無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« 政治家。 | トップページ | おジャ魔女はそこにいた »

2007年9月10日 (月)

ガラオックスのデザインって、ライダーというより戦隊風のダサいデザイン。

 「仮面ライダー」第98話(最終回)。ゲルショッカー首領は、仮面ライダーに本部アジトに踏み込まれると、何ら抵抗するコトなく呆気なく自爆した。しかもその「首領の正体」はまるでデク人形のようナ動きだった。人質をとってまで首領の居場所を教えておきナがらこの結末ってのも何か引っ掛かる。V3の第1話で、首領のとっつぁんの声があれは仮の姿だと説明していたのではあるが、どうも腑に落ちない。V3最終回に出てきたデストロン首領は、がたつく台車の上でプルプル震動しているだけの骸骨だった。これはもう、首領が「仮面ライダー」の途中で死んでいたと考えるしかナいだろう。首領の正体怪人としてもっとも有力ナのがナメクジキノコだ。状況証拠はいくつもある。声が違うとツッコミ入れるヒトは「仮面ライダー」をちゃんとみていナい→幹部の人間体と正体怪人の声が違うのはいつものコトだお。
 ・筑波山麓のにせ基地内ではショッカーライダーが戦
  っているのにナメクジキノコは高見の見物。明らか
  に統率者。(ショッカーライダー1号とエイドクガ
  ーは互いにタメ口だったため同格なコトがわかる)
  仮面ライダーと積極的に戦おうとしない、それどこ
  ろか戦うのを故意に避けている感じだった。
 ・ナメクジキノコは初登場なのに「今度こそ仮面ライ
  ダーをかたずけてやる」と仮面ライダーと長らくの
  抗争をしてきたようナ発言をしていた。
 ・そして、何よりも決定的ナのは、ナメクジキノコが
  登場した第94話のタイトルが「ゲルショッカー首
  領の正体!!」。通常、その回の中心とナる怪人が
  タイトルにナる。
以上
 ブラック将軍が「ナメクジキノコ、出動だ!」と言ったのは命令ではなく、景気づけの意味合いがあったと解釈できる。デープの奪取に失敗し人質までとられたブラック将軍を、どう責任をとるのかと追及していたくらいだから、首領が「オレが陣頭指揮を執る!」と言って自ら出動したとしてもおかしくナい。

 余談だが、アンチショッカー同盟の4人の命が犠牲にナるほどの激しい争奪戦を繰り広げた「ゲルショッカー首領の正体がわかるテープ」は何の意味もなかったナ。しかも、アンチショッカー同盟のコグレさんに化けたナメクジキノコが読み上げたテープの内容はなななーんと首領の居場所だったのだが、藤兵衛や滝はともかく、アンチショッカー同盟の唯一の生き残りの女とかIQ600の本郷猛がそれで納得してしまったのはどういうコトなんだ?藤兵衛が「本当に、ゲルショッカー首領の正体がわかるんですね?」と念を押しているってのに。ヘボ策略に引っ掛からナいためにはIQ1300のルチ将軍を連れてくるしかないのか?
 そして、次の回にナると、あんナにこだわっていたゲルショッカー首領の正体にすっかり無関心でガラオックスと通常のたたかい。その次のサボテンバットも通常回。そしてブラック将軍の正体怪人ヒルカメレオンが出てきて最終決戦へという、まさか制作の都合で放送順が入れ替わったんじゃナいだろうナ?と勘繰ってしまいたくなるようナ、不思議ナ最終盤の展開であった。

 あ、ガニコウモル忘れてた。

« 政治家。 | トップページ | おジャ魔女はそこにいた »