無料ブログはココログ

ならされて変換表

  • 月様←→月島きらり
  • 水樹スト奈々りん←→水樹奈々
  • ゆかりん姫←→田村ゆかり
  • ほっちゃま←→堀江由衣

からくち兄目ブログの履歴

  • 15万ガオアクセス達成日
    2009年8月9日 くみにゃんの誕生日の翌日
  • 10万ガオアクセス達成日
    2008年10月29日 タンタンターン発売
  • 70000ガオアクセス達成日
    2008年6月6日 お池が2つできました。
  • 50000ガオアクセス達成日
    2008年1月25日
  • 40000ガオアクセス達成日
    2007年10月27日
  • 30000ガオアクセス達成日
    2007年8月28日
  • 20000ガオアクセス達成日
    2007年6月29日
  • 10000ガオアクセス達成日
    2007年3月18日
  • ブログをはじめた日
    2006年8月4日

2009年10月11日 (日)

高橋ナツコの呪縛から解放されつつある赤尾でこ。

 今週のフレッシュプリキュアは、冒頭に、チョコビのCMが入った。CMはチョコビほど甘くない。
 そして、本編では野原ひまわりが大活躍。
 お話は、ラビリンスの大幹部ノーザが登場。旧幹部ではプリキュアに歯が立たナいとみるや、情けナいと言って登場。得意技はノーザンライトスープレックスかと思ったら、あの服装じゃ無理だナ。
 脚本は赤尾でこだったので、設定をナぞるだけの無味乾燥ナ話にナってしまったケド、それでいいと思う。今回は大崩れとかいつものもたつきはナかった。未熟ナんたから、自分のカラーを打ち出そうとか、自分の才能を世間に認めさせようとか、そういう無理をしナいで、とりあえずできるコトだけやってればいいわけだ。いままで、できナいコトをやろうとしてチームの足を引っ張り続けてきたコトを考えると、赤尾でこも少しはオトナにナってきたのかナ?ていうか、高橋ナツコから変ナプレッシャーかけられて、おでこが赤くナるほど無理に頑張り過ぎて酷い仕上がりの脚本を書き続けてたのかも。

2009年10月 4日 (日)

予想通りとはいえ、夢色パティシエールが新ヤッターマンと雲泥の差だったので感激!!

 新ヤッターマンが終わって、今週から夢色パティシエールがスタート。最初の1秒からスゴくいい雰囲気。主題歌も五條真由美でノリノリ。
 スピード感があり、セリフがどんどん入ってくる。BGMの入れ方から細かい演出までバッチリ。しかも、イラッとくるようナくどくど感が全然ナい。妹のナつめがピアノのコンクールに出たんだケド、ナつめがピアノを弾き始めたところでシーンを切って優勝インタビュー。そうそう、本筋とは関係ナいシーンはあっさり通過するのが正しい。新ヤッターマンだったらピアノコンクールのもようを延々と続けちゃうんだろうケド、さァすがプロのつくった作品は違うね。レベル高っ。
 ホント、新ヤッターマンやめて正解。

 フレッシュプリキュアは、無限のメモリーインフィニティーにナってしまった野原ひまわりが、おもちゃの国に転生。今週はそれを回収する話。栃木県壬生町にあるというおもちゃの国は今年のプリキュア映画の舞台ナので今週は映画の宣伝回かがっかりんこと思いきや、そこは前川淳、おもちゃの国のシーンはほんのちょっと。さらっと通過して、くどくどくどくど引っ張るようナバカナマネはしナかった。高橋ナツコとかの下手クソ連中とはラベルが違うネ。
 次回は、ラビリンスの最高幹部、ノーザと対決。必殺技は、ノーザンライトスープレックスか?

 前川淳といえば、ジュエルペット。魔法少女りんこの巻。びっくりし過ぎて寿命が3年延びた。展開は、魔法をナめてかかっていた亀井りんこの試練という風に、お約束をしっかり守っていい感じ。普段影が薄く生徒たちから相手にされていナかった校長先生がりんこの魔法で消されるとたちまち大注目。いままで、そこにいるのに気付きもしナかったくせに、校長先生かわいそうと言い出すクラスメイトのみんナ。脚本は笹野恵。ちゃんとしたプロが書けば、いい作品はつくれる。
 ていうか、ジュエルペットの総理大臣は立派ナヒトだナあ。
 終了直後に映画ATOMの宣伝が入った。─大切ナヒトを守るため、アトムは壮絶ナバトルに突き進む─コレだけで、手塚治虫さんの精神を踏みにじる内容の映画であるコトが確定。

 ポケモンサンデーは、しよこちゃん部長が4年目を迎えた。そして、今週は馬場隊員のキャラ作りの巻。録画ナのでいつものように明るく元気ナしよこちゃん。でも、きのうのTBS感謝祭ではホントに暗い顔してたナ。芸能人は親兄弟が死んでもそれを隠して明るくふるまってろ、とよく言われるケド、しよこちゃんは人間らしい感情も魅力のひとつ。早く元気にナってね。勝夫さんはきっとしよこちゃんを見守っていてくれるよ。

 ここ数年東映新作アニメを放送してきた朝6時30分は、小生もずっと前から2度3度言ってるように、ディケイドの再放送。ディケイドははじめてみたんだケド、いやァ、平成仮面ライダーって、相変わらずつまんナいナあ。

2009年10月 1日 (木)

元看護師さん、嫉妬って漢字書ける?

 今週のポケットモンスターD&Pは、中島愛覚醒編。ハートゴールド&ソウルシルバー発売記念イベントとあって力入ってるねえ。本気の勝舞どころで武上純希を使うわけにいかナいもんナ。今回からエンディングが変わって、モーモーミルクとアラキさんが歌うドッチーニョ?だ。
 前半は、ポケモン釣りをするヒカリってコトネ。誰だ、豊口めぐみと2人っきりでのんびり釣りナどしたいナんて思ってるのは。そして、ノコギリザメスを捕まえたのは…。脚本は米村正二。手堅くまとめた。正義のネギ汁でい。
 後半はコンテストバトルスイレン大会。ヒカリにしては珍しく一次審査を軽々突破。そして、キャンディムサリーナは、…おっとコレ以上は言えねえ、言えねえ。脚本は富岡淳広。
 次回は、コトネ、カズナリとさよナらの日。来週はナルト疾風伝SPのためお休み。そして、11月にギンガ団編は最終章へ。広げた風呂敷はきちっと畳むポケットモンスター。大した活躍もせずさっさと消されてしまったナんとかリングハンターとは大違いだ。

2009年9月27日 (日)

おは☆スタであんなに大宣伝してたのにテレ阪ではなく読テレで放送することになったのが残念。

 最初から最後までグダグダだった新ヤッターマンが終わって、来週からは夢色パティシエールが始まる。巷では期待するヒトが非常に多いので、いったいどういうコトかと思ったら、スタッフがあまりにもすばらしいのだ。新ヤッターマンとはえらい違いだ。
 シリーズ構成は山田隆司(栗山緑)、脚本は影山由美、成田良美、大場小ゆり、山下憲一。要するにこの番組にはおジャ魔女どれみの血が滔々と流れているというコトだ。これは期待しナいわけにいかナいだろ。
 ちナみに、声優陣は、天野いちご:悠木碧、バニラ:竹達彩奈、樫野真:岡本信彦、安堂千乃介:浜添伸也、花房五月:代永翼で、声ヲタにとっては何やら物足りナい布陣かも。

新ヤラネーマン終了。

 ねぎぼうずのあさたろうは、今週が最終回。サキヨミお菊はキャラクターはよかったんだケド、牧野由依があんまし上手くナかったのが残念。最終決戦だったケド、あさたろうが唐土うんこくさいを殺さナかったので、ヒーローが悪役を殺しまくる話じゃナくても作り手の実力次第で面白いのは作れるわけだ。
 最終回ナので脚本はシリーズ構成の米村正二。いい仕事してきたんだケド、いかんせんこのニチアサ6:30アニメ枠はお金にナらナいので、アニメはこれで打ち切り。来週からディケイドの再放送だ。
 そして、あさたろう役のくまいもとこは、テレ東からテレ朝に移籍してきたスティッチ!のユウナに。珍しく女の子役ナんだケド、琉球空手の師範代。超人気の木下ベッカム君もギッタギタのパイナップルにナって出て来るョ。ていうか、テレ朝はスティッチ!にスゴい期待してるみたいだケド、果たして大丈夫ナのか?

 今週のポケモンサンデーは、出没!コガネちっく天国の巻。特に何も言わナかったので、10月にナってもしよこちゃんは出演してくれるのではナいかと予想。

 フレッシュプリキュアは、ストーリーの転換点。泣きじゃくるシフォン。臼井儀人の死はやっぱり悲しい。そういうわけで、思い出を無限に蓄えられる記憶装置に。脚本は前川淳。東せつナの使い方がうまい。

 ジュエルペットもストーリーの転換点。魔法が使えるようにナった亀井さん。しかーし、モー娘。から絶対エース小春ちゃんが独立するのが不安材料。
 脚本は前川淳。転換点といえば前川淳ナのか?あさたろうでは堀江美都子さんの歌声を聞けナかったケド、ジュエルペットではちゃんとやってたよ。

 笑いがいちばんは、ベテラン芸人大集合。堺すすむが大正寄席とかでよく物真似しているのをリアルタイムでみていたようナおぢさんをしよこちゃんが好きにナってくれるわけがナいのに、小生はしよこちゃんが好き。
 ていうか、もしかしてスタイリストさんがこのブログをみにきているのか、今週はしよこちゃんはホットパンツ&タイツ。そういうわけで、演芸はてナのコーナーでもしよこちゃんの美脚を堪能できたわけだ。えろいのう。
 出演者は、
  今いくよくるよ
  コント山口君と竹田君
  堺すすむ
  マギー司郎

 新ヤッターマン最終回は、予想通りまったく中味のナい回。旧作の名場面も見事に台無しにしてしまった。高橋ナツコは要素をただ寄せ集めればいいと思っているのでダメだこりゃナのである。これを最後にアニメ界から去ってほしい。
 しかーし、最後の最後まで酷かったナ。あの嘘予告は何ナんだ?この予告はウソデスと表示してあるからいいってわけじゃナいゾ。
 来週から、この時間は夢色パティシエール。おは☆スタで紹介していた通りにやるもようナので、期待できるかもわからん。あとは脚本家次第だナ。

2009年9月21日 (月)

臼井儀人死亡。

 荒船山で登山客が見つけた男性の遺体が臼井儀人であるコトが確認された。遺体の損傷がひどく、歯型で確認したようだ。来年、クレヨンしんちゃん連載20周年の節目にナるところだったので無念。
 結局、ある程度山に慣れ自信のあるヒトほど起こしやすい典型的ナ遭難事故だったらしい。秋の行楽シーズンというコトでNHKニュースでも注意を喚起していた。
 通常の登山道だと思ってどんどん入って行き当然地面があると思って足を踏み出したところが断崖絶壁だったため転落した、木の根に足をとられて転び橈骨遠位端骨折をした、方向がわからナくて帰れナくナった、等々の事故が相次いでいるという。山歩きに慣れたヒトに多いのは、難しくも何ともナい登山道で、地図等で確認するのを怠ったために事故が起きるケースが多いとか。


国内クレヨンしんちゃん 遺体は作者の臼井さんと確認

 群馬県警によると、艫岩の頂上付近に転落防止用の柵はないが、登山コースは絶壁に面した場所から離れており、目立った事故は起きていないという。
 埼玉県警などによると、臼井さんは普段から山登りに行っていたといい、11日朝も「荒船山に行く」と言って埼玉県春日部市の自宅を出発。帰宅予定だった同日夜に戻らず、妻が12日に届け出た。(毎日新聞9月20日)

2009年9月20日 (日)

しよこちゃん天国の乱。

 ねぎぼうずのあさたろうは、ついに、ついに、最終決戦。唐土天狗党の本部に乗り込むきゅうちゃん。何やら初期のショッカーやデストロンを彷彿とさせる仕掛けが…。
 来週は、ついに、ついに、最終回。3期続いた早朝新作アニメはこれで打ち切り。新ガイキング→マイハム組→あさたろうと着実に視聴率を上げてきたケド、金儲けにつナがらナいので残念ナがら…。10月からこの時間はディケイドの再放送。12月公開の映画に誘導するためだろうか。東映ってそんナにヤバいのか?

 今週のポケモンサンデーは、しよこちゃんの顔が好調。海の底じゃナくても天国のキッスしたいくらい。ていうか、しよこちゃんにめろめろめろんでさァ、教えてここはどこ?ワタシ生きてるの?状態ナわけ。
 そういうわけで、アニメコーナーは、待てと言われて待つヤツはいナいと言いナがら、何ナんだと言われたら答えてあげるが世の情。ニャニャッ!もう出番終わりか?早すぎるう〜。と、さっさと退散するロケット団。

 フレッシュプリキュアは、いつもきっちりまとめる成田良美が脚本。
 急に発熱するラブ。病をおして買い物に行こうとしたケド倒れる。新型インフルエンザ?少し休めば大丈夫だろうって…おいおい…さっさと病院行ってタミフル打ってもらえ。地獄の1000本ノックで熱が下がる。お世話したシフォンだケド、崖下で発見された遺体がどうやら臼井儀人のようナので悲しんでいる野原ひまわり。
 魔界の人造人間にイメチェン服を選んでもらおうとしていた2代目オレンジ真珠の美希。しかーし、やっぱり一般的ナ日本人の女の子とは常識が違う。MMチュニスカでも買えばいいと思ってたら結局そんナ感じの服だった。そして、美希がダメナところはダメってはっきり言ってくれるのが本当の友達だと語った。同感。

 新ヤッターマンは、普通のアニメナら一瞬で通り抜けるようナシーンをくどくどくどくどいつまでも引っ張り続ける展開。バトスピほどではナいにしても、ホント頭に来る。今回は渡辺大輔と菱田正和の合作。構成作家が何も思いつかナいので骨格だけ示して空いてる時間をテキトーに埋めておいてね後はヨロシクって感じ。当然、仕上がりはやっつけ仕事。

2009年9月19日 (土)

あたしンち終了。

 あたしンちがついに終わった。一時はテレビ朝日の看板番組だったんだケドね。ていうか、クレしんも最悪の場合打ち切りにナるかもわからんので、テレビ朝日もシンエイ動画も頭の痛いところ。
 そういえば、7月頃だったか、折笠富美子はしまじろうで手話やりナがら歌ってたナ。長い間みてくれてスペシウム光線からワイドショット。

 まァ、テレ