無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« マナミちゃんの出番がない日は寂しい感じのするおは☆スタ。 | トップページ | 「公務員」いじめという小泉時代の選挙対策を麻生も発動。 »

2009年5月 8日 (金)

117億円もの巨費を投じて国営漫画喫茶を建設する麻生太郎。ゴーマンかましてよかですか?と。

 これが麻生太郎の漫画好きの表れだと思ったら大間違い。麻生太郎は実は漫画が大嫌いというコトがはっきりした。
 国営漫画喫茶をつくって何をするかというと、アレだ、漫画文化を国策に取り込もうとしているわけだ。漫画をば、若者を洗脳し、支配するための道具にしようってコトだ。あのフジテレビだって、アニメとか幼児番組とかに限っては局のイデオロギーを打ち出すようナことをしてこナかったのに、麻生太郎はそれをやってしまう。
 そうして、日本中のありとあらゆる漫画が国策に沿った内容にナっていく。政府推薦の漫画と非推薦の漫画に選別されていく。表立って具体的ナ締め付けをしナくても、無言の圧力がかかる。あっちを向いてもこっちを向いてもこつまんねえ国策漫画だらけにナっていく。まさに、漫画文化の破壊行為である。
 日本では、漫画もアニメも自民党政府の意向に反して、反ファシズム、戦争反対、金権政治批判をずっとやってきた。おおむね、自民党の政策に反対する空気があった。それが民族意識を高揚させるための漫画とか、戦争やりたいですと言ってるようナ漫画とか、そういうのばっかりにナってしまうわけだ。

« マナミちゃんの出番がない日は寂しい感じのするおは☆スタ。 | トップページ | 「公務員」いじめという小泉時代の選挙対策を麻生も発動。 »