムトップ10入り確実!

 さて、日本全国、安眠できないほどたいへん気になる水樹奈々のベストアルバム『THE MUSEUM』のオリコン・デイリーチャートだが、今回も絶好調である。ここまでくれば週間チャート10位以内は確実である。デイリーには反映されないアニメ専門店の売上が上乗せされて何位になるか、明日の発表が楽しみだ。

『THE MUSEUM』デイリーの推移
 2月 6日(火) 4位 初
 2月 7日(水) 7位 ↓
 2月 8日(木) 8位 ↓
 2月 9日(金) 9位 ↓
 2月10日(土) 8位 ↑
 2月11日(日)12位 ↓

 こちらも気になるキティ姉さんのNewシングル『A Happy Life/Lucky&Happy』も好位置につけている。週間チャートでは10位以内は難しいかもしれないが、前回の『Meet again』並み(12位、1.4万枚)にはなりそうである。

『A Happy Life/Lucky&Happy』デイリーの推移
 2月 6日(火)16位 初
 2月 7日(水)13位 ↑
 2月 8日(木) -位 ↓
 2月 9日(金)20位 ↑
 2月10日(土)19位 ↑
 2月11日(日) -位 ↓

結局どこ行きなん?

 このごろ、駅のアナウンスがわかりにくい。「普通国府津行きです」と言われても、行先があやふやである。普段は国府津行きだと言っているだけなので、今日はどこに行くかが確定していない。今日に限って特別に行先が変更になっているかもしれないのに、はっきり言ってくれないから心配である。
 それとも、JRも、その日その日の運行状況を全く把握していないということだろうか。凧の切れた糸のように風まかせだったらロケット団の決まり文句のように嫌な感じだ。
 あるいは、病院で手術をするときのインフォームド・コンセントのように、想定しうる最悪の事態を盛り込んだ表現になっているのかもしれない。ほとんどそういうことはないのだが、事故や故障により途中で運休になるかもしれないとか、久里浜に行ってしまうおそれもないわけではないので、その辺は覚悟しておいてほしいとか、そんな意味を含んだ表現と思わんとやってられん。

2007年2月12日 (月)

ワールドビジネスサテライトォーッ

 げげーっ、小谷真生子はダーウィンを知らないのかよ。進化論に否定的なキリスト教徒あるいはユダヤ教徒とおぼしき外国人コメンテーターに言われてピンときていなかった。あんまりでござるよニンニン。
(2月12月放送、公務員試験申込者激減について)

昔の歌手の歌唱力を考えたら丁度……

 2夜にわたってキムタクと視聴率を競い合った元z-1上戸彩の歌唱力。あぅ。

お金持ちだし

 コナソ君にかないみかがゲスト出演。やはりめっちゃ巧〜い。得意料理はこくまろカレーか?

ウエンツ瑛士の後輩達

 「天才テレビくんMAX」をみていたら、寸劇のコーナーで、女の子が男の子に向かって、「まさか変なとこいじってんじゃないでしょうね」言っていた。大人の感性からするとなんともエロい台詞だ。
 もちろん、んこを意図したものではなく、機械装置の話だったのだが、大人はいやらしいから、ついついシモのことを考えてしまう。

 しかしまあ、ポケサンと大して変わらんな。しょこたんやさくらパパは確かにいないが、ロバートはそこにいるような気がしてしまう。「ラジャー」と言っているような幻覚が…。あるいは、山本博が見知らぬおじさんにすりかわっているような…。

マグカップに湯を注がなくてもリルムでポン!

