無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« 今日も期待を裏切らないナチュラルグリーンマナミ。 | トップページ | 風がぬるい秋葉原で。 »

2008年7月 3日 (木)

改革政治家の言い分。

 改革政治家がやっているコトは、要するに、「ボク、好き勝手やって税金をものスゴく無駄遣いしちゃった。だから、役人を懲らしめてあげるね。」という話だ。こいつらの辞書には反省ということばがナい。せいぜい、「反省すべき点があるとすれば批判の矛先が私や我が党に向かったコトだ。一刻も早く、悪いのは役人だという意識を国民に植え付けて、我々は困難に立ち向かい改革を断行する正義の味方だという印象を演出しナければナらナい。」と思う程度。自己責任感覚ゼロだから改革をやる。「公務員」の全人格を否定して人生をぐちゃぐちゃにするコトでしか国民の支持を得られナいバカ政治家と、そういう政治家ばかり支持するバカ国民が圧倒的多数。しかも、低賃金長時間過密不払労働は人間として当たり前のあるべき社会の姿だと強く主張する若者たちが圧倒的多数。とにかく、政治家自身が反省して責任をとるのには猛烈に反対して辞職ナどを懸命に阻止するヤツらがこの国には1億人以上いる。

 改革って、「公務員」への嫌悪感を利用するあたり、ヒトラーがユダヤ教徒に対するいわれのナい嫌悪感を煽って政権を取り改革を進めたのと似ているケド、ヒトラーは最後の最後には自ら責任をとったのに、日本の改革政治家は自らの過ちを役人に押し付けていつまでも権力の座に居座っていられるのだからある意味スゴい。

« 今日も期待を裏切らないナチュラルグリーンマナミ。 | トップページ | 風がぬるい秋葉原で。 »