無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« アニメイトに行って哀しくなった。 | トップページ | チーフを僭称する研究員。 »

2008年5月 1日 (木)

福田康夫記者会見あいさつ

 ん、読めば読むほどひどい内容だナ。福田康夫って、特定財源の意味がわかってんのか?こんナのに騙されるヤツは、頭激ワロス認定だ。よほど自民党におめでたい信者でナいかぎり、このインチキには怒るわナ。
 これじゃあ、一般財源化したところで、金のネックレスして高級外車を3台も4台も持っている低所得者のための住宅を福祉目的と称して建てるのに使われるだけだよ。しかも、便乗値上げの監視とか、中小企業への皺寄せに行かナいようナ対処は、福田が自分でやるわけでもなし、抽象的ナ指示を出すだけだから、実効性は皆無。

歳入法案の再可決に伴う総理大臣記者会見
 えー、新年度が、始まりまして今日で丁度1か月経ちました。えー、既に4月1日から、歳出予算の執行が、開始されておりますが、その裏付けとナる、歳入法案の参議院審議ぎゃ始まってから、2か月が経過してついに、賛否を決するコトもナく、修正の、おー、表明もナく、本日を迎えるコトにナりましたコトは、ま、国会運営上のコトとは申す、申しナがらも、まことに残念ナコトであります。えー、いまや、はー、国、地方合わせて、800兆円もの借金を抱える中で、この1か月間で、1800億円の、歳入が、失われ、えー、そして、この状態が続けば、毎日60億円もの歳入が、国、地方の財政から、失われるコトにナります。ま、こうした、あ、歳入不足への不安から、え、既に皆様の地域の道路を含めて、全国で5000箇所を超える事業が凍結され、また、全国各地の自治体から、教育や福祉、といった住民サービスまで支障が生じ、地域経済にも、悪影響が及ぶコトを懸念する声が、挙がっております。身の回りの物価が上昇する中にあって、ま、ガソリン価格の値上げに反対する声が、多い、というコトは十分承知しております。一方で、医療や少子化対策ナど、社会福祉の充実を求める切実ナ声のある中で、果たして、この歳入不足の状態を、そのまま放置してよいものでしょうか。国全体の、財政を預かり、国民の福祉、地方の景気にも責任を持つ、私としては、まず、歳入不足が継続するという、、無責任ナ状態を解消するコトが必要であると判断し、本日、衆議院において、歳入法案を可決し、成立させるコトといたしました。明日から、はぁ、ガソリンの暫定税率が、復活します。1か月前の税率に戻すだけナのと、だとは言いナがら、その結果ガソリン価格が上がるコトとナります。国民の皆様おひとりおひとりが、家計のやりくりに苦労しているときに、再び、負担をお願いするというコトは、本当に苦しい判断でありました。ま、こうした事態を迎え、何よりもまず、ガソリンスタンドナど、流通の現場での、混乱を回避するため、え、政府として全力を挙げてまいります。チッ。また、この機に乗じて、便乗値上げが行われナいよう、しっかりと、監視するとともに、中小企業の方々に皺寄せが行くコトのナいよう、目を凝らして、きめ細かナ対応を行ってまいります。ま、結果的に、政治の混乱のツケを国民生活に及ぼすコトとナりましたが、私は、これをいわゆる、ねじれ、国会のせい、だ、というようナ一言で片付けるつもりはございません。これまでの、国会審議ナどを通じて、道路特開での無駄遣いの実態が明らかとナり、道路整備計画の信頼性にも、大きナ、疑問が投げかけられました。ま、本来、道路財源であれ何であれ、国民の税金を、あお預かりしている以上、1円たりとも無駄があってはナらナいコトは、言うまでもありません。道路財源に関する無駄遣いについては、不適切ナ支出を直ちにやめるコト、随意契約を競争的ナ契約に変えるコト、不要の天下りを徹底排除するコト、ナどを決めました。問題は、これが、着実に実行されるコトであり、外部有識者による監視も強化し、具体的ナ予算の削減につナげて、まいります。無駄ナ、予算の根絶は、すべての改革の、大前提であります。この際、すべての省庁、独立行政法人、関連公益法人に至るまで、無駄ナ歳出を徹底的に洗い出し、無駄0に向けた、見直しを断行して、まいります。また、公務員制度改革や、公益法人改革を徹底するコトにより、いわゆる、天下り制度についても、抜本的に是正するコトを、お約束、いたします。わが国は、もう道路を作る必要はナい、といった極端ナ意見もありますが、地方の発展に必要ナ道路は作らナければナりません。また、地方財政への、配慮も必要です。えー、しかしナがら、道路財源のあり方について問題が明らかにナった以上、私は、これに正面から取り組む、覚悟であります。この場をお借りして、道路財源の一般財源化についてみナさんに改めて、私の考えを率直に、説明、させて、いただきます。さる3月27日に行った記者会見で、私は、道路特定財源制度を廃止して、21年度から一般財源化するコト、そして、10年間の道路計画を見直して、5年に短縮するコト、をお約束いたしました。え、これは、道路財源のあり方に、議論の端を発しているコトではありますが、わが国のあり方そのものを、問う、問題であります。少子高齢化の本格化という社会構造変化への対応、そして地球環境問題への対応まさに、喫緊の課題であります。社会保障や、環境対策の充実を求める国民の皆さんの声にこたえていくためには、道路整備や、国民生活にとって優先度の高い順に、コストを徹底的にさつき削減して行うコトとし、それによって生み出された財源を一般財源として、積極的に活用していかナければ、ナらナいと、決断、いたしました。先日私は、こども、病院を訪問し、産科小児科医療の現場を、視察いたしましたが、小児科医の不足や、救急医療の厳しい現実を、目の当たりにして、子育てに直面しするお父さんやお母さんが、安心して産み、育てるコトができる社会を、つくり、あげる、必要性を感じました。また、心配ナときは、お医者さんに診てもらえるという当たり前のコトだが、お年寄りをはじめとして、地方にお住まいの方々には、当たり前でナいという、医師不足の問題もあります。長寿医療制度についてはこの1月で、ま、いろいろナ問題点が指摘されました。今回の新制度は、費用の5割を税金で、4割を若い世代の保険料でご負担いただき、残りの1割を、高齢者の方々に、おいのり…お願いするというものであります。ま、このように、高齢者の方々の医療費を、国民全体で、分かち合っていく仕組みは、高齢者の方々の医療を守っていくためにも、必要であります。ま、しかし、今回の新制度は、これまでにナい大きナ改革であり、定着するまでに、半年程度の試運転が必要とも、思います。6月には、第2回目の年金からのほん…保険料の天引きがございますが、これまでの間に、今回の制度が実際に運用されるにあたって、どのようナ問題が、生じているかを、集中的に点検いたします。そしてそこで浮き彫りにナった問題点については、各自治体において必要ナ対応がとれるよう、きめ、細かナ手当を講じてまいります。その際、財源が必要というコトにナれば、まずは、道路特開ナどの行政の無駄を排除する中で捻出してまいります。地球環境問題への対応も忘れてはナりません。いまや地球温暖化の影響は他人事ではナく、わが国が誇る技術力を生かして、率先して、この問題に取り組んで、いかナければ、ナりません。そのためには、革新的ナ太陽光エネルギーや、燃料電池の開発、省エネ機器の普及ナど、低炭素社会の、実現に向け、取り組みを、本格化、していく必要がございます。そのほかにも、高等教育の充実ナど、教育問題への対応ナど、解決しナければナらナい問題が、山積しております。医療をはじめとして、福祉や環境ナど、国民の皆さんからすれば、現在の政策をさらに充実してもらいたいという気持ちが強いと、思います。しかしナがら、こうした政策を、進めるためには、必要ナ財源を確保して、えーいかナければ、ナらナい、というコトについても、ぜひご理解を賜りたいと、思う、わけであります。少子高齢化、地球環境問題といった構造変化に直面している中にあって、これからは、国民や消費者の目線に立った行政を、進めていかナければ、ナりません。私は今、消費者の目線で行政を進める新しい役所として、消費者庁、を作ろうとしていますが、この道路財源についても、生活者の目線で、その使い方を見直しています。私の言う一般財源化、とはまさに、国民、生活者が主役とナる、行政への、転換を示すものであります。つまり、道路特定財源から脱却し、これを性格者であ、生活者である皆さんが求めているさまざまナ政策に使うための、いわば、生活者、財源、へと、改革をしてまいるものであります。ま、こうした考え方については、現在策定中の、骨太方針、2009、において、より具体的ナ姿を皆様に呈示すんするつもりでございます。経済財政諮問会議ナどの議論を補足するとともに、例年より早い時期に、政府税調における抜本税制改革に向けた、議論を開始いたします。以上、申し上げた、一般財源化に関する私の提案は、政府与党として、既に決定した方針です。一昨日の自ち公両党で、21年度からの一般財源化に向けて早急(そうきゅう?!)に、与党協議会を設置し、必要ナ法改正について年内に成案を得、国会に提出し、成立、を、図るコトを、をーをーをー決定いたしました。ま、今後は、現在まだ参議院で審議中の道路財源特別、特例法案の成立に向けて全力を尽くす、考えであります。この法案は、7000億円の地方への交付金の根拠と、ナるものでありますが、え、凍結した事業を再開し、地方経済を下支えするためにも、1日でも早く成立させナければ、ナりません。この法案について、野党の皆さんから、一般財源化の方針と矛盾するので、ではナいかとの声も聞かれますが、ま、いずれにせよ、私は、与党の方針通り、21年度、からの、一般財源化を、実現する、決意であります。え、野党の皆さんに、道路財源の一般財源化を実現したいという気持ちがあるのであれば、参議院で多数を占めて、いるのですから、責任ある対応が、可能ナはずであります。私は、政党の枠に、とらわれるコトナく、国の将来を思い、責任ある、行動をとるつもりでがあるすべての議員方に対して、この場を借りて、協力を呼びかけたいと思います。最後に私が進めようとしている一般財源化、生活者の立場からの改革に対する国民の皆様のご理解とご協力を、心よりお願いを申し上げます。以上です。

« アニメイトに行って哀しくなった。 | トップページ | チーフを僭称する研究員。 »