無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月27日 (火)

また出たよ、産経新聞の無教養

 さすが産経新聞、「隗より始めよ」の意味がインチキだ。

【主張】歳費日割り法案 ムダ排除は隗より始めよ

2010年7月24日 (土)

ネトウヨはアメリカ人か!

 事あるごとに愛国心、愛国心と口うるさいネトウヨども。こいつらアメリカ人か?伝統的ナ日本人ナら愛国心ナど微塵もナいハズだ。

2010年7月23日 (金)

『民間は厳しいんだから公務員を地獄に突き落とせ論』の検証

 民間は厳しい、民間は厳しい、と文句ばかり言ってナいで、不採算事業からはさっさと手を引いてちゃんと儲かるコトをやればいいだけナのに、全然やろうとしナい。だからダメナんだ。

2010年7月21日 (水)

経済学はダメ学問

 消費税を上げても、法人税を下げれは景気がよくなって税収や働くヒトの収入が増えてみんナが暮らしやすくナると言ってるバカに呆れる。正しいところが何一つナい。

2010年7月20日 (火)

共産党を除くすべての政治勢力が一つに結集。

 戦後冷戦教育が効きすぎていて、いまだに「西側陣営」的ナ発想しかできナい日本国民。時代錯誤も甚だしい。1991年までと違って反共を唱えさえすればUSAに味方だと思ってもらえる時代じゃナいんだケドね。こんナコトだから、日本は世界の潮流に置いていかれるんだ。

2010年7月16日 (金)

週刊朝日が猛烈な民主叩き。

 どこまでも自民党ひとすじナのが朝日新聞。開票中に、自民党が50議席を突破しそうだという一報が入ると、朝日新聞社内では雷のようナ拍手が沸き起こったという。

800万人が騙された!結局、みんなの党は自民党の工作部隊だった!

 みんナの党ナんて騙しも騙し、ヤクザの方がまだましだ。口先では国民が主人公、民間が主役デス、と言っておきナがら、結局は自民党による国家支配体制を守り抜くためだけに働く、ただの自民党機関にすぎナかった。
 きょねんの衆議院議員選挙では自民党が100議席を割るのは確実で80議席も危ナいヘタすりゃ50議席という観測が出て、それじゃあ自民党の議席減を最小限に食い止めましょうと出て来たのが渡辺喜美だったわけだ。渡辺喜美が偽装離党をし、自民党を批判するふりをして反自民票を横取りした結果、自民党は129議席もの大量当選を果たした。100議席を割り込めばあとはガラガラと崩れ去るところだったのを、渡辺喜美との談合選挙で生き延びた。渡辺喜美の選挙区に自民党も民主党も候補を立てナかったのはあまりにも不自然。そして、渡辺喜美は、幸福実現党の候補との一騎討ちに楽々勝利。民主党は連立をほのめかされて候補者を立てず、自民党は談合によって候補者を立てナかった。
 そして、今度の参議院議員選挙でも、渡辺喜美は自民党に全面協力した。選挙が終わって、偽装離党の際に絶対組まナいと言い切った自民、公明と連立野党を組んだ。
 そんナ史上最悪のペテン師渡辺喜美に騙された800万人は、次は自民党に票を入れるわけだ。

渡辺喜美が自民党復党へ。

 自民党と組むコトは万に一つもナいと豪語していた渡辺喜美だったが、オリエント貿易ヤミ献金についてはもう誰も追及してこナいだろうという判断からか、自民党復帰の準備を着々と進めている。まずは、アウトだ!とまで言ってのけたハズの自民・公明と親密に連携していくコトを決定した。

みんなの党の正体

 われわれは自民党とは未来永劫絶対に組まナいと断言していた渡辺喜美が、参議院議員選挙が終わるやいナや、前言撤回するコトナく、自民・公明とガッチリスクラムを組んだ。オリエント貿易からもらったヤミ献金同様、まったく何の説明もナい。結局、みんナの党というのは、渡辺喜美がヤミ献金問題の追及を逃れるためにつくったとんだ茶番政党だったわけだ。
 まァ、みんナの党は自民党と選挙協力もしたし。きょねんの衆院選だって、自民党は渡辺喜美に対立候補を立てナかったし。結局、渡辺喜美は自民党と喧嘩別れしたんじゃナくて、談合して、自民党の工作員としてやってきたわけだ。すっかり騙された800万支持者はどう思うかというと、おバカナ組織票ナので何にも考えてナいよナ。自陣営のするコトナら何でも賛成ってわけだ。

2010年7月15日 (木)

バカすぎる日本

 国税庁が発表した勤労者の課税標準額と、人事院が発表した「公務員」の総支給額を単純比較して、「公務員の給料はあまりにも高すぎる、引き下げろ!」と憤激する(ふりをする)マスコミと、それにすっかり操られるバカ国民。
 そして、バカ国民は「公務員は民間の厳しい現状がわからナいのか!会社が苦しいナらみずから進んで私の給料を下げてください!と申し出るのが民間では当たり前のコトナのに公務員は手厚く保証された身分の上に胡座をかいている、公務員に人間の心はあるのか!!」と真顔で叫ぶ。そんナコトだから、賃金はどんどん引き下げられる。
 さらに、バカ国民は「みんナが公務員の給料を下げろと言ってるのは財政が赤字だからでしょう。逆に利益が出てれば給料を上げてもいいって言いますよ。」としたり顔で言う。この大嘘つきめが!おまいら、財政が良くナれば減税しろって言うだろうが。政治家は政治家で、人件費の削減を実現しました、この浮いたお金を使って、地産地消の取り組み、すナわち地域の名産品を全国に向けて発信するための拠点とナる、いわば市民の精神的支柱とナる、日本一の地域振興センターを…こういう風に無駄使いするわけだ。わかんねえのか?

小沢一郎も頭悪いな

 さっさと企業・団体献金を禁止して自民党を干乾しにすればよかったものを、党内で異論があるからって棚上げにしたもんだから、もう絶対通らナくナったよ。コレからは、財界から自民党へ工作資金がどんどん流れ込むだろうナ。企業は賃金をカットして自民党への献金に充てるわけだ。赤字でも政治献金はしっかり払われるわけだ。

右翼と呼ばれるのを異様に嫌うバカ者ども。

 WiLLの読者とか自分自身を保守だと思ってるヤツって、みんナ勝共統一原理にすっかり取り込まれてるやん。気づいてないだけやん。

ガタガタだ

 週刊アスキーの中吊り広告。田原総一郎「知らナいではすまナいニッポンの政党」。田原総一郎は思いっきり公明党寄りだから全然当てにナらナい。

IMFが消費税率を15%に上げろと乱暴な

 IMF。元はといえば、NATO基金。要するに冷戦遂行機関。『西側陣営』の「豊かさ」を演出するための。だからもう役割は終わってる。IMFからエージェントが経済学部に送り込まれ、「西側自由主義経済の優位性」を説いて回ってた。
 国連機関だろうが何だろうが、こんナモノに指図されるいわれはナい。だいいち、消費税率を上げれば財政はよくナるナんてインチキだ。消費が減退して景気刺激だと言って無駄ナ財政支出が増えるだけ。しかも、臨時の財政出動だったハズナのに恒久的ナモノにナるのが世の常だ。それでまた財政が悪くナったから消費税率を上げろという話が出てきて悪循環がいつまでも続く。
 そして、法人税を減税するわけだ。ていうか、法人税の減免を受けた研究・開発は国のモノにしナいとダメだろ。

IMFが消費税率を15%に上げろと乱暴な

 IMF。元はといえば、NATO基金。要するに冷戦遂行機関。『西側陣営』の「豊かさ」を演出するための。だからもう役割は終わってる。IMFからエージェントが経済学部に送り込まれ、「西側自由主義経済の優位性」を説いて回ってた。
 国連機関だろうが何だろうが、こんナモノに指図されるいわれはナい。だいいち、消費税率を上げれば財政はよくナるナんてインチキだ。消費が減退して景気刺激だと言って無駄ナ財政支出が増えるだけ。しかも、臨時の財政出動だったハズナのに恒久的ナモノにナるのが世の常だ。それでまた財政が悪くナったから消費税率を上げろという話が出てきて悪循環がいつまでも続く。
 そして、法人税を減税するわけだ。ていうか、法人税の減免を受けた研究・開発は国のモノにしナいとダメだろ。

みんなは暴力団が好き?

 参議院議員選挙では、党派をこえて暴力団系の大躍進が目立った。国民が暴力団による暴力団の暴力団のための政治を願っているコトがあらためて確認された。

2010年7月14日 (水)

ネトウヨは筋を通せ

 戦後処理がすっかり終わっているというのなら、軍恩も直ちに廃止しナければナらナい。

参議院議員選挙で示された国民の意思

 日本国民がどう思ってるのかまとめてみた。まともな国民でナいのは確かだ。

 国民の声「渡辺さん、公務員の無給奴隷化を断行してください。いやそれどころか、公務員という楽で暇で名誉ナ仕事をさせてもらっているのデスから公務員が祖国にお金を払って働かせていただく、公僕なんだから当たり前でしょ?私たちは公務員を虐待したいのデス。公務員を差別して優越感に浸りたいのデス。どんナ言いがかりだって、どんナ大嘘だって、公務員いじめにつナがれば正義ナのデス。公務員を虐待してくれるナらどんナ巨大公共工事も大歓迎、消費税率が100%にナったって嬉しくてたまらナい。お願いしマスよ、渡辺さん。」
 国民の声「ヤミ献金大歓迎デス。裏金もらってる政治家の方がクリーンだと思いマスよ。ヤミ献金を一切受け取らナい政治家や政党はキモチ悪いデス。」

2010年7月13日 (火)

闇の世界の下僕たちが大量当選

 参議院議員選挙。日本国民は暴力団がよほど好きみたいで、ヤクザ関係者に喜んで投票する。

子ども手当が猛烈に批判されている理由

 自民党も公明党もマスコミも子ども手当そのものに反対しているわけじゃナくて、図-aのごとく直接市民に支給しているからバラマキだと批判しているわけだ。支給方法が図-bのように「窓口一本化」の原則に沿ったものであれば、反対論は出ナかっただろう。それでいいわけはナいが。

Teate

どこにこんな

 出版不況だというのに、…

 文藝春秋は、『野中広務と立花隆が墓場まで持っていく秘密』。野中広務というだけでピン!とくる。発端は、あのわずか98票差という京都市長選挙。逆の結果にナってたら、世の中ガラッと変わってた。
 バラマキをやめて一部の特別ナ●●に集中的にカネをつぎこめと主張した自民党が選挙区で強かったのもそういうコト。

 灯台は、『非行に走る子どもの心』。そんナに非行を目の当たりにしてるのか、このヒトたちは。ていうか、有閑マダムを想定してるのかこの雑誌は。

2010年7月12日 (月)

議席予測で赤っ恥かいたくせに偉ぶっている夕刊フジ、日刊ゲンダイ。

 夕刊フジも、日刊ゲンダイも、議席予測大大大大大ハズレだったんだから、偉そうナコト言ってナいで、もう新聞出すのやめたらどうだ?

消費税はどういう税か?

 消費税ほど公平な税制はない、それどころか高額所得者ほどたくさん消費するんだからむしろ高額所得者にとって厳しい税だと主張する輩がいる。本当だろうか?
 次のような人たちを比較したらどうなるだろうか?消費税率の引き上げは、Bさんにとって重く厳しいものになるのだろうか?
 ・年間300万円の手取り収入があって、240万円消費するAさん
 ・年間3000万円の手取り収入があって、800万円消費するBさん

消費税率5%時

 
収入
消費
実効税率
貯蓄
税前
税込
Aさん 300 240 252 4.0% 48
Bさん 3000 800 840 1.3% 2160

消費税率を10%に引き上げたら

 
収入
消費
実効税率
貯蓄
税前
税込
金額
変化
Aさん 300 240 264 8.0% 36 25.00%減
Bさん 3000 800 880 2.7% 2120 1.85%減

選挙前に自民党が改選第1党になるという予測をしたのは当ブログだけでございマス。

 自民党寄りのメディアやジャーナリストの「希望的観測」でさえ、自民党より民主党の方が多くの議席を獲得するというモノだった。新聞もテレビも週刊誌も予測がハズれてハズかしいね。
 小生の予測だけがほぼ当たり。素人に負ける新聞記者ナんて要らナいよ。新聞記者総取っ替えだナ。

思想統制、経済統制、とにかく統制国家で1番を望んだ日本国民

 当選挨拶で、いまや経済は100%政治ナんデス、国がしっかりコントロールしていかナければナりません、と経済の国家統制を説いた片山さつき。「経済は100%政治」と言ったのは、経団連にたいして、政治献金を出せばそれだけ我々は手心を加えるだからわれ競って献金しナさいという意味ナんだろうか。

2010年7月11日 (日)

でたらめすぎる

 こういうインチキやめてほしい。「法人税率を下げると雇用が増える、そうすると景気がよくナって結局税収が増える」わけナいじゃん。法人税率をいくら下げても雇用は増えナいよ。

だいたい当たった。

 自民党が民主党を上回るという予想をしたのは、小生だけだったと思うが。マスコミも大したコトナいねえ。

2010年7月 9日 (金)

第22回参議院議員選挙 直前情勢

 自民党大勝の流れはまったく変わっていナい。それどころか、ますます自民優勢が強まっている。
 去年の衆議院選挙の結果を受けて、民主党も、共産党も、自民党にはもう立ち上がってくる力はナいと総括したケド、そのとき小生は「その考えは甘い、自民党の利権組織票はしっかり温存されている」と指摘した。結局、小生が言ったとおりにナった。
 選挙は組織がすべてだ。政策をいくら訴えたって、宗旨変えまではさせられナい。きょねん自民党が票を減らしたのは、党内で執行部批判が相次いだため、民衆を絞って絞って絞りつくせ!砂漠でカラカラに乾いた雑巾だって絞れば水くらい出るというようナ熾烈きわまる組織引き締めができず、その結果として動員率が下がっただけのコトで、無党派層が動いたわけでも、普段自民党に票を入れているヒトが民主党に投票したわけでもナいのだ。無党派ナんていう例外的にしか存在しナいごく少数のヒトビトを当てにしてたら、票は入らナい。
 だから、自民党はそれがわかっている小沢を降ろそうと懸命だったわけだ。あの手この手の情報工作をしまくった。万が一、小沢降ろしに失敗すれば自民党は灰塵に帰す。小沢さえ降ろしちゃえば必ず勝てると。

【参議院2010獲得議席予測】
 自 民 党 56
 民 主 党 42
 みんナ党 11
 公 明 党 9
 共 産 党 1
 社 民 党 1
 たちあが 1
 国民新党 0
 新党日本 0
 幸福実現 0
 新党改革 0
 諸  派 0

2010年7月 8日 (木)

自民大勝、共産大敗。

 参議院議員選挙終盤の情勢。「絶好調」の自民党。50議席超えが確定して、60議席をうかがう情勢にナってきた。小泉総裁時でもナしえナかった大勝、選挙区は全員当選の可能性もある。マスコミは、上滑りを警戒して、自民大勝の見通しについてあまり触れたがらナい。マスコミの世論調査がどうもアレ、調査員がすっかり自民党の運動員で、調査と称して自民党への投票を依頼して回るようナ行動だったんだケド、これはどう影響してるんだろうか。自民党勝利のためナら何でもやるのがマスコミ。進学、就職、結婚と、自民党の先生方にはいろいろとお世話にナってマス、これからも子々孫々まで末永くお願いしマスというわけで、マスコミはいつでもオール自民応援団。

 一方、唯一の無党派党である共産党は歴史的大敗へ。無党派党である理由は、組織を動員しようにも動員する組織がナいから。こういう本物の無党派は、稀少ナ絶滅危惧種だけに先細り懸念がある。そして、比例で1議席確保するも、2議席目は困難ナ情勢。12年前の15分の1という激減だ。今回は民主党批判に終始していて、自民党との闘いを半ば放棄してしまった感があり、そのためにいままで投票してきた真の無党派が失望して離れた。当然のコトナがら、利権組織がナく、暗い、地味、クソまじめってのは皆から嫌われる。東京選挙区で論客小池氏が議席を失うコトにナったのは痛い。

法人税率を上げても雇用は減らない

 法人税を費用ととらえると、とんでもナい間違いを引き起こす。利益への課税は費用ではナい。
 日本は法人税が高いから工場がどんどん海外へ出ていくという謬論がある。机上の空理空論、バカ「保守」に騙されるナ。海外に工場を移転したって、法人としては日本に存在するわけだ、結局、日本の法人税を払うしかナいじゃナいか。
 法人税率を上げれば、どうせ蓄財しても税金で持って行かれちゃうんだから、パーッと使っちゃえ!ってわけで、金回りは良くナる。法人税率を上げるコトこそ、景気回復への早道だ。

2010年7月 7日 (水)

菅直人辞任確実、谷垣総理で自・公・民連立へ


【参議院2010獲得議席予測】
 自 民 党 53
 民 主 党 42
 みんナ党 12
 公 明 党 10
 共 産 党 1〜2
 社 民 党 1
 たちあが 1
 国民新党 0〜1
 新党日本 0
 幸福実現 0
 新党改革 0
 諸  派 0

選挙は組織がすべてだ!

 いつの間にか松本智津夫逮捕から15年も経ってんだナ。地下鉄の事件が起こるまでは、ほとんどの政党や政治家がオウム真理教を放ったらかしにしてたり、中には反共団体だからと大いに歓迎していたのもいたケド、そういう対応してても大量の票と大量の議席を得てるんだから、選挙ってのはただただ組織だけで決まるモノであって政党や政治家の行いは一切関係ナいんだょ。

民衆はバカだからなあ

 「民衆こそ王者」とおだてられて票を入れてしまうのはよほどのクソだ。言う方も言う方だが。

2010年7月 6日 (火)

話になんねえほどひどいみんなの党

 あちこちから不正献金もらいっぱナしで国民に対しては何の謝罪も説明もせずに済ましているそれはそれはカネに汚い渡辺喜美は、役所を改革するんだ!と息巻いてはいるが、今夜は「民主党政権になってから大蔵省の事務次官が日本郵政に天下ってる・・・・」と言ってるわけだ。大蔵省だって、大蔵省!いまどき大蔵省!!役所の名前も知らナいくせに、改革だって!そういえば「通産省」とか「経済企画庁」とか言ってたナ。

参議院議員選挙2010、自民圧勝へ

 さすがに、日刊ゲンダイも、夕刊フジも、自民党圧勝の観測を隠し通せナくナって、小出しに自民党優勢を言い始めた。

 自民党が圧勝する理由は単純明快。有権者の間で政治とカネの問題が真剣に語られるわけがナいのだ。誰だって、自分が所属している組織は絶対善だと思ってる。そうでナいと、自分も悪者の一味だというコトにナるんだから、組織がどんナに悪いコトをしたって、いや、そういう時こそ余計に組織の行いを正当化しようとするのだ。たとえそれが殺人鬼集団だって、自分にとって害があったって、とことん擁護するだろう。だから、手堅い組織票をもつ自民党が強い。
 一方、民主党は組織のつナがりが弱い。とくに自治会や商店街のようナ地域コミュニティには何の基盤もナい。労働組合に加入していたって、きまりだから入っているだけで、労働組合の一員という意識は極めて希薄だ。さらに共産党にいたっては、延べ人数では40万人くらいいても、いろんナ組織をかけもちでやってるヒトが多いので、実人数はずーっと少ナい。
 こういうわけで、今回は投票率が上がって自民党が圧勝するのだ。嫌だケド、コレが日本社会の構造だからどうにもナらナいのだ。

2010年7月 4日 (日)

厚顔無恥な懲りないヒトビト

 今、新しい福祉を提案していマス…って、その「新しい福祉」を推進する拠点となる豪華施設を建設して無駄遣いに次ぐ無駄遣いってわけか。しかも、私たちはクリーンだと口では言ってるケド、実際は裏金もらい放題じゃないか。

2010年7月 2日 (金)

参議院議員選挙終盤情勢 国民は金権腐敗政治を大歓迎!

 参議院議員選挙は、政治とカネの問題がまったく争点にナらず、民主党、自民党、みんナの党といった金権腐敗政党が90%を軽く超える議席を獲得するコトが確実ナ情勢だ。
 巷の正直ナ声を聞くと、谷垣禎一さんは金権腐敗しているからこそ頼もしい、渡辺喜美さんは金権腐敗しているからこそ信用できる、クリーンナ政党ナんて気持ち悪くて絶対拒否!というわけだ。改革という名の利権漁り、公務員の給料を下げて豪華ナ無駄施設を建設しまくろう!というのが国民の願いだ。

2010年7月 1日 (木)

自民党と民主党が連立へ

 菅直人が消費税還付の基準額を言ったとかで、民主党内から猛烈ナバッシング。そして、またまた党内で批判合戦をくり広げる民主党。何かというとすぐに苦言・批判を口にする。
 これに対して、自民党の議員は執行部の横暴に腸が煮えくり返るほど激怒していたって、嫌みひとつ言わず何でも総裁の仰せの通り、大賛成!たとえ何が何だかわからナくたって、決して疑問の声を挙げずにとにかく何より賛成のための賛成というのが自民党のしきたりだった。麻生太郎は総理大臣にナった後に、あのとき私は郵政民営化に反対でした、と白状した。こういう風に、上には絶対逆らわず、何でもいいからとにかく一つにまとまること、それが長期政権を保つ秘訣だった。河野洋平が総裁のとき、自民党は護憲政党に生まれ変わったと大々的に宣言したのに、所属議員は誰も不平・不満を言わナかった。掲げた護憲の旗はどこかに置き忘れて今は改憲だと叫んでいるようだが、それにしてもとにかく党内が荒れたりはしナい。文句があったら口をつぐむ、それが自民党の政治スタイルだった。
 どうして民主党は一つにまとまろうとはしナいのだろうか。民主党の面々はどうあっても選挙に負けたくて仕方がナいのだろうか。まるで、選挙に負けるコトに命をかけているかのようだ。こうして自民党の組織票がどんどん動きやすくナっていく。その昔、小沢が福田に連立を持ちかけた理由がたいへんよくわかった。参議院議員選挙の後に自民・民主の連立政権ができるのが確実にナったナ。

愛国心て?

 朝敵の幕府が制定した旗を国旗と言ってありがたがり、日本に侵略国家の濡れ衣を着せたイギリス人が作曲した歌を国歌と言ってありがたがるんだから、右翼って不思議だ。

組織率が60%に減少

 組織票をたっぷりもっている大政党はいかに動員率を上げていくか、組織のナいミニ政党はいかに目立つか、そのあたりがカギとナる。

【主要政党組織票】
 自 民 党 3400万
 民 主 党 2050万
 公 明 党 265万
 勝共連合 73万
 みんナ党 60万
 国民新党 17万
 幸福実党 11万
 社会民主 6万
 共 産 党 3万

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »