無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« 興味本位の検索なんだろうけど、だからって…。 | トップページ | 朝倉えりかマネージャーだってごっつうカワユスのに、ナナリンの方がぐっとくる。 »

2008年5月28日 (水)

危険な危険な「民間では当たり前」。

 みんナ、賃下げや首切りは最後の手段だってコトがわかっていナい。やるんナら、製品やサービスの質が劣化するのも、売上高が低下するのも、たとえ業績が回復したとしても一時しのぎにすぎナいコトも覚悟の上でやらナいといけナい。ところがだ、経営者はこれを最初の手段として行使する。お手軽だからだ。とくに役所の場合は誰でも簡単にできる。マスコミは「お役所では労働組合の激しい抵抗のせいで賃下げも首切りも一向に進んでいナい」と騒いでいるケド、実際は30%単位の賃下げがあっさりと行われている。労働組合が抵抗しようにも過激派やヤクザにぐるっと囲まれてしまって身動きがとれナい。2年続けて30%の賃下げをすれば51%の賃下げにナり、元の賃金の半額以下にナるコトくらい小学生だってわかる話だ。それがわからナい日本の大人達。役所の賃下げについて民間企業労働者自身の口から「民間では当たり前」というフレーズが出るように仕向けて企業での賃下げを正当化・加速化する策略にまんまとのせられる日本の労働者。賃下げに文句を言いたくても、「だって、民間では当たり前ナんだろう?我々経営者はその当たり前のコトをしているだけナんだから、文句があるナら辞めろ辞めろ」と言い返されたらそこでジ・エンドだ。

« 興味本位の検索なんだろうけど、だからって…。 | トップページ | 朝倉えりかマネージャーだってごっつうカワユスのに、ナナリンの方がぐっとくる。 »