無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« 黒い瞳のメガブルー! | トップページ | あれ? »

2007年4月10日 (火)

無責任な政治とアホな国民

 石原慎太郎の直接の勝因は膨大な組織票をもつ集票組織に危機感が生じ集票力が増したことだが、本人の特性としては決して都政を私物化していたという指摘を全て突っぱね、決して反省も謝罪もせず尊大な態度をとり続けたことが挙げられる。マスコミも選対本部長も石原は十分反省し低姿勢を貫いたとしているが、これはただ「公金の私物化なんておまえらが勝手に誤解・思い込みをしているだけだ」と言うのに丁寧な言い方をしていただけで、謝ったわけでも反省したわけでもない。もし、謝罪をしていたら、石原は忽ち「弱い者」に転化して、悲しいくらいの得票で落選していただろう。日本人は弱い者虐めが大好きだし、負け組についていくような奇特な組織はほとんどないからである。要するに、有権者は石原にバカにされ、ナメられたわけだが、それに気付かないのだからしかたがない。
 ナメられているといえばこういうこともある。自民党政治は昔から一貫して無責任で、自分たちが不正をはたらいても、ごり押しした政策の結果が悪くても、秘書のせい、役人のせいと必ず他人のせいにしてきた。「官尊民卑」という何百年も前の帝政時代の中国の話を無理矢理現代日本に当てはめた中曽根行革で役人主導から政治主導にすっかり切り替えたはずだしそう宣言したのに、その後になっても「官製談合」などの造語を活用して、役人が悪い、官主導から民主導にしろと言い出す始末である。しかもその「民」というのも、民衆の「民」でも国民の「民」でもなく、民間企業経営者の「民」という一般人には雲の上の人のことなのに、日本国民はその「民」を自分達の感覚と同じか近いと勝手に思い込んで支持してしまっている。民間企業の労働者の労働条件を切り下げるための改革とも知らずに。

« 黒い瞳のメガブルー! | トップページ | あれ? »