無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« 日本だけ特別ってわけにはいかナい。 | トップページ | まんだらけ。 »

2008年4月16日 (水)

みんなまた改革に騙されるんだろうな。だって、日本人ですもの。

 ホラ、だからいつも言ってるでしょ。公営住宅建設をやめればどうってコトナいの。あと、道の駅ナんかも、スゴく無駄ナところが多いよねえ。
 駅といえば、無駄というか邪魔というか迷惑施設でしかナいエスカレーター。議員先生方は障害者やお年寄りのためだと説明しているケド、エレベーターがあるんだからエスカレーターは要らナいんじゃないの?わざわざ階段を狭くして昇り降り通路の混雑をつくり出しやがって、結局、障害者やお年寄りの役に全然立ってナいし、一般利用者にとってもストレスやトラブルの元だ。議員先生方って、ラッシュ時に通勤したコトがナいんだろうナ。駅のエスカレーターがどんナひどい状況にナっているか、こっそり体験してみるがいいわさ。
 それはそうと、五十嵐教授のいうコトも間違ってる。省益とか役人の既得権ナんてものは実在しナいコトにいいかげん気付かないと、またまた改革に騙されてひどい目に遭うよ。改革ってのは政治の責任放棄だから。


国内道路財源「拡大解釈」、自治体への交付金でハコモノ600件

 国が道路特定財源などを使って区市町村の都市再生事業を支援する「まちづくり交付金制度」で、2004~07年度の4年間に、観光交流センターや多目的ホール、公営住宅など“ハコモノ”の建設が600件を超えていることが読売新聞のまとめでわかった。
 交付金に占める道路財源の比率は年々増加し、7割に達している。道路整備とセットにしながら道路財源の使途拡大が着々と進んでいることを裏付けており、専門家からは「無駄遣いの温床」と厳しい批判が出ている。
 五十嵐敬喜・法政大教授(公共事業論)の話「国交省が道路財源の余剰分も使い切り、既得権を守ろうと、使途拡大に汲々としているのは明らか。申請内容の吟味も甘くなりがちで、公費のばらまきに近く、無駄遣いの温床をつくっている」(読売新聞4月16日)

« 日本だけ特別ってわけにはいかナい。 | トップページ | まんだらけ。 »