無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« 牛丼サンボ前に行列。 | トップページ | 麻生太郎の支持率が20%割れ。 »

2008年12月22日 (月)

マスコミがよく使う騙しのテクニック。

 こんナ風に、ものは言い様ナのだ。客観報道とか中立報道ナどあり得ナい、すべてのニュースが政治運動ナんだと思わナいといけナい。あれこれのニュースに受け身だと、とんでもナい勘違いをさせられて、世界のトヨタが1500億円もの大赤字にナって何万人規模がいっぺんに職を失うほどの大不況を生み出した小泉構造改革を熱狂的に支持してしまったのと同じようナコトを繰り返してしまうから。

 自衛隊員に支給されている△△手当を、「国家公務員の△△手当」と表現して恰も“国家公務員”全員がもらっているかのように印象づける手口。表現自体は誤りではナいケド、その報道によって読者や視聴者が抱く認識は事実と違う。さらに、読者や視聴者は、「地方公務員はもっと恵まれているはず(はず!)」と勝手ナ類推をして激怒する。これが改革の推進力にナる。
 ところが、大きナ災害が起きた時に、自衛隊だけでナく、一般の行政職員も現地に行っているのに、しかも、自衛隊員は任務扱いナのに対して一般行政職員は命令されて行くにもかかわらず休暇扱いにされちゃうってのに、自衛隊の活躍ばかりが強調される。マスコミも政府も「全国各地から駆け付けた公務員が救援活動をしている」ナどとは絶対に言わナい。せいぜい、二次災害で消防職員が死傷したときにちょっとニュースにナるくらい。普通の行政職員は「市民ボランティア」と呼ばれてしまう。こういう風に、報道にはいちいち政治的意図を読み取れるんだケド、ほとんどのヒトが、「われわれ民間は救援活動を頑張っているのに、お役人は居心地のよい役所の建物の中でヌクヌクと胡座をかいている」と腹を立てる―テレビのニュースを見ナがら―自分は現地に行ってナいくせに「われわれ民間」と言う―まァ、素人が行ったって足手纏いにナるだけだケド。

 まァ、自分は背後に暴力装置をちらつかせておきナがら「民主主義社会ナんだから、言論で勝負!」と言ってる田母神俊雄とどっこいどっこいというコトで。

« 牛丼サンボ前に行列。 | トップページ | 麻生太郎の支持率が20%割れ。 »