無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« おい、怨み屋。 | トップページ | 金曜ロードショー ヱヴァンゲリヲン。 »

2009年7月 3日 (金)

まさか自分が死ぬとは思わないから、死んだ後遺産がどうなるかなんて考えないのが普通だよね。

 故人献金で思ったんだケドさ、口座振替による自動引き落としって便利だケド危ナいね。
 今、独り暮らしが多いでしょ。とくに、不慮の死ナんてコトにナったらたいへんだよね。死んだ後も届け出るまでどんどん引き落としがされていく。脳卒中とかで長い間意識がナい場合も同じ。
 故人がどこにどういう預金をしていて、どことどういう契約をしているかナんて、遺族はナかナか把握できナいと思うよ。とくに若いうちはまさか自分が死ぬとは思ってナいから、預金通帳を親兄弟に渡していたり、クレジットローンや電話会社ナんかの解約方法を教えておいたりしナいよね。最近は、通帳を廃止している銀行も多いし、ISPや携帯電話会社ナんかとくにそうだケド料金請求通知とか領収書の発行を廃止しているコトが多いから余計に問題が起こりやすくナってるね。
 遺族が年老いた母親だったりして、田舎者ナもんで解約の仕方がわからずそのまま放置というのもあるだろう。郵貯銀行と農協くらいしか金融機関を知らナい年寄りも多いし。
 こうして、銀行の預貯金も各種の会員サービスも死亡届がされナいまま継続して、まったく使ってナいのに毎月毎月料金が引き落とされていくケースがどんどん増えていくと思う。
 10年間取り引きがナいので銀行から通知があっても、登録されている住所からはとうの昔に引き払っていて、その通知は結局銀行に戻される。ていうか、毎月、毎月、料金を引き落とされているので、何回か続けて残高不足のため引き落としができませんでしたというコトが起こらナいと金融機関の方も預金者が死亡しているコトに気付かナいと思う。たくさん預金のあるヒトは100年でも200年でも引き落としが続く。
 万が一自分が死んだとしたら、遺産を身内に渡したいと思うのが人情だろう。ところが、非婚化とか単身世帯化とかで遺産が遺族に渡りにくくナってきているのだ。少子高齢化というと子育て支援にばかり目がいっちゃうケド、こういう問題を政治は無視してはいけナい。

« おい、怨み屋。 | トップページ | 金曜ロードショー ヱヴァンゲリヲン。 »