無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« 俊足ハムスターめがねくん | トップページ | 水樹奈々、やった、オリコン2位! »

2007年4月25日 (水)

若者に期待したい

 「官民格差」と言って賃金の比較をするとき、公務員は正職員のみの金額、民間はアルバイト・パートを含めた全従業員の金額を出している。しかも、公務員は月給をそのまま、民間は年収を18で割った値を月収として比較している。公務員の収入には農業所得を給与額に上乗せして表示していることも多い。「年金優遇」に関しても、掛け金0、税金を使って支給する旧恩給制度と、現行制度の平均をとって表示しているため、公務員が特別にいい思いをしているように見えてしまうだけである。こうしたでたらめな根拠のもとで行われている改革を大歓迎して、民間の労働強化を助長しているバカ労働者が多いから、格差がどんどん拡大しているのだ。役人どもを「懲らしめた」爽快感だけのために、自分達の首を絞める改革を応援する自虐的な労働者が蔓延している日本、この先どうなることやら。
 しかし、一筋の光明は見えた。今年の高校生意識調査で、公務員になりたいと答えた生徒が前回8年前の31.7%から、9.2%に激減した。良い傾向だ。なかには、声優になりたいと答えるのが恥ずかしくて公務員と当たり障りのない回答を偽装した生徒もいるに違いないから、実態としては公務員志望者の割合はもっとずっとひくいだろう。本気で公務員になりたいと言っている奴は、親が公証役場を経営していてあとを次ぐつもりなのだと思う。

« 俊足ハムスターめがねくん | トップページ | 水樹奈々、やった、オリコン2位! »