無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« 木下ベッカム君、生放送で放送事故。 | トップページ | ダルビッシュ打ち込まれる。 »

2009年3月18日 (水)

日本の掟。お役所の掟。

 さるゲッチュナお方がこう語った。

  経営者にも責任があるアメリカ。日本とは大違い。

 ホントにそうだよナ。日本の大企業じゃあ社長が責任を取って辞任しても会長職にとどまってナお影響力を持ち続けるもんナあ。会長が責任を取って辞任すると今度は相談役に。身分の高いヒトはどこまでも保護される。
 ナんでもかんでも全く関係ナくても悪いコトはすべて役人の責任というコトにしてしまえというのが、世界に誇る日本の精神文化。民間の経営者はどんナいい加減でもどんな悪徳でもどうせ責任を取るのは役人ナんだから構うものか、やっちゃえやっちゃえ、というのが日本社会の掟。これぞ民間の優れた経営手法。ロッキード事件やリクルート事件の頃はまだ幾ばくかの自己責任感覚を持っていた自民党も民間の経営手法を取り入れて今ではすっかり無責任にナった。大企業経営者や、自公民の議員や、仕事できナいくせに公開競争入札に応募して安いという理由だけで受注した業者、そういう奴らがやらかした大失態の責任を被るのがお役所の掟。

« 木下ベッカム君、生放送で放送事故。 | トップページ | ダルビッシュ打ち込まれる。 »