 今日は「味楽るミミカ」をみるために急いで家に帰った。間に合った。ハァハァ。(=Д=)

 なるほど、噂通りのすばらしい出来だ。萌絵もなかなかのもの。でもでもでもぉ、ミミカの喋り方、リルムちゃんと少しも変わらないのね。(⌒○⌒)

2007年2月10日 (土)

平成ウルトラマンも平成仮面ライダーもひどい

 ウルトラマンや仮面ライダーの制作スタッフ、何もわかってへんな。少子化で経費削減を迫られている事情はわかるが、話の展開が事務的すぎてひどくつまらん。
 ウルトラマンは基本的にはピンチにならんからウルトラマンなのに、最近のウルトラマンは毎回毎回ピンチの連続だ。命をかけてたたかうようなのはウルトラマンじゃないぞ。ウルトラマンは怪獣退治のプロフェッショナルなんだから、退治のし方もスマートでないといかん。初代ウルトラマンはそのへんが徹底していて本当に格好良かった。ウルトラマンが出てきたら事態は解決に向かうのが基本で、ウルトラマンが現れるまでがドラマ作りの勝負どころと心得なければだめだ。
 平成仮面ライダーもだめだこりゃだ。変身前のたたかいがまるでなってない。しかも最近のライダー達は頭が悪すぎる。何も考えずにただたたかってしまう。現実離れなほどごく短時間のうちによく考えてきちんと作戦を練って行動する、常に相手の出方を先読みしそれがズバリ的中する用意周到なヒーローこそ仮面ライダーといえるのだ。また、基本はバイクアクションでなければならない。誠意ややる気を見せればいいと思っている仮面ライダーなどいらない。

2007年2月 9日 (金)

決戦、上戸彩vs木村拓哉

 「まなびストレート」の放送時間変更は、李香蘭(山口淑子)のドラマのせいなのね。山口淑子というと、昭和の大スターというよりも、国会議員のイメージなんだが。
 テレビ東京が社運をかける「李香蘭」は2夜連続の放送なんだが、初回はキムタクの「華麗なる一族」と競合する。さらに、2夜目は「和田アキ子殺人事件」と競合してしまう。その時間帯は「東京タワー」と「SMAP×SMAP」もある。どれほどの視聴率を叩き出せるかは、キムタクとのたたかいがポイントになるだろう。

Kitty姉さん頑張る

 キティ姉さんこと林原めぐみの『A Happy Life/Lucky&Happy』が、オリコン・デイリーチャートで初日16位、2日目13位と大健闘している。

 クイーンほちゃでおなじみの「まなびストレート」の主題歌であるが、売れているのはキティ姉さん自身の人気のためだろう。

 いけいけー、ってなもんですよ。

今週のoricon style

 今週のoricon styleの裏表紙をめくると、水樹奈々の広告がでている。これはファンなら見逃せない。

 というわけで、今週もアニソンが熱いのであーる。植田佳奈が期待したほど売れなくて少し落ち込んでいたのは先日書いたとおりで、それなら、どうして「というわけで」なのか、どうして「熱い」と言えるのか、ということについては深く詮索してほしくないのであーる。何も考えずにただノリでそう言っているだけなんだから。

 まずは何といってもこれである。月様こと月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)の『バラライカ』がまだ売れ続けている。先週こそ惜しくもオリコン・ヒットチャート100位入りを逃した(101位)が、今週は77位に浮上している。発売して16週でまだこの数字が出るというのがなんといってもすごい。累計の売上は『冒険でしょでしょ?』を引き離し、66420枚になった。こうなると7万枚という期待も膨らんでくる。やはり、この中学2年生娘。はただ者ではなかった。つんく♂が久住家に押しかけてまで欲しがった意味が小生にはよくわかる。いまや小春ちゃんなどと気安く呼んではいられないくらいの超大物である。ぜひ、月様と呼ばせてください。流し目っ!

 そして皆が気になっているのは、キョンの妹喜緑江美里の2週目であろう。ご安心召され、ちゃーんと売れてまんがな。しかも、ふたりっ子三倉茉奈佳奈の『二月のわた雪』の1週目よりも上をいっている。36歳と38歳にして累計17260と16526はご立派なんと違う?あとはその、なんちゅうか、茉奈佳奈ちゃんには大阪らしい歌を歌ってほしかったよなあ。

 他に気になるものを少し挙げておこう。茅原実里んの『純白サンクチュアリィ』、阿澄佳奈・水橋かおり・新谷良子・ゴトゥーザ邑子の『スケッチスイッチ』、星司くんじゃなくて保志総一郎 as KANE BLUELIVERの『Starting Again』が累計5000枚台にのせた。水橋かおりは水森かおりと紛らわしいが、水森かおりは『熊野古道』が14万枚の大ヒットを記録している若手(そんなに若くはないが演歌の世界では若手の部類だ)演歌歌手なので間違えないように。また、テニプリモノは相変わらず強く、忍足侑士『A気持ち』が累計約8600枚となった。

わたし、アイ。あいうえおのアイ。

 はぁ、「すもももももも」相変わらずつまらんなあ。よく年越しできたなあ。しばらくテレビみていたら、TRF15周年記念アルバムのCMにテリー伊藤。健全とは言えんな。

 あ、そうだ。次の「まなびストレート」は放送時間が変更になるようだから、気を付けないといかんな。みんな、録画ミスして骨なんか送りつけるなよ。今の若いこ達はほんっとにキレやすいんだから、もう。

2007年2月 8日 (木)

渡る世間は鬼バカ日誌

 今週も暇にまかせて、『渡る世間は鬼ばかり』の話である。

石坂浩二「はるかちゃんのパパとゆうきくんのママが結婚しちゃったら、将来、はるかちゃんとゆうきくんが結婚できなくなっちゃうじゃないか!好きな者同士が親の都合で結婚できなくなるのはあまりにも残酷だから、弥生はあかりとあさださんの交際に激しく反対しているのに、それが理解できない良なのでした。」
 はるかちゃんとゆうきくん、好き合っているんだから、兄弟にしちゃまずいよな。

 あさださんって、うさださんに似ているよな、と言ったら、後ろから目からビームが飛んできそうだ。

 あっ、『きらきら研修医』はじまった。今日の芸能ニュースで、小西真奈美が髪をばっさり切って研修医役に挑戦としていたが…それじゃあ、『ちゅらさん』とおんなじじゃん!コミカルドラマってところもな。

ニュースが一番悪い

 杉村太蔵が支部長に落選したくらいでニュースになるのか。もっと深刻な問題が山積みだろうが。

 ただし、山積みになっているのは、改革ではない。むしろ逆で、改革など基本的にはすべきではない。改革待ったなし、どんどん進めろと言っている奴に限って改革についての知識が全然ない。学校の歴史教育で江戸時代の享保改革や寛政改革について良いイメージを植え付けられているため、感覚的に善いことだと思わされているだけなのに、皆改革しろの大合唱だ。はっきり言って恐ろしい事態だ。マスコミに煽られた怒りにまかせて、なんとしても改革を実現してほしいと願ってしまうバカ国民でこの国は溢れかえっている。今回の改革ファシズムは、ユダヤ人が公務員に置き換えられ、民間(の経営者)がアーリア人のような扱いを受けているだけで、ナチズムとまったく同じだ。しかも、ユダヤ人が人種でないにもかかわらず人種であるかのように扱われたのと同じように、公務員も人種であろうはずがないのに「そういう人種」として認識されてしまっている。

2007年2月 7日 (水)

植田佳奈、あれっ??

 今週のオリコン・シングルCDチャートは、AKB48『制服が邪魔をする』が約1.7万枚で7位、植田佳奈『Fate/stay night キャラクターイメージソングⅡ:逢坂凜』が6千枚余りで14位だった。植田佳奈はもう少し売れていると思ったのだが、枚数の少なさに少ししょんぼり。

我らは頼りない捜索隊

 そういえば、岡本麻弥はまだ声優やっているのかなあ。調べてみるか。昔、舞台の方に行ったという噂を聞いたが、それっきり行方不明だな。

 「メイプルタウン物語」のパティ役とか、「宇宙船サジタリウス」のアン教授役とか、なんか味があってよかったな。

2007年2月 6日 (火)

通勤列車でいっちゃん迷惑な行為

 通勤電車での迷惑行為のなかで最も迷惑なのがグリーン車の連結である。携帯電話、化粧、飲食の比ではない。「国鉄時代と違って値上げしない」ことを無理強いされたJRの苦肉の策なのだろうが、どんな言い訳をしようが実質値上げだし、乗客にとっては普通車両に無用の混雑を作り出すだけの迷惑施設である。生まれつきの身分によって格差を拡大しようというのが今の政府の基本政策であり、その反映ともいえる。昔、1等車、2等車、3等車とかいった車両の等級制があったが、その再来だろうか?一般の貧乏な通勤客は電車の外側にぶら下がっていろとでも?
 朝ゆっくり新聞を読みたいからグリーン車を毎日利用しているアホサラリーマンが結構おるらしい。新聞読むために毎朝500円、750円払ってるのか?ずいぶん高い新聞だな。新聞にそれほどの価値があるんか?たいていの新聞、嘘っぱちでしょでしょ。

♪我らは頼りな〜い声優捜索隊〜♪

 くまいもとこの影響か、最近、アニメの世界から消えてしまった声優についての記事を度々書いている。たとえば、寺門仁美(ピッチピュアの豪華なイベント、すごかったのに。2年目の打ち切りで自信をなくしたのか?)とか、菊地美香(ツバサクロニクルの再放送や舞乙HiMEのOVA作品はあるが、新作TVアニメは全くないようだ)とか、大活躍していたのにほんの短い期間でリタイヤしてしまった声優たちは、今ごろどうしているのだろうか。椎名へきると宍戸留美はなんとか見つかった。宍戸留美は声優としても現役続行中のようだ。しかし、小生の情報力不足もあろうが、どこをどう捜しても見つからない人たちはかなりいる。
 アニメ関係で最近見かけない人といえば、声優ではないが(とはいえアウリ役はものすごかったが)、神戸みゆきはどこに行ってしまったのだろうか。もう芸能界から去ってしまったのだろうか。

水樹奈々ベストアルバム本日発売

 水樹奈々のベストアルバム『THE MUSEUM』が発売された。知らない人はいないだろうと思うが、田村ゆかりん姫、クイーンほちゃと並ぶ3大人気女性声優のひとりである。

 姫とクイーンのやまとなでしこ2人が17歳になった今、ただひとり残された20歳代横綱にとって、今年はどんな年になるか、楽しみである。しかし、何をやっても大ヒットは間違いなく、誰も不安は感じない。1000%期待なのである。

 アニメイト秋葉原店の6階に行ったら、水樹奈々のフェアをやっていた。アニメ番組のフェアならよくあるが、声優個人のフェアというのは、やはり彼女ならではである。アニカンの号外も出た。
Anikan77

 また、コミックとらのあなのディスプレイも必見であろう。
Tigershole

2007年2月 5日 (月)

日テレには大きすぎる損失

 2月3日、日本テレビの大杉君枝さんがお亡くなりになった。享年43歳、あまりにも早すぎる死である。1992年のDORA以来、乱れに乱れてきた日テレ女子アナ界が崩れ去るのをぎりぎり食い止めてきた実力派であり、日テレ嫌いな小生でも、まだまだずっと活躍していただきたいと思っていた人である。よくバラエティー番組のことが言われるけれども、「ルンルンあさ6生情報」では1990年代の早朝情報番組ブームの火付け役となり、皇室報道もしっかりやっていた、日テレの歴史に残りそうな、まさにエース級女子アナであった。ご冥福をお祈りいたします。

 毎年、立春の頃になると、自殺者が急増するそうだ。詳しいことはよくわからないが、日出時刻が急速に早くなることに関係しているらしい。自殺は関係者から赤の他人までいろいろな人に迷惑をかけてしまうことになるのだから、このブログをご覧の方々は絶対に自殺などせぬようお願い申し上げる。

2007年2月 4日 (日)

プリキュア5後半

 先ほどに続き、「プリキュア5」についてである。後半をみた限り、東京ミュウミュウセーラームーンを足して3で割ってうっすらとプリキュアの味付けをした感じがする。セーラームーンの時代は、まだ男女雇用機会均等法ができたばかりで、男女共同参画社会の研究会(今ではすっかり利権化し、議論は形骸化しているが)もなかったから、女の子の夢を「すてきなお嫁さん」と決めてかかっているところがあったが、さすがにこの時代、夢は漠然としたものになった。

 小生は声優にあまり詳しくないから判断できないのだが、前田愛って何者だ?子役をしていた前田愛か?「はみだし刑事」で柴田恭兵の娘をやってた前田愛か?東映だからなあ。ようわからん。

ポケサン&プリキュア5

 今週もポケモンバトルはしょこたんの勝利に終わった。小学生相手に手加減しないところがポケモンサンデーのいいところだな。しょこたんの強さはほんものだ。
 マミタスで勝ったが、やはり山崎真実を意識してのことだろうか。

 そして今日からプリキュア5がはじまった。面白いかどうかは不明だが、スプラッシュスターのような閉塞感はなくなったような気がする。ナルト、クロミ、テッド等々でおなじみの竹内順子が人間の女の子の役をやるのは珍しいから、それだけでもみる価値があるかもしれない。

2007年2月 3日 (土)

価格表示

 家電量販店のチラシをみると、「当社指定プロバイダ加入時」価格が大きく目立つように表示してあり、通常価格はほとんど気付かないくらいの表示になっている。パソコンとか周辺機器とかが多いな。秋葉原にもそういう店あるよな。

 不当表示になるかどうかわからんけど、間違うやつ多そうだよな。そのうち、公正取引委員会から改善命令が出るかもわからんよ。

節分

 今日は節分だ。鬼に豆をぶつけてやっつけるのだそうだ。これははっきりいっていじめだな。豆くらいでやられてしまうようでは、鬼は人間よりもよほど弱いではないか。東京の某神社では、「鬼は内」と聞き間違えてやってきた鬼をやっつけるという残酷なことも行われている。わざわざ誘き寄せないと来ないような鬼なら、放っといたっていいではないか。
 もっとも、目の前に鬼がいないから、豆をぶつけるくらいで鬼をやっつけるなどと強気なことを言っていられるのかもしれんな。得意の空威張りっちゅうやつな。日本人の小生が言うのもなんだが、日本人アホやから、後先考えずに偉そうなこと言いよるんよ。昔、B29を竹槍なんかで撃墜しようとしたり、米軍が上陸してきたら女の子が薙刀で戦うなんてこと言ってたな。そんな大胆不敵さを見せたと思ったら、いざ目の前に敵が現れると態度がコロッと変わって、抵抗すらせずに集団自決たもんな。
 まあ、鬼が大豆アレルギーだったら、食わせれば勝てるかもわからんけど、ぶっつけたってなあ。現実には無理だろなあ。

 東京では数年前から恵方巻が流行っているようだ。毎年節分の日にその年の恵方を向いて太巻寿司を切らさずに食べきれば願いがかなうというアホらし行事だ。スーパーもコンビニも今日は恵方巻だらけだ。だが、小生の家ではやったことがない。近所でもいまどきやっている家はない。「願いがかなう」の真偽はさておき、こんなことを本当にしたら危険なことこの上なしである。糖尿病になるで。

今日はPrincess Roseの特典お渡し会

 今日はゆかりん姫の特典お渡し会。ゆかりん姫のファンにとってはお渡し会自体が特典なのだが、形式上グッズが特典ということになっている。
 今日は抽選に当たった幸運な人たちをみに行こうと思ったが、小生とてそれほど暇な訳ではなく、残念だか行けなくなった。そういうわけで、ゆかりん姫イベントの辛口レポートは今回もなし。どうしても気になるのならみに行けばいいし、他のいろんなブログで紹介されるだろうから、そっちをみてくれ。

 さて、赤ずきんが始まるぞ。12ちゃんねる、ロックオン!

 あきはば〜ら、あきはば〜ら、店長さんのおつかい〜♪

宍戸留美も見ぃつけた

 宍戸留美がいつの間にかパワパフzに忍び込んでいやがった。場の雰囲気から察するに、どうやらセミ・レギュラーのようだ。
 あまりみていないからよくわからないのだが、黄色いの(おじゃ魔女でも黄色だった)と今日出てきたキャラの他にもおじゃ魔女声優出ているのだろうか。もうこうなったら鶴屋さんとかピカチュウとか出してしまえばいいのさ。やけくそだ、みんなみんなおじゃ魔女だらけにしてしまえ。問題は、保健の先生兼女王様兼切札勝舞の助手の今井由香をどうするかだな。
 さて、椎名へきるも宍戸留美も無事見つかったことだし、デルトラクエストは吐き気がするほどつまらないし、赤ずきんが始まるまで一休み一休み by 藤田淑子

2007年2月 2日 (金)

AKB48、植田佳奈、2日目。

 昨日に続いて、AKB48と植田佳奈のオリコン・デイリー2日目の情報である。AKB48の『制服が邪魔をする』が5位(↓1)、植田佳奈の『「Fate/Stay night」キャラクターイメージソングシリーズⅡ:遠坂凛』が17位(↓2)とあまり落ちなかった。AKB48の方はウイークリーでトップ10入り確実ではないだろうか。秋元康はあまり好きではないが、AKB48は応援したい。

椎名へきる、健在。ほっ。

 オリコン・週間チャート(2月5日付)の下の方をみてみると、今回もアニソンや声優歌謡がたくさん並んでいる。
 まず、35位に、久しぶりに歌手活動を再開したみのりん(茅原実里)の『純白サンクチュアリ』が来た。売上数は約4.3k枚、売れたことは売れたけれども、小生はちょっぴり不満だ。秋葉原で赤丸急上昇中のみのりんだから、1.2万枚くらいを期待していたのだが、想定外だったな。清楚な感じがかえってよくないのだろうか。そうだ、注意しておこう、ついこの間、先週だったと思うが、秋葉原で、「かやはらみさと」と読んでいるやつらがいて、それを耳にした小生はビックリマン太郎して夜も眠れなくなるほど気になってしまったが、みのりんは「ちはらみのり」だからな。知らないとCD予約するときにきっと、たぶん、恥をかくから、覚えておくように。(店員の方が読めなかったりしてな)
 36位は「きらりん★レボリューション」でも大活躍中の保志総一郎 as KANE BLUERIVER『Starting again』。陶山章央と一緒(SHIPS)だったら1位だったかもな、ハハハッ。
 『スケッチスイッチ』(阿澄佳奈・水橋かおり・新谷良子・後藤邑子)は44位、3.7k枚。豪華声優陣がもうひとつ売りにつながらなかったようだ。
 そして、きましたっ、椎名へきる様。ちゃんとここにいましたよっ!今回、『Eternal Circle』が51位に入った。売上数は約3.2k枚と最近の活動状況を考えたらまずまず。CDを発売したことに気付かなくて本当に申し訳ない。しかし、椎名へきるの健在ぶりを確認できて、小生もYatt安心宇宙旅行社でプモ。昔はガレッジセールを付人・前座にして、コンサートツアーをしてたこともあったなあ。すごい大人気で、観客が1200人もいたんだぜい。付人をやっていたガレッジセールも、笑っていいとも!やおはスタやちゅらさんetcでの活躍ですっかり人気者になり、昨年はGorieになってヒットを連発した。
 あと何曲か入っているが、もうお腹いっぱい。さすがに『バラライカ』は100位落ちしてしまったな。しかし、ここまでよくやった、おつかれさま、きらりちゃん。きらりんは商売の軸足をCDから文房具に切り替えたようだ。

椎名へきる Eternal Circle 1500円

 アルバムは、アルバムは、やっぱりハルヒネギま!?なのね。太郎ちゃんでおなじみのローゼンドラマCD(『vol.5 真紅』)も、ミュージカルの世界からゲのマのズに飛び込んできた富田麻帆の『M[エム]』も、やっと2000枚か。少し残念かな。

2007年2月 1日 (木)

晋ちゃん饅頭とか太郎ちゃんの牛乳カステラとか

 おっ、右派のフジテレビでさえ安倍内閣への支持より不支持の方が多いぞ。すごいな。読売は安倍晋三に改憲を期待しているから、まだ支持率が高いのだろう。世論調査っていうのは、調査したメディアが持つイデオロギーの傾向がそのまま数字に出るから不思議だ。フジテレビも改憲派なのだが、スパイ防止法ほどのこだわりはないため、今回、旗色の悪い安倍内閣不支持に回ったようだ。総裁の任期は4年に制限されているはずなのにやりようによっては最長5年と364日もできてしまうという自民党の不可解な党規約のために5年5か月も続いてしまった小泉内閣にも何度もピンチがあり、その度に金正日に助けられたが、金正日は安倍も救うのだろうか。
 しかしまあ、この内閣、不祥事が次から次へとよく出てくるな。柳沢伯夫厚労大臣の口から直接出たことばであり誰かが仕掛けた可能性はないから、今回ばかりはさすがに「誰か安倍を陥れようとする黒幕がいて陰で糸を引いている」と言って政権を擁護する政治記者も評論家も出てきにくいだろう。
 こんな事態になっても、世の中はとりあえずまともに機能している。暴動が起こることなく、一定の秩序が保たれている。アニメイトに行ってみたら、商品が群衆に略奪されることなく法にのっとって売買されていた。株価も上がっているようだ。こうなると、内閣も議会も要らないのではないかと思えてしまう。あったって改革しかやることがないわけだし。とりあえずなんとかなっているのは、官僚がうまく舵取りしているからではない。奴らみたいな金持ちのボンボンなんぞ何の役にも立ちはしない。高級官僚もいない方が良いだろう。改革に激しく抵抗していると言われているが、実は改革に一番熱心なのは高級官僚だしな。あー嫌だ。

pc successがpc failに

 アキバBlogさんによると、pc successが倒産したということなので、恐るべき野次馬根性を発揮し早速みに行った。本当だ、シャッターが閉まっていて破産したことを告示する貼り紙がしてある。小生はこの店が結構好だったから、とても残念だ。Windows Vistaが発売になり、もう自作の時代ではないのだろうな。
 サービスが悪いとトラブルが相次いだそうだが、それは仕方がないだろう。知識がないのにパーツ屋の客になろうなんて方がどうかしている。トーシロさんは無理せずにザ・コンかヨドバシにでも行けばいいのだ。
 そういえば、ZOAが最近バイク屋になりつつあるのだが、少し心配だ。

Pcsuccess
pc success破産。シャッターが閉まり、東京地裁に破産手続開始の申立を行う旨の告示書が貼ってある。

関連サイト
アキバBlog PCサクセス(PC-Success)倒産。最盛期は売上200億円

AKB48ほえー、植田佳奈カナ?

 今週もまた、アキバ系、アニソンから大ヒットが出そうである。
 オリコン・シングルCDデイリーランキングで、1月30日(1月31日付発売の初日)の結果が非常に良い。
 ドン・キホーテ秋葉原でおなじみのAKB48の『制服が邪魔をする』が4位、美人声優として知られる植田佳奈の『「Fate/Stay night」キャラクターイメージソングシリーズⅡ:遠坂凛』が15位に入った。
 来週のウイークリーランキングが今から楽しみである。

 ジェネオンエンタテインメントから発売されている「Fate/stay night」キャラクターイメージソングシリーズは、今月は第3弾、間桐桜(下屋則子)が28日付で発売される。下屋則子というと人脈的にタカラトミーの旧タカラっぽいのだが…メットくん。Lantisではないので間違えないよう、頼む。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »