無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

オレは赤ずきゅんだ、それ以上でもそれ以下でもねえ!

 セーラーサターンのほたるちゃんが、いったん赤ん坊になって人生をやり直し、キュアドリームのぞみを育てる。「おとぎ銃士赤ずきん」はそういうお話でした。やっぱり、「美少女戦士セーラームーン」と「Yesプリキュア5」はつながっていたのね、教授。
 とういうわけで、朝番組なのに“深夜のちょっといい感じ”なアニメの匂いがした赤ずきゅんも今日で最終回。来週からは「BLUE DRAGON」なんだが、みる気がしないねえ。「デルトラクエスト」はひどくつまらないし、土曜日は「ケロロ」スタートってことでぇ、起きる時間がますます遅くなってしまうわけなのね。

2007年3月30日 (金)

きらり、負けて悔いなしと思いきや…

 「きらりん☆レボリューション」1年目の最後を飾るアイドルクイーンは、霧沢あおい(cv 斎藤千和)が僅差で逃げ切った。さすがの月様も、レボリューションを起こせなかったというわけだ。
 惜しくもクイーンの座を逃した月様(きらりちゃん)、尊敬するあおいさんとほぼ互角に戦えたんだから、負けて悔いなし…と思いきや、本当は悔しかったようで、アイドルクイーン発表会を強引に乗っ取ってしまった。宙人がステージに乱入して、その後は完全に月様のペース。勝者であるはずの霧沢あおいは、すっかり存在が霞んでしまった。このあたりが村西事務所の巧みなところといえる。さらに、いつの間にか、おばあちゃんまでステージに上がっていた。一見ただの泣き虫であるかのような村西社長雲井かすみマネージャー(アニメでは最初からだが原作では最近マネージャーになったばかり)の手腕には、つんく♂も超みっくりだろう。
 きらりの大食いと怪力は、このおばあちゃん譲りである。若い頃、おばあちゃんは穴の空いた大きな丼で何杯も飯を食っていた。なぜ穴が空いているかというと、おかずがその穴から見えて便利なのだという。
 なお、人間体の月様(久住小春ちゃん)はきらりちゃんのような大食いではない。ダンスの稽古などでエネルギーの消費量が普通の女の子よりもかなり多いから、少しは多く食べるかもしれないが。

 さて、来週から「きらりん☆レボリューション」も2年目に入る。今度はどんなストーリーで楽しませてくれるのか、とても楽しみだ。

メガブルー卒業

 今日は「おはスタ」卒業式。小生は学校の卒業式は大嫌いだが、こういう堅苦しさのないものだったら怒ったりはしない。番長とキャンデイミントの3人が番組を卒業した。キャンディミントが最後のリボン演技を披露したとき、みづきが2回リボンを落としてしまったが、これはご愛嬌ってことで勘弁してあげよう。このみづきこと菅澤美月は、他のメンバーより1歳若くて、4月になっても中学生なんだよな。もう1年やってもよかったのに、ホノカはんと同じで家庭の事情なんだろうか。
 また、在校生の席にでんぢゃらす爺さんやJ2スターズ、きらりちゃんがいてほしかったと思うキッズ達も多かったはずだが、これは予算の都合か、スケジュールが合わなかったのか、いなかったのが少し残念。スターフルー2の卒業式のときは、玩具・ゲーム・文房具メーカーの人たちまでいたのに。

 今年度は7月に1名退学者を出してしまい、大変な1年であったが、来年度も頑張ってほしい番組の1つである。

2007年3月29日 (木)

絶好調なり、プリキュア5

 番組の再編期ということで、アニソンもいまいち盛り上がらないから、視聴率のお話ねっ。
 小生もお気に入りの「Yes!プリキュア5」の視聴率が上がってきた。ついこの間5%台で低迷していたと思ったら、3月25日の放送では8%台後半と、ついに「どれみちゃん」並みのところまで上がってきた。よかった、よかった。
 さらに、4月から2年目に入りよる「きらりん☆レボリューション」も好調を維持している。3月23日には、「クレヨンしんちゃん」が放送されなかったこともあるが、アニメ視聴率ランキング10位に入った。

 それでな、デイエゴ・マラドーナが入院やて。彼は大麻やっとったからな。まあ、とんでもない不摂生しとったから、年取ったら危ない症状が出るのは当たり前やな。だからみんな、大麻とか覚醒剤なんかやったら絶対にメッ!だよ。そういえば、昔、政府が入国拒否したらな、「入国させてあげないなんてひどい」と言ったテレビキャスターもいたよ。

【サッカー界の英雄・マラドーナ氏が緊急入院】
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000045-ism-spo

地球温暖化

 うう~、暑い~、助けてくれぇ。急にどないしたんや。

2007年3月28日 (水)

いとこはダンプ

 OVA「最遊記RELOAD-brial-」発売っと。わーい、「いちにのさんすう」のとしさんだ。パトラッシュ、これがルーベンスの絵だよ…犬好きだったネロは、犬のおばけタップになりました。めでたしめでたし。
 うっ、またしても寒い声優ネタやってしまった。喜多道枝さん、ごめんちゃい。

ケロロ軍曹、無事帰還であります!

 現在、テレビ東京で金曜日午後5:30から放送中の「ケロロ軍曹」が、4月からは土曜日朝10:00にお引っ越しする。いやまてよ、土曜に戻ると言った方がいいか。
 毎週録画している御仁は、30日の放送が終わったらタイマーをセットし直すこと。気付かずに新番組「かみちゃまかりん」を録ってしまっても、決してテレビ東京に骨を送り付けないこと。わかったな。返事は?

勝ってもボロクソは吉兆

 センバツ2回戦は、大阪桐蔭が11対8で栃木の佐野日大に競り勝った。いやあ、危なかったなあ。佐野日大のまずい守備に助けられた。勝ってもボロクソや。
 貶してるわけやないで。めっちゃ昔のことやけど、PL学園も11対8で勝ってな、そのとき監督さんがインタビューで「勝ってもボロクソ」言うとった。けどな、そこからPLの黄金時代が始まってん。えらい難儀したけど、大阪の高校にとっては、11対8、勝ってもボロクソは吉兆ですがな。

2007年3月27日 (火)

月光音楽団

 やっぱりベキ子(ベッキー)若えな。一人だけ肌がぱっつんぱっつんしてら。

2007年3月26日 (月)

石原慎太郎、当選確率99.999999%

 東京都知事選挙の当選者は、投票率によってだいぶ変わってくる。小生の予想では、
 18%≦投票率の場合
   石原慎太郎
 6%≦投票率≦18%の場合
   浅野史郎
 投票率≦6%の場合
   吉田万三
のようになる。というわけでございまして、ぶ厚い組織票をもつ石原慎太郎のぶっちぎりになるのは見ェ見ェである。接戦にもならない。新聞、テレビ、雑誌等の報道にある通り、今回の東京都知事選挙は有権者の関心が極めて高く、投票率が30%を切るような事態は到底考えられないからだ。
 投票率の高低は、専ら集票組織の動員率の変動により決まる。投票率が高ければ高いほど、どうしても石原が有利だ。浅野陣営が勝つには、たいへん難しいが、自民・公明系利権組織の間に気の緩みと無関心の風を起こしてなんとか17%台までもってくるしかない。吉田陣営は利権とあまりに縁遠いため集票力が弱く絶望的ではあるが、何かのはずみで各陣営の組織動員が停滞して超低投票率になれば、可能性は0ではない。
 黒川紀章、桜金造は、投票率によっては2位になることもあるだろう。

いつか☆になりたいキミと三つ星

 カレーハウスRUNRUN廃業跡にオープンした、インド&パキスタン料理のシディーク秋葉原に早速行ってみた。辛口好きの小生のことだから、当然、唐辛子マーク3つのマトンカリーセットをオーダーした。き…900円。ちょっと高いか…な、と思ったが、味はたいへん良く、ライス、ナンがおかわり自由で今なら(?)ラッシー付きであるため、とにかくよく食う秋葉族には割安な感じだ。ラム肉がとってもやわらかでギザまいうぅ〜ス。そんなこんなで大満足。2.6星をあげておこう。

メガレンジャー、おはスタ卒業

 メガブルーことおはスタ番長松風雅也が、今週で「おはスタ」スーパーライブ(テレビ東京系月-金7:05〜)を卒業する。少子化がまだ深刻ではなくスーパー戦隊に活気があった頃の素顔の戦士であっただけに、いまだに根強い人気がある。今後の身の振り方をどうするのかは知らないが、舞台出演が中心になってくるのだろうか。

 ところでアンタ、未来少年ヤマモト、やまっちゃまで大活躍した山本圭壱は、30日のおはスタ卒業式には出ないのですかぁ?

2007年3月25日 (日)

自然災害でできる心の隙につけ込む政治闘争

 またもや大地震が政治利用されるのだろうか。1995年は村山内閣倒閣運動の口実になった。今度は安倍内閣の人気取りに躍起だ。亡くなった人がいるのに不謹慎だ。
 大規模な自然災害は、人の心を蝕み、不思議な行動に走らせる。改革という詐欺的行為にすっかり騙されてしまう。改革待ったなしという馬鹿な議論が罷り通るようになったのも、大地震の影響が大きい。

意外にきちんと終わったメルヘブン

 本日最終回を迎えた「メルヘブン」は、視聴率急降下、次番組は「メルΩ」ではなく「ハヤテのごとく」だから、打ち切りモード全開かと思ったら、きちんと終わらせた。これには驚いたぜ。

 おねがいマイメロディは次週から人間不在(?)のハーフサイズで「マイメロディすっきり」という幼児向けのアニメになる。加藤夏希はスタジオ司会者として残留するようだ。この2年間、着実に成長してきた片岡あづさは、今後どうするのだろうか。これで杉本ゆうが他のマリーランドキャラクターに横滑りしてきたら、「ハム太郎は〜い」と差がなくなるがいいのか、まいど君、マフラーちゃん。

日曜討論会

 まったくキャメイ静香ちゃんの言う通り、議席数に応じて発言時間を割り振るなんて、公共放送としてダメですよ。

デスパライアは白鳥のジュン

 プリキュア5の学校って開放的すぎるっちゅうか、不良学校っちゅうか。中学生は黒髪じゃないとねえ。リンちゃんとうららちゃんは脱色として、あとの3人は明らかに染めている。しかも、みんなカラーコンタクトレンズ入れてるし。
 小生が中学生の頃は、靴下のワンポイントを認めろと主張する生徒会と無地しか認めない教育委員会の深刻な対立があったくらい窮屈な場所だったのだが、今はラジオ体操すらろくにやらないんだな。

 デスパライアの中の人はやはり満月(みつき)のおばーちゃんだったか。えっちくん…。

ゾ〜ロリしぇんしぇが懐かしい

 恐竜キング、今週もつまらなかったなあ。渕崎ゆり子が「おじいちゃん」と何度も言っていたが、トミー爺さんはどこにも見当たらなかった。小鬼めらを観察しに行ったのか、マイクの店にコーヒーを飲みに行ったのか。

「六三四の剣」的でも「一剣」的でもなく

 「チェオクの剣」はあれで終わりだったのか。打ち切りの臭いがプンプンしますな。それを買ってきたNHKって一体…後半へ続く。
 それにしても、チェオクは弱かったきむよな。最初の頃コソ泥に勝ったくらいであとは連戦連敗、いつもごく簡単に捕まるし何度も死にかけた。タイトル倒れも甚だしい。原タイトルの「茶母」なら誤解はないが、チェオクが茶母の仕事を立派にこなしていたかというとそういうわけでもない。

2007年3月24日 (土)

おじゃ魔女モモコvsなーさん

 最近、やっとものがわかってきたのが「でましたっ!パワパフz」だ。大江戸ちゃきちゃき娘あたりから、かなり見られるようになってきている。アメリカでは車の運転は上司がするのが普通だが、市長が秘書に運転させているところをみると、どうやら輸出を諦めたのではないかと推測される。
 今日の放送は、プリンセスなーさんとの対決だった。なーさんは善戦したものの、きらりちゃんがいないため力を出しきれず、結局負けてしまった。なーさん得意のパッチギは、怪力きらりちゃんのジャイアントスイングがないと出せないのでR。
 セレブのパーティーでパワパフzが大人気という設定のシーンがあって、豪徳寺みやこバブルス(宮原永海)のセリフに「パワパフzでよかった」というくだりがあったが、おじゃ魔女のときの人気はこんなもんじゃなかったゾイサイト。ペルータンペットン、パラリラポン!

2007年3月23日 (金)

わーい、でんしゃ、でんしゃ!

 えへっ、電車に乗ってん。ええやろ。うわっ、JRの観光キャンペーンのポスターが目に入りおった。痛っ!
 その目に入ったじゃないだろ!う〜ダジャレやねん。
 岡山のキャンペーンな。岡山県出身の芸能人、宅間伸、八名信夫、MEGUMI、次長課長か。岡山県出身いうたら、『きらりん☆レボリューション』の生みの親であらせられる中原杏先生もせやな。

選挙の顔がいないが

 選挙といえば、又吉イエス先生と羽柴誠三秀吉先生はどうしたのだろうか?今回なぜ選挙に出ないのだろうか?又吉先生、小泉純一郎はまだ切るべきものを切ってませんにょ。

公務員の能力主義

 公務員に能力主義人事を強化することになった。脳みそがツルッと単純な日本国民は、諸手を挙げて喜んでいることだろう。だからバカなのだが。
 今までは年功序列だったと自民・公明両党は主張する。しかし、実際には、ずっと情実人事でやってきた。これは情実人事を追認するための能力主義と言わざるを得ない。
 公務員の能力というと、一体何なんだろうか。沢山仕事をするということではなさそうだ。公務員は仕事をすればするほど予算を使うことになるから、そういう能力主義では忽ち財政が破綻する。
 結局、公務員の能力というのは、家柄に他ならない。国民、市民にとって良い行政とは、イデオロギーによって全く異なってしまうからだ。大臣や首長や有力議員や大企業オーナーの血縁者、旧華族関係、これが公務員の能力である。そうでなければ、選挙で役に立った者、集票に役立ちそうな者、自民党の政治プロパガンダを喧伝する者、背景に暴力的な手段を有する者などが高い評価を受けることになる。

着々と準備を進めるシディーク秋葉原店

 インド&パキスタン料理「シディーク」の工事が急ピッチで進んでいる。ついに日の目を見なかったカレーハウスRUNRUNに代わり、秋葉原の名所となるよう大繁盛してほしいものである。

Photo_2

老化の進んだ慎太郎

 テレビに出演した石原慎太郎、だいぶ耄碌してきた感じがする。すぐに言葉が出てこない。記憶が断片的なものになってきている。災害時に自衛隊を指揮して迅速に対処してくれるのではないかと期待している支持者もいるようだが、これではいざというとき何の役にも立たない。

原発臨界事故はりんかい線ではない

 東京電力の福島第1原発が1978年に日本初の臨界事故を起こしていた件で、東京電力の幹部が頭を下げていた。将来の小型核兵器保持を見据えて、なにがなんでも原子力を導入しようと数の力で強引に押しきった自民党福田赳夫内閣が、事故隠しをしたのではないかという疑念が出てくる。
 当時、原子力をめぐる与野党の対立は激しかった。原発に断固反対していたのが社会党、安全の確保と平和利用の保障がされないかぎりダメと慎重だったのが共産党、原則反対から条件付き賛成に転じたのが公明党。野党でも民社党は熱烈な推進派だった。社民連は少数政党だったため、報道から除外されていたが、どちらかというと推進派に近かったと思う。
 頭を下げるのは、東京電力だけでよいのか。そう言うと、経済産業省の職員が出てきて、申し訳ありませんでしたと頭を下げることになるのだろう。政治は責任を取らなくてよいのか。役人を処分しました、公務員制度と倫理規定を思い切り酷しいものにしました、が責任の取り方だと思い込んでいるバカ政治家とそれを喜ぶバカ国民には呆れて開いた口が塞がらない。

4週連続キョン

 あホイ、週末か。金曜日は歌の日。アニソンは、キョンが4週目もオリコン登場で77位、累計23000枚を超えてきた。妹もビックリマンだ!
 ほかには、プリキュア5の主題歌もまだ100位以内をキープしている。

 アニソン以外はどうなったろうか。服部幸應先生おすすめのE☆Traps『EIYO!』は、2週目もだめだった。「歌って踊ればある意味クラスの人気者だよ」と番組中でも言っていたから、…小生はこれを聴いているとちょっとイライラする。
 上戸彩は人気に陰りが出てきたのか、『way to heaven』は7500枚止まりであった。来週、「渡る世間は鬼ばかり」出演でどれだけ巻き返せるかが問題になってくる。

2007年3月22日 (木)

報道ステーション

 北川正恭ウソばっかり。予算というのがわかっていない。

情報処理技術者のほん

 秋に情報処理技術者試験を受けろというから、参考書を買いに本屋に行ってみたら、いろんなのが並んでて、わけわからんかった。ずっと店の様子をみていて、売れてそうなのはその出版社と試験主宰の財団法人が癒着してるんじゃないかと思えてきた。

Emotion Express

 仕事の都合で秋葉原に寄ってみたら、家電販売のL社が経営する秋葉原の量販店AGCでは、「舞乙HiME Zwei スペシャルパッケージ2」の新品が3980円で売られている。定価が7140円であるから、なんとまあ44%引きである。この前の『愛ヤイ!愛ヤイ!』ほどではないものの、発売から1か月弱でこのすさまじいディスカウント価格である。よほど売れなかったのだろう。
 Emotion不調やね。新谷良子と木暮英麻の名コンビを復活させるしかないな、これは。

決して年齢詐称ではない

 夏川純が実は26歳であることをブログで告白したという。しかし、それはあくまでも平山奈々の年齢だ。芸能人は、言った年齢が実年齢である。だから、夏川純は5年経っても10年経ってもいつまでも23歳なのである。堀江由衣も田村ゆかりも未来永劫17歳である。それでいいではないか。平山奈々は、夏川純23歳というキャラクターを見事に演じているのだ。平山奈々23歳と言ったら年齢詐称になるかもしれないが、夏川純23歳は何の問題もない。夏川純のキャラクター設定が23歳なのだということを、世間の人々はどうして理解できないのだろうか?日本人はすっかり無粋な国民になってしまった。
 キャラクターの中の人が何歳なのかいちいち気にしていては、何のための芸名なのかわからなくなる。みんな、戦隊ピンクの中身が男だからって、がっかりしないだろう?同じことじゃないか。

石原慎太郎の絶対優位動かず

 今日から東京都知事選挙の法律上のたたかいがはじまる。しかし、誰がどう足掻こうとも、石原慎太郎の3選は動かしようがない。桜金造の出場で、石原陣営はますます票固めをしやすくなったのは事実だ。370万ある自民党組織票が、ローラー作戦で確実に掘り起こされている。石原が都政を私物化しようが、利権まみれだろうが、信任投票の形にならざるを得ないのである。
 しかし、野党系候補者もなさけない。オリンピックの招致運動や施設の建設にかかる費用ばかり問題にして、オリンピック終了後に表面化してくる深刻な問題には触れていない。いくら政策が得票に影響しないからといって、こんないい加減な態度では困る。もちろん、「民間に払い下げればよい」と民間を無尽蔵に金を産み出す打出の小槌であるかのように言う石原の幼稚な発想が一番悪いのだが。
 困った事態をわざわざつくりだしては、民間に金を出させろ、役所の職員を悪者に仕立てればいい、という無責任さが通用するのだから、旧来の身分制度に基礎を置いた集票組織というのは、たいへん恐ろしい。しかも、大量退職時代を迎え、この集票組織の力がますます強まっている。大多数の国民が、明白に集票組織の一員であるにもかかわらず、自らを無党派と思うようになったのがその証拠である。(国政選挙の小選挙区を含む)地方選挙が、利権や住民エゴと一体になっている。集票組織があるかぎりは、首長を直接選挙で選ばない方が、日本の民主主義のためにはよい。かつて、小泉純一郎は、「民意は誤る」と言った。その小泉純一郎は、誤った民意によって、2005年の衆議院選挙に大勝した。こうしたことを思うと、日本では、選挙などやらない方がまだましだと結論づけるほかない。

2007年3月21日 (水)

祝!きらりん☆レボリューション、間もなく2年目

 2007年4月6日、「きらりん☆レボリューション」が2年目に突入する。ハイパー・アイドルをめざすようだ。普通のアニメなら当然の延長であるが、何しろモーニング娘。のメンバーを主役につかっている作品である。どんなに人気があっても1年限りと覚悟していた。ところが、そんな大人の事情を打ち破って、2年目が決まった。毎週放送を楽しみにしている少女たちの熱い思いがつんく♂を動かしたのだろうか。その少女達を夢中にさせた月様の頑張りも誉めてあげたい。そして、できれば、3年目、4年目と続けていただきたい。
 第52回小学館漫画賞も受賞し、絶好調だ。

受刑者は絶対に刑務所のお客様ではない

 民営刑務所では、受刑者をお客様扱いしているようだ。だが、その考え方は間違っている。客というのはサービス提供者の目の前にいる人間ではなく、依頼し、金を出す人間であろう。民営とはいえ、運営費は税金で賄うのだから、客は、納税者である一般市民の筈である。一般市民が平穏な生活を確保するために、犯罪者に刑を受けさせるのである。犯罪者が刑を受けることを希望して刑務所に申し込むわけではないのだから、受刑者は断じてお客様ではない。民営刑務所の職員よ、受刑者をお客様と呼ぶような血迷った行動はやめたまえ。

RUNRUN遺跡再開発中

 試しに、投稿を休んでみたら、アクセス数が3割くらいに激減した。ブログは、毎日書かないといけないことがわかさ生活。

 しばらくみないうちに、シディーク秋葉原店の開店準備が進んどったよ。3月25日のオープンまであとわずか。秋葉原電気街というカレー/ラーメンの激戦区で生き残っていけるかどうかは、味と価格のバランスをいかにして最適に保っていけるかにかかっている。

 中央通りの反対側にある中川屋カレーうどんの跡地はどうなることやら。ぜひとも、ラジコン地獄を実現してもらいたいものでR。

2007年3月18日 (日)

驚異の1900回、サザエさん

 超長寿アニメ、「サザエさん」が、なんと1900回突破である。話数は今日で5846、40年近く放送を続けて今なお20%近い高視聴率を維持している。しかも、加藤みどりをはじめとして、第1話から変わっていない声優が何人かいる。こうなると、「神の領域」という形容詞すら空虚に感じられてしまう。まあ、神の領域はガオゴッドのマスオさんなんだがな。
 声優に挑戦した荒川静香のわざとらしい喋り、気取らないわざとらしさがたいへんよかった。うわっ、アニメ界のイナ・バウワーや〜!山田く〜ん、金メダル1枚もって来て!

キュアルージュ、ダーちゃんに囚わる

 今週のマイメロは、キュアルージュクロミノートNo.10000達成を機に、ダーちゃんに体を乗っ取られたってばよ。クロミーズ5かさくらちゃんが助けに来てくれたらイイナ。

 とぅぉくぉるぉどぅえアンタ、4月からのこの世界はどないなんのん?教育テレビは、土曜の朝に幼児向け番組を集中させる。テレビ東京に対抗するっていうのか?しかし、どうやっても、視聴者層の中心は、幼児ではなく秋葉のおともだちに決まっているのダー。
 ニャンチュウがんこちゃんも、現在、俳句と短歌の番組を放送しているこの時間帯に異動する。がんこちゃんはこれまで通りのようだが、ニャンチュウの方はどうやらお姉さんキャラクターが消えるようだ。お姉さん廃止なら、新たにお兄さんキャラクターを設定して、田中幸太郎にやらせればいいのになと小生は思った。

 現在、「メルヘブン」は大詰めの闘い進行中。いけ、ギンタ、クロスフュージョンだっしゅ!

断然ふたりはクロミーズ5!

 むむっ、脚本が成田良美だと気迫が違う。今週の「YESプリキュア5」はたいへん良い出来だった。
 ところでアンタ、今週から商売を始めたナッツ・ハウスだが、来年の確定申告の時期にはすっかり消え失せているわけだな。ナッツ、卑怯というより賢い!?
 どうやら、BANDAIの新商品を全国に先駆けていち早く販売する店舗のようだ。

2007年3月17日 (土)

マーケットは石原3選織り込み済み

 東京都知事選挙は、分裂選挙に圧倒的に強い自民党の石原慎太郎が圧勝することが既に確定している。吉田万三はん、浅野史郎はん、古川のぼるはん、おつかれした。
 分裂選挙になると、自民党組織票の動員力は、2倍から3倍になる。この組織票、所詮は「頼まれ票」であるから、たいへん意識が低く、候補者が一本化されていると、動員率が劇的に低下する。組織票だのみの自民党は、昔から、低投票率の選挙に弱かったから、常に投票率の低下を気にしてきた。だからこそ、役所もマスコミも懸命に投票を呼びかけているのである。都政私物化問題で苦境に立つ石原慎太郎としては、東京にある370万票もの自民党系組織票をどれだけ掘り起こせるかが勝負のかぎであったが、黒川紀章の登場でずいぶんと楽になった。

 ところでアンタ、マスコミの対応はどうかといえば、日本テレビの報道番組をみると、どうも石原に誘導したそうな感がある。テレビ朝日も石原でやむなしという姿勢だ。意外に石原叩きをしているのがフジサンケイで、扶桑社の歴史教科書を都下の全中学で採用させようという野望があるだろうから、本気で黒川紀章を応援するつもりなのかもわからん。TBSは相変わらずの様子見(日和)、テレビ東京は相変わらずのマイペースである。
 今朝、立候補予定者のxxはん、えらい失言しましたなあ。首都移転したら皇居のまわりに公園をつくって庶民はそこに住めばいいって。まあ、首都を移転したら、東京は寂れていく一方ですな。首都移転後の関東ね経済の拠点は間違いなく横浜になりおるからな。石原は首都移転反対派だが東京を賭博都市にしようとしとるから、暮らしにくくなるで。そないなったら小生はとっととおうちに帰るけどな。偽物のプリキュアにさっさとおうちに帰りなさいと言われんうちにな。

2007年3月16日 (金)

クイーンほちゃではない堀江について

 ホリエモンの証券取引法違反裁判の第1ラウンドは、実刑の有罪判決に終わった。将来、なんとしても国の叙勲を受けたいホリエモンは、起訴猶予の可能性をも放棄して、無罪判決を勝ち取ろうと全面的に争ったが、無実を立証するに足る弁論はできなかった。
 このホリエモンという男は所謂ガリ勉タイプであり、必ずしも頭が良い訳ではなかった。本当に賢い人物であったら、足るを知り、ITビジネスの限界にいち早く気付き、一生贅沢のかぎりを尽くしても使いきれないほどの膨大な資産を更に殖やそうなどとは思わなかったはずである。
 東大受験に「成功」したことが、彼の人生にとって重大な失敗だったと小生は思う。

希望入団枠を撤廃せよ。代替措置にも反対!

 プロ野球の希望入団枠は、全面撤廃すべきである。金(銭)が好きなのか、巨人が好きなのか、選手達は贅沢を言い過ぎである。本当に野球が好きなのか、疑わしくなることがよくある。普通の人間は、どんなに努力しても、望んだ職業に就くことはまずない。希望する会社に入れることも、めったにない。ドラフトで指名されれば大好きな野球を続けられるのだから、たいへん幸せなことだ。本当に野球が好きなら、どのチームでもかまわないはずだ。
 何が何でも好きなチームじゃなくちゃ嫌だと駄々をこねる孫を甘やかしてきたお爺ちゃん達がプロ野球をダメにしてきたのだ。選手の方も、野球ができればそれでいいと思えるくらい野球を好きになってくれ。

キョン、粘る粘る。納豆のIT革命やー。

 キョンが驚異的な粘りをみせている。男性声優としては異例かもしれない。3週目にして2300枚余りの売上はたいへん立派だ。これには妹もビックリ、マンチョコだ。

 月様のアルバム『☆☆☆』は累計16000枚を超えてきた。ビヨンセ並の超ロングセラーを期待したい。

 余談だが、「アニメで勝負」路線の崩壊したテレビ東京が、ある意味社運を賭けていたE☆Trapsの『EIYO!』は500枚に届かなかった。当然、オリコン200位にも入っていない。服部幸應先生の威光を借りながらの大敗である。この服部先生、2005年の衆議院選挙で自民党を応援してから人気が急落していた。今年度はこれで勝負するんだと息巻いていたものの半年で打ち切りになった「アニ研」の後番組(急な打ち切りだったため間に1月ほどのブランクがあった)のテーマ曲だけに、頭を抱える関係者の姿が目に浮かぶようだ。

2007年3月15日 (木)

皆が気付かないうちに公共工事が激増中

 国の施策で、公共工事が激増している。建設単価が小さいため気付きにくいのだか、需要のない公営アパート、「くらしのみち」事業という道路工事、第三セクターによるショッピングセンター、不良の溜まり場にしかならない公園のトイレなどの建設ラッシュが続いている。「道の駅」事業が一巡し、建てるものがなくなった今、こうしてまた新たな税金の無駄遣いが無理矢理にでもつくりだされる。近頃は、土建業者も反対するような無駄工事が改革派によって政治的につくりだされている。

盛り上がりに欠けるアニソン

 マイメロ 宇多田ヒカルの2週連続1位でぐったりしている歌謡界、アニソンもいまいち萌えないねっ、クロミちゃん。
 クロミ そんなことないってばよぅ。

 白山くん メイメロちゃんの言うとおりなんだなぁ~。

 「銀魂」から、高橋瞳の歌う『キャンディ・ライン』が14位なんだなぁ~。
 「映画ドラえもん」から、mihimaru GTの歌う『かけがえのない詩』が15位なんだなぁ~。
 「まりみて」から、KOTOKOの歌う『きれいな旋律』が18位なんだなぁ~。
 「BLEACH」から、シンガーソングライターの星村麻衣の歌う『桜日和』が20位なんだなぁ~。
 「コードギアス」から、SunSet Swishの歌う『モザイクカケラ』が23位なんだなぁ~。
 「NARUTO」から、HOME MADE 家族の歌う『流れ星 ~Shooting Star~』が28位なんだなぁ~。

公務員制度改革で税金の無駄遣いが激増する

 リクルート事件以来、政治家はすっかり無責任になった。
 リクルート事件のときは、政治家本人の知らないところで秘書が勝手に不正をはたらいたことにされた。一人言い出すと、それからは「秘書が…」「秘書が…」の連呼になった。
 細川、羽田政権下で政界にますます無責任気質が広がっていき、菅直人が厚生大臣になって「官vs民」と言い出すと、なんでもかんでも役所・役人が悪いの大合唱になった。政治家はこぞって、私たちは民の味方です、あなたがた民と一緒になって悪い官をやっつけてあげます、などと言っている。最近は裁判所までもが便乗している。「お役所仕事」という慣用句があることからもわかるが、日本人は昔から役所に対して敵愾心を持って暮らしてきた。改革とはそうした国民意識を悪用した上からのファシズム運動である。公務員制度改革で談合や税金の無駄遣いがなくなると思い込んでいる日本国民よ、君たちは認識が甘過ぎる。課長職以上を民間から「登用」することで、役所の人事権までもが利権化するのだ。改革の実行によって、ますます税金が食い物にされるわけだ。リストラ組を引き受けてやるから、政治献金を1人につき〇〇円よこせ、あるいは1人につき組織票を何票まわせという裏取引が成立するのである。
 「民間」がすっかり政治家の免罪符になってしまった。しかし、民間は正義の味方ではない。民間には、生きていくためにどんな悪いことでもしなければならない宿命がある。しかし、改革のためには「民間はすべて正しい」とアピールしなければならない。そういうわけで、純然たる民間企業が罪をおかしたり、経営破綻すると、必ず「官僚的体質」と言われる。主婦の店ダイエーは、破綻が明らかになるまでは最も民間らしい民間企業という扱いをされ、新聞の論説でも、テレビのニュース番組でも、改革論議の中で「役所はダイエーを見倣え!」と何度も何度も大声で叫んでいたのに、破綻すると一転して「長年にわたるお役所的体質」を指摘(指摘だってぇ?)しだした。立場が悪くなると、どんな組織でも役所的にされてしまう。かつて戦争に反対しただけで「アカ」と呼ばれたように。ところが、罪をおかしたものの、政治家にとって重要な資金源だったり、膨大な組織票を持っていたり、嫁の実家だったりする場合は例外で、このようなときには「役所の監督責任」に話がすり替えられる。
 「官製談合」という用語は、明らかに政治の責任回避である。総理大臣なんていうバカな飯事をしている安倍晋三は、国会で、公共事業をめぐる談合の原因は、予算や権限を背景に押し付け的な天下りの斡旋により生じた役所と業界の癒着であって、政治とは全く関係ないと言い切った。政治家が強大な人事権を背景に、ときには暴力的手段を用いて役人の家族にまで命の危険が及ぶような事態をつくりだして役所に圧力をかけ、自分に関係する企業に有利になるように操作し、不正が発覚しても役人が政治家の知らないところで勝手にやったことにしているということはないのか。自民、民主の議員やその系列の首長はほとんど全員と言っていいほど土建屋の一族かその組織票で当選した連中ではないのか。悪いのはすべて役人で自分は知らない、関係ないというのか。そうした裏事情を暴かれるのを恐れて小選挙区制を導入したり、選挙談合をしたりしているのだろうが、そういう策略に簡単に騙されるレベルの低い国民の方もどうかと思う。

2007年3月14日 (水)

夜明けの刑事死す

 そうか、「ビーロボカブタック」のバズーカ砲撃ってた骨董屋のおやじ、癌で死んだのか。
 全日本女子プロレス中継の解説者としても有名だったよな。

アニやんアワード2006

 毎年恒例の第1回アニやんアワードである。小生が庭木を剪定しながら独断と偏見で客観的に選定した2006年度(2006年4月〜2007年3月)の受賞者は次の通りであ〜る。嵐山光三郎風に書くと、次の通りでR。賞状も賞品もないけどな。

【作品賞】
最優秀作品賞 該当なし
優秀作品賞  きらりん☆レボリューション
優秀作品賞  涼宮ハルヒの憂鬱

【声優賞】
金賞 田村ゆかり
銀賞 福山潤
銅賞 平野綾
最優秀新人賞 久住小春(モーニング娘。)
優秀新人賞  平野綾

【漫画賞】
特別賞 からくちとんち君(まんがタイム)
 *芳文社「まんがタイム」の定番漫画であったが、今年度ついに連載終了。

2007年3月13日 (火)

都知事選挙、行かないよ。

 東京都知事選挙は、石原慎太郎が組織票で圧勝することが既に決定しているから、前回に続き投票をボイコットすることにした。投票率が15%を下回れば石原落選もありうるが、いくらなんでもそこまでは下がらないだろう。
 小生はそもそも東京生まれではなく、東京には何の思い入れもない。東京がどうなろうと知ったことではないが、オリンピックやカジノなど、他の道府県にえらい迷惑がかかるようなことをしてもらっては困る。

ウハウハじゃなかったフジテレビ

 そういえば、先週のスポーツ新聞に、K-1スーパーヘビー級王者決定戦の放送が新婚紀香効果で高視聴率、フジテレビはウハウハだー的なことが書いてあった。しかし、花王が撤退した時間帯だけにCMはAC公共広告機構のものばかりだった。そう、無収入で放送したのである。
 フジテレビがいくら金銭感覚麻痺集団だからといって、視聴率史上主義で広告収入は二の次ということではあるまい。右派右派なのは確かだが。

腰痛学者

 腰痛学者の多くが、「昔は徴兵制というのがあって、軍隊で一番最初に習うのが『気をつけ』の姿勢で、それが腰痛予防には理にかなった方法だったのに、戦後そういう軍隊式の教育が一切排除されてアメリカ式でやってきたため、日本は世界一の腰痛大国になってしまった」と嘆いている。しかし、それは事実ではない。体育の授業や朝礼、運動会、入学・始業・終業・卒業の各種式典など、戦後もいちいち軍隊式でやってきた。「気をつけ」「前へ倣え」「休め」の号令が今なお普通にかけられている。教育の現場は、戦前・戦中よりも今の方が、軍事色が強いくらいだ。
 日本人の腰痛は、その軍隊式と校長の長ったらしい挨拶・講話のせいである。その間ずっと「休め」という片寄った姿勢を長時間とらされたり、体育座りをさせられたりして、子供達の体が歪んでしまっている。教育から軍隊式が排除された結果腰痛が増えたという言い分は不当なもので、むしろ軍隊式が続いてきたことが腰痛の原因になっていると、戦後教育を受けた小生は証言する。しかも、戦前・戦中の教育を受け兵役にもついた爺さんだって、かなりの数の人が、側彎による腰痛に悩まされているのだ。
 腰痛学者の主張はもっともらしく見えるが、語るに落ちている。アメリカ式が腰痛をもたらしたのなら、世界一の腰痛大国は日本ではなくアメリカであろう。アメリカ式が原因なら、アメリカ式を導入したところで、アメリカに並ぶことはあっても、追い越すことはないはずである。

2007年3月12日 (月)

プリティウィッチーハナちゃんチー

 今日のコナソ君は円谷光彦が大活躍。光彦は北アメリカの亀には詳しいようだねえ。さすがはアメリカに在住していた魔女、マジョモンローだ。
 キティ姉さん(灰原)が途中でいなくなったのは、光彦がBADつん子かシナモン・エンジェルズのシフォンに見えてしまうからかもわからんね。

三つの僕に命令だ!ヤー!

 2週目も宇多田ヒカルが強いが、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』もある程度売れている。やはり水木一郎アニキが効いているようだ。

『獣拳戦隊ゲキレンジャー』のデイリー順位の推移

3月6日
3月7日
3月8日
3月9日
3月10日
18
13
17
-
16

 しかし、アニメイトがオリコン加盟店になってしまったのは痛いな。

テレビ業界

 一般に高収入だと思われているNHK職員曰く、「やってられねえよ!」。実は民放よりだいぶ安い。

「年収1250万円」の平井理央をやっかむ声」(livedoor news/ゲンダイネット)
 http://news.livedoor.com/article/detail/3068594/

 また、フジテレビのニュースで、年2回、「今日、公務員のボーナスが支給されました。羨ましいかぎりです。」とアナウンサーが必ず言う。そんなに羨ましいなら、自分の賞与も公務員並に引き下げてもらったらどうなの?

 フジテレビさん、そんなにお金があるのなら、アニメーターや声優にもっとお金をあげて!でもでもぉ、ライブドアとか「あるある」でずいぶん損をしてお金はないはずなんですよぉ。

2007年3月 9日 (金)

アニソン、ちょっと谷間

 先週発売のアニソンは、いまひとつパッとしなかった。
 いちばん良かったのは、今週もキョンで26位だった。古泉一樹は32位。キョンは累計2万枚まであと一息だ。
 ゲーム系は、下屋則子の『Fate/stay night キャラクターイメージソングⅢ:間桐桜(笑顔ひとつで)』が25位に入った。シスターミミの歌を聴いて大丈夫なのか?と疑問に思う方も多いだろうが、シスターシェシェと喧嘩をして単独でマーメードプリンセスと戦ったとき、「ひとりだと大したことないなあ」と言われてコテンパンにやられたくらいだから、平気の平左衛門でさぁ。
 その他注目曲は、リア・ディゾン『Softly』が21位、モーニング娘。『笑顔YESヌード』が49位に入った。ともに3週め、なかなかよく粘っている。『笑顔YESヌード』は累計5万枚を超えた。
 紅頭巾でおなじみの天童よしみ先生『なんで泣く』は超安定で今回も2000枚近い売上を記録した。これで登場回数が10回になった。

 アルバムは、神田朱未の『Bitter Sweet Friday』が90位だった。3500円という高めの価格設定が悪かったのか、2000枚強とふるわなかった。もう少しパンチがほしいところだ。
 月様のファーストアルバム『☆☆☆』は、惜しくもアルバム週間チャートトップ10入りはならなかった。売上数は1.3万枚だったが、プロモーションがあまりなかったし、これはこれで仕方がないか。何位だったかは、雑誌を買って確認しよう。その月様の『バラライカ』は、今週もオリコン週間チャート・トップ100に復帰できず、残念ながら、ハロプロ。のオリコン登場回数歴代トップ10入りはならなかった。あと1回登場すれば、史上7位タイの大記録となるところだったのだが。小学館プロダクションの中沢利洋プロデューサーなら、ぶっきらぼうに「残念だ」と言うところだ。
 それにしても、ビヨンセは粘るなあ。

2007年3月 8日 (木)

アニやん、ドラマにはまる。そして錯乱坊。

 今週も「渡る世間は鬼ばかり」をみてしまった。私もう年なのかなあ…と自覚する藤田朋子41歳であった。
 おっ、来週はニャンコ先生登場か。きらりのおばあちゃんにキャット空中3回転を教えたトラネコぞなもしかしてー。(それからどしたの?)→ロバくん in おはようこどもショー

卒業式よいざさらば。

 卒業式の様子をのぞいてみた。なんという空虚な集会なのだろう。形ばかりで心の込めようがない。感謝のことばは本人の心から出たものではなく、強制されてセリフを言わされているだけだ。何故に練習までせんといけないのか?うわべを取り繕うことしか考えていない日本の大人たちが、子供達の精神を蝕んでいる。こんなひどい行事は法律で禁止すべきだ。

シディーク開店準備中

 インド&パキスタン料理シディークの開店準備が着々と進んでいる。写真のように、カレーハウスRUNRUN時代のカウンターは既に撤去されている。
 新しいオーナーはまさにルンルン気分だろう。
インド&パキスタン料理 Siddique
開店が待ち望まれるSiddique。

2007年3月 7日 (水)

まちやまちや

 CANDY FRUITのケータイ屋は閉めたけど、メガネ屋は健在やろ。

ちょっと危険な感じ。バララ

 企業努力ちゅうやつかなんかわからんけどな、小学館の月刊雑誌にアニメDVDが附くようになってんな。ええ年したおっさんが買ってまうかもわからんな。えへへへへ。

2007年3月 6日 (火)

アニメは文化、産業ではない

 投資ファンドによって、日本の産業が崩れ去っていく。日本の産業“も”と言った方が正確だろうか。日本製品の品質がアメリカ並みに下がってきている。投資ファンドが要求する即金主義により赤字会計が許されなくなり、その結果、安全や品質が犠牲にならなければならなくなった。
 この2年くらいで、アニメや特撮ヒーローものにも同じような兆候が出てきた。われわれの文化まで破壊されはじめているのだ。「アニメ産業」「ジャパニメーション」などと言い出した投資家連中のせいで、面白いアニメが激減している。かわいらしい人気声優に頼りきりのひどい作品は増えた。
 以前は良質のパクりは許されたものだが、「知的財産権」とかいう商業主義のために、今はいちいち許可をとらなければならなくなり、制作がだいぶ窮屈になってきた。みている方も嫌になってくることがある。
 これは皆が熱狂的に支持・要求してきた改革の結果だから致し方なしだが、小生のように一貫して改革に反対してきた人間まで一様に被害を受けるのだから、たまらない。 

アンコールはいかが?

 今日は駅前で女の子が1人、ストリート・ライヴをしていた。ファッションは若い頃の水樹奈々風コーデで悪くはなかった。だが、歌の方は、ただただ思いっきり歌ってしまっていて、何も伝わってこなかった。人の心を打つか、無機質に徹するか、秋葉原で成功するためには、どちらかでなければならないのに、歌いたいという気持ちだけで歌っていたため、何もかも中途半端だった。このままでは、もしCDを出せたとしても、2000枚以下で終わってしまうだろう。
 しかし、まだ若いから、これからの精進次第では大化けするかもしれんなあ。とりあえず気張ってや。

【詳しい情報】
秋葉原マップさん:
雅 千夏さん
   → じゃリん子チエの中山千夏でも、ロールちゃんの城雅子でもないよ~。
     みやびさんて、アニメのキャラにいそうやね。

少年エース

 小学館の「おはスタ」に、角川書店のキャラクターであるケロン人達が出てきて驚いた。映画の宣伝のようだ。同じテレビ東京とはいえ、出版社の枠を超えて出てくるとは、ohaガールOGの佐野未来も超みっくりだ。映画ならかまわないという約束になっているのかもしれない。
そういえば、かなり以前に集英社のナルトが出ていたケド、集英社は小学館の子会社だから、こっちはそんなに問題にはならない。カップリングの映画について「あ~、今年はこれなんだ」とやまちゃん(山寺宏一)が寂しそうに言った。昨年は「かいけつゾロリ」だったからな。

2007年3月 5日 (月)

300日規定

 ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」(TBS)でも取り上げているが、離婚して300日以内に生まれた子供は前夫の子とみなすとした「300日規定」の問題をなんとかしなければならない。このままでは、たとえば遺伝子は伯父と姪なのに法律上は他人だから結婚できたり、父親が同じでも結婚できたりと、優性保護の観点からいっても甚だ不都合である。離婚後の日数という非科学的な根拠より、遺伝子鑑定の結果を優先させるべきだろう。

石原慎太郎、圧勝へ。

 東京都知事選挙に関する世論調査が行われた。その結果、強固な組織票をもつ石原慎太郎が支持率1位になり、3選を手中にした。この時点で1位ならもう間違いない。逆転などありえない。しかも、自民党お得意の分裂選挙である。どうみても石原慎太郎の圧勝で終わりそうな感じだ。
 東京オリンピックはどうなるのか。1964年当時に比べてマリンスポーツの競技種目が激増しているが、東京湾でやるわけにもいかず、伊豆諸島か小笠原諸島でやるしかないから、巨額の費用と大規模な自然破壊を伴うのは覚悟しておかなければならない。キミにその覚悟はあるか?

運賃を上げてでも安全を

 新幹線の防音壁が落下していたのが見つかって、大変な騒ぎになっている。今回は田舎で起こったから大した被害はなかったようだが、これが大阪や東京で起きたら大事故になってたかもわからない。
 「民」営化して20年が経ち、あちこちで設備の老朽化が目立っている。毎年、自治体から多額の金もらいながら、エレベーターやエスカレーター、ショッピングモールのような目立つが地元民には何のメリットもない施設ばかり建造して、安全面は二の次になっているような気がしてならない。
 郵政「民」営化が完成するまでは「民間は効率的である」ことを無理にでも示さなければならないため、運賃を上げるわけにもいかず、実質値上げのグリーン車もやってみたが思うようには収益があがらず、安全対策がどうしてもおろそかになりがちだ。事故が起きる度に職員のモラルの問題にすり替えてきた報道や政治が、問題解決を困難にしている。
 政治も企業経営も、目に見えない地道な努力をいつも軽くみている。単なるパフォーマンスにはいくらでも金をかけるが、地味だが最低限これだけは確保しておかなければならないことについては「意識改革」つまりタダで済まそうとするのが常である。

2007年3月 4日 (日)

あるあるK-1スーパーヘビー級

 今夜の「あるある大事典」の時間帯はK-1だった。一見、華やかな印象だが、CMをみていると公共広告機構(AC)と番宣ばかりで、これでは広告収入はまるでなし、すっかりフジテレビの持ち出しだった。確かに営業マンがどう頑張ってもそう簡単には広告はとれない。早く4月にならないかなと思っているのだろう。
 それにしても、無理なダイエット企画で人気を博したあるある大事典の穴埋めに、K-1スーパーヘビー級初代王者決定戦を放送するとは、因果よのう。

月様は格が違うな。

 今日のハロモニ。は苦手克服企画。
 最初は運動全般が全然ダメという道重さやみちゃんからで、そこで藤本美貴帝が逆上がりの模範を示した。あれっ?上手くないじゃーん!失敗しかけて強引に上がったのをそのまま放送してしまったが、ご愛嬌ということでかんべんしてけろ。
 2番手は月様。びびり症だと言うが「小春が頼もしくて」と田中れいなが言うくらい今の月様は頼もしい。
 3番手はガキさんとシングル・ユー辻だからもういいや。

2007年3月 3日 (土)

赤ずきゅん

 草太が「いやだ!」と叫んだとき、ピンクの蝶が飛んできて…じゃなかったココ。

2007年3月 2日 (金)

羽衣ちん、頑張るのだぞ。

 あんな、さっきな、宮崎羽衣の読みを教えて欲しいって問い合わせがあってん。「みやざきうい」って読むから、覚えといてな。あのおっさん、「はごろも」言てたな。まだまだ知名度ないなあ。気張ってや。

ネット警察に出入りしてたナビが不良少女の訳ない

 本日放送のきらりんは想定の範囲内であった。もっとドキドキさせてくれよう。エリナちゃんは弓矢で戦った方がいいぜ。申し訳ないっ!

彼らは本気だ!

 どうやら、インド&パキスタン料理シディークが開店に向けて動き出したようだ。ついに、改装工事が始まるのか?まだ設計・施工業者による現地調査の段階なのかもしれないが、彼らはとにかく一歩踏み出した。シディークは本気だ。

史上7位タイの大記録は来週以降に持ち越し

 今週は、ハロプロ。史上7位タイの大記録に挑んだ月様であったが、今回は新曲が多かったのと、アルバム発売の情報が浸透したため、『バラライカ』は残念ながら週間チャートで100位以内には入れなかった。しかし7万枚とはよく売れたものよのう。新発売のアルバム『★★★』のジャケット写真をみればわかるが、月様は本当にプロのアーティストらしい自信に満ちたいい表情になった。まだ中学2年生、これからどんなスーパーアイドルになっていくか、楽しみだ。えへへへへ。つんく♂さん、よろしくねっ!
つんく♂:なーななー

 あとそうだなあ、気になると言えば、しょこたん部長ね。うん、OK牧場。『ストロベリmelody』は53位に残ってるよぅ。累計1.3万枚まであとほんの1つまみ、料理番組で言うお塩少々の少々くらいのもんやな。

 キティの姉御は67位。3週目にしてまだ2000枚超の売上を記録するとはさすがよのう。まだ40歳だから、少なくともあと5年はいけるな。

 あとは、「ひだまりスケッチ」の『芽生えドライブ』(marble)が約2400枚で64位に入った。ビミョーだな。
 同じLantisから発売された宮崎羽衣『まもらせて…』は1712枚、81位と振るわなかった。知名度がまだそれほどでもないということか。

 最後に、これも何かの縁なんで言及しておくと、紅頭巾でおなじみ天童よしみお姉様は今回も3000枚超で51位と安定している。ギザすばらしス。

 アルバムはaice5と水樹奈々がそれぞれ4000枚を突破して、2.2万、5.5万とした。水樹奈々を何て呼んだらよろしいか、まだ悩んでて、まいったねサカタのタネ。なーさんか?
 椎名へきるも初動4000枚強で50位に入った。今年はビッグウェーブが来そうな予感するな、うん。

2月は大ヒットが少なかったアニメDVD

 最近、毎月20日過ぎになると、むやみやたらとアニメDVDが発売されることが多い。そういうわけで、先週発売されたもののランキングをみてみよう。売上的には、ガンダムとコードギアスは強かったが、あとはいまいちぱっとしなかった。

1 機動戦士ガンダム SEED DESTINY スペシャルエディション『自由の代償』
2 コードギアス 反逆のルルーシュ vol.2
3 Kanon(2)
4 FREEDOM 2
5 DEATH NOTE Vol.3
6 シンデレラⅢ 戻された時計の針
7 ローゼンメイデン・オーベルテューレ 初回限定版
8 舞乙HiME Zwei スペシャルパッケージ2
9 劇場版 遥かなる時空の中で 舞一夜(豪華版)
10 機動戦士ガンダム/第08MS小隊 5.1ch DVD-BOX

 11位の「救世主伝説北斗の拳ユリア伝」惜しかったな。今度は「とんち伝説北斗の拳マミヤ伝(だけど喧嘩はからっきしだよ編)」よろしくたのんますわ。最後に「は〜い。おもしろかった?じゃあね。」を付けるのを忘れずにね。

2007年3月 1日 (木)

ワタルくんはリカちゃんの元カレ

 今日もついつい「渡る世間は鬼ばかり」をみてしまった。
 ドラマなもんで、まあいろいろ不備があるわな。徳重くん、キミはまだ1級建築士試験は受けられないぞ。大学の建築学科を出てない設定のようだから、まず2級建築士の資格をとらないとな。2級を受けるにも、実務経験が全然足らんのではないか?登場人物が口々に1年や2年でとれるようなことを言っているが、そんな簡単にとれる資格のように扱うとは、姉歯くんもびっくりだ。野村真美が38歳っていう設定にも無理あるしな。

 ま、調べてみたら受験資格を得るのはたいへんだということがわかったお。建築家になりたいお歴々はご参考まで。

【1級建築士試験の受験資格】
1 大学(旧制大学を含む)で建築又は土木の課程を修め、かつ、建築に関する実務経験が2年以上である者
2 3年制の短期大学(夜間部を除く)で建築又は土木の課程を修め、かつ、建築に関する実務経験が3年以上である者
3 2年制の短期大学で建築又は土木の課程を修め、かつ、建築に関する実務経験が4年以上である者
4 高等専門学校(旧制専門学校を含む)で建築又は土木の課程を修め、かつ、建築に関する実務経験が4年以上である者
5 二級建築士の資格を有し、かつ、建築に関する実務経験が4年以上である者
6 その他国土交通大臣が特に認める者

【2級建築士試験の受験資格】
1 大学(旧制大学を含む)又は短期大学若しくは高等専門学校(旧制専門学校を含む)で建築の課程を修めた者、又は土木の課程を修め、かつ、建築に関する実務経験が1年以上である者
2 高等学校(旧制中等学校を含む)で建築又は土木の課程を修め、かつ、建築に関する実務経験が3年以上である者
3 建築に関する実務経験が7年以上である者
4 その他都道府県知事が特に認める者

早くも今年の紅白のおはなし

 昨年のNHK紅白歌合戦が、圧倒的な史上最低の視聴率となったことは、皆々様もご承知のことと思う。裏番組に格闘技イベントは1つしかなく、「格闘技ブームに押されて」という言い訳が成り立たない中での不調に、関係者も頭が痛いところだろう。ビデオリサーチ社がBSや地デジのデータをうまく取り込めていないという疑惑もあったが、関係筋の情報ではそんなことはないという。一家に複数のTV受像機というのが当たり前になったり、核家族化が進んで年寄りのいる世帯の比率が下がったことが影響していないとは言わないが、昨年との比較でも下がり方が激しすぎて、それだけですべてを説明できるとは思えない。
 やはり、企画のまずさもあっただろう。いまだにアニメを幼児のものだと思っているふしがある。2006年だけで総計30万枚を超える売上を叩き出した国民的アイドルSOS団を出さなかったセンスの悪さも原因の一つなのだが、NHKはまったく気付いていないようだ。
 今年はどうなるだろうか。一般にNHKは視聴率を気にしない局だと言われているが、それはとんでもない誤解である。NHKほど視聴率を気にするところはめったにないだろう。(「NHKは視聴率が低くても局員として高給を食める」と言うてる評論家先生がおるけど、NHKの給料、フジテレビの半分以下やで)スポンサーレスの有料放送だけに、視聴率がその番組の存在価値を示す唯一絶対の指標になってしまう。これに対して、無料放送をしている民放の場合は、どんなに視聴率が低くてもスポンサーの売上に結び付けばそれでよいのだ。だからこそ、テレビ東京あたりで視聴率2%のアニメが成り立つのである。
 NHKは視聴率を気にしすぎるあまり、企画・制作に自ら制約をかけすぎて、ぎこちなくなっている。このへんの事情は選挙と同じように感じる。幅広い支持を得ようとして綱領まで変えた政党は惨敗し、どんなに利権まみれで正義のせの字もないいかにも自民党的な原理原則に凝り固まった小泉純一郎が大人気を博したことを思うと、NHKも視聴者不在と言われようが何だろうが自分達の思うところをそのまま視聴者に叩きつけてみたらいいと思う。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »