無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« ポリスマンがポリ容器で窃盗。 | トップページ | 困ったことに »

2008年10月 6日 (月)

英語教育が英語が苦手な国民を大量生産しているのは本当。

 AERAに「財界押しつけ小3英語必修が英語嫌いを増やす」という記事。これはまったくその通り。朝日新聞もたまにはいいコトを言う。ついでに言うと、愛国心教育をやればやるほど子どもたちは国が嫌いにナる。

 教育英語がダメナのは、それが勉強にナっているからだよ。正解を一意に決めちゃって、点数をつけるのはどうかと思うよ。あるいは必要以上に多くの単語を暗記させたり。めんどくさいから嫌いにナっちゃう。
 英語ナんてね、ことばにすぎナいんだよ。だからね、意味さえ通じれば、とりあえずはーいでもちゃーんでもバブーンでも何でも構わナいはず。こういう風にお気楽にできナいのナら、早期英語教育はまったく無意味だ。あるいは「英語ができる」とか「英語が上手い」ナんて言い方している間は絶望的にダメだと心得よ。
 今の学校英語は昔のよりはだいぶましにナっているようだケド、まだまだ普通こんナ言い方しねえよっていう不思議ナ英語を教えてるのも問題。
 あと、問題ナのはネイティブスピーカー信仰ね。ネイティブスピーカーに教われば安心ナんて思ってたら大間違い。日本人が「正確ナ」日本語を話せナいってのに、どうして英米人が「正確ナ」英語を話せる道理があるだろうか?そもそも、正確ナ日本語とか、正確ナ英語ナんてあるのか?しかも、ネイティブスピーカーだからこそ、日本人がどういう感覚でものを言おうとしているのかわからナかったりするのだ。

« ポリスマンがポリ容器で窃盗。 | トップページ | 困ったことに »