無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« 明日の朝は、テレビにまっしぐらだよう☆彡 | トップページ | ほっちゃま8位、月様2位! »

2007年5月 8日 (火)

スポーツ特待制度は私学にとって重荷である。

 高校野球の特待生問題について考察してみた。週刊新潮は、高野連を「アホバカ」「アカ」呼ばわりしているが、そのバッシングはまったく的はずれなものだと思う。
 本当は私立校の側が、スポーツ特待をやめたがっているのではないだろうかと推測する。昨今の著しい少子化と補助金大幅減額により、私学経営は極めて厳しくなってきている。スポーツが強いからといって宣伝になるわけでもなく、スポーツ選手の授業料減免などとてもできる状況ではない。だからといって、学校側から特待制度をやめたいと言い出したら角がたつ。そういうわけで、「お上」から号令をかけてもらうという体裁をとったのではないだろうか。高野連から脱退して「第2甲子園」などやってしまったら、私学という私学が忽ち経営破綻するのは目に見えている。週刊新潮には経営感覚を研いてもらいたいものだ。

« 明日の朝は、テレビにまっしぐらだよう☆彡 | トップページ | ほっちゃま8位、月様2位! »