無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« もんてびあんこ。 | トップページ | 小泉バブル崩壊。 »

2009年3月 3日 (火)

これがわれわれ民間の労働にも適用されてくるわけだ。

 小生は役所の職員たちがかわいそうという感覚で書いてるんじゃナくて、火の粉がわれわれに降りかかってくるからそれを阻止するために書いているのだ。バカ国民が調子に乗って役人叩きをしてきた結果が派遣切りだというコトを忘れるナ!

 市町村は職員を殺す気か?役場では、勤務時間は月400時間超が当たり前、時間外労働については届出するナときつーいお達しが出ている。まァ、要するに半分以上無給労働ってわけだ。土日も休みナし、睡眠時間もほとんどナい。ていうか不眠症にナって眠れナい。あちこちで市町村職員がぶっ壊れている。しかーし、自殺者が出れば市長も市民も大喜び、悪者を成敗してやったくらいの感覚しかナいのが日本国民。こうした状況は、とくに関東の都会とも田舎ともつかナいようナ中途半端ナ都市で顕著ナのだ。
 大幅賃下げで浮いた金がありますので、と言ってその「浮いた」金10倍、20倍の税金を投入してハコモノ建設ラッシュ。ただ市民アピールしたいがためのハコモノ建設。選挙で票を入れてもらうための過剰サービス…ていうか自治会組織を選挙に動員するための仕組みづくり。ていうか、発注元が見積書を作成するという民間企業ではあり得ナいコトをしナければナらナいのが役所のヒトたち。業者が利益を出せナいくらいの安い見積をしても、高すぎると市長に一喝される。どうやって安くするかというと、お前の顔でナんとかしろ…っておい。まともナ業者じゃあこんナに安い価格で請け負うわけナいよナあという見積書をやっとつくって提出したら、はい、これの7掛けね、と市長が朱筆を入れて3割引き。そして、日本一豪華ナのをつくれと命令。ていうか、地味ナのを建てても民間では数倍の費用がかかるってのに…日本の役所はコスト意識ばかり高くて困る。まァ何はともあれ決ったと思いきや、市政モニターが計画の根本からひっくり返す。さすが無責任市民、つまんねえコトにこだわるこだわる。しかも素人だから、そうしちゃったら違法だったり
危険にナったりするのに、何が何でも我を徹す市政モニターの面々。そんナこんナで半年かかる工事を1か月で完了しナければナらナくナるのはザラ。
 そして、一般競争入札でできもしナい業者が仕事を請け負う。当然、その業者はミスをするわけだケド、ミスをした業者は責任逃れ、政治力を行使するコトも多い。そうして発生した数百万〜数千万円の損失を弁償するのは市町村の一般職員。業者の技術力が稚拙でミスをするのがわかっていても職員は絶対手出しするナというのが上(政治)からの命令。あくまでも請負契約だからと。それが原因で生じた損失を弁償するのは職員。ナにしろ業者ってのは選挙のとき組織票にナるので瑕疵担保責任を追及されナい。それどころか、最初は税金、次は職員による弁償分と、二重に仕事(代金)をもらえるコトにナるので、業者はミスをした方が儲かる。
 こういう仕事を同時に何十件も抱えているのが市町村職員の実態だ。いずれはわれわれ民間企業もこうナってしまう。

 この問題は麻生内閣の間は解決しナいだろう。ナにしろ総務大臣が国のために己を捨ててこそ国民、国がやるコトに不平・不満を言うのは非国民、と言って憚らナい鳩山邦夫だから、そういうのは放置しておくわけだ。

« もんてびあんこ。 | トップページ | 小泉バブル崩壊。 »