無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« そういえば、実名報道してもよかったのかなあ? | トップページ | マニフェスト配るプリキュア5 »

2007年4月 8日 (日)

殺しはあかんよ

 昔からそうなのだが、「殺してスッキリ!」というアニメはどうしても人気が出る。いろいろのアニメ批評を観察していると、「~は死んだ方がよかった」「~が死ななかったのは納得できない」などの記事が目立つ。暴力や弱い者いじめが嫌いな小生としては、この状況をなんとかしなければならないと思う。

 善が悪を滅ぼすのがどうしていけないのか、という意見も出てくるだろうが、こうした考え方が、多くの国で戦意高揚に利用されてきた歴史的経緯を鑑みると、「殺し」モノがうける今の状況は危険な感じがする。
 暴力はだめだと規制をかけるのはもってのほかだが、漫画・アニメの作り手も、スポンサーも、「殺し」について、少なくとも軽々しく扱うことのないようにできないものだろうか。

 殺戮シーンなしに人気のある作品を作っていくのは大変難しいことではあるが、これこそ作り手の腕のみせどころであるのだから、ぜひ、頑張ってほしい。

« そういえば、実名報道してもよかったのかなあ? | トップページ | マニフェスト配るプリキュア5 »