無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« 社会保険庁に殺された徳光和夫 | トップページ | アーさんにっき »

2007年6月14日 (木)

何回やってんの!公務員制度改革

 「天下り」がなくなれば、「官製談合」がなくなるっていうロジックは、すんげーごまかしだナ。「先送りするわけにはいきません」と叫ぶ安倍晋三だが、何年か経ってまた問題が起こったら、「戦後これまで公務員制度にいっさい手をつけてこなかった」ことにして、公務員制度をいじるんだろうナ。日本人の忘却能力は世界一だもんナ。「国民よ、怒れ!」の掛け声で、政府が人気取りするためのごまかしが何度でも繰り返される。国民はいいように遊ばれちゃってるんだよ。

 今日はコムスンの介護労働者達が、厚生労働省は介護事業を国民に押しつけた責任をとれというひどい運動を起こした。介護事業を国民に押しつけたのは、当時の厚生省ではなく、自民党・社会党・新党さきがけ連立政権だったはずなんだが。それも、厚生省の役人が一丸となって猛烈に抵抗するのを政治主導ではねのけ、民間に介護事業への参入の道を切り開いた、すなわち「役所・役人の分厚い壁に風穴を開けた」はずだったのだが、いつの間にか役人のせいになっている。激しく反対していた人たちを責めるとは、本当にすばらしい忘却能力だ。おフランスでは、ありえませんわ!

« 社会保険庁に殺された徳光和夫 | トップページ | アーさんにっき »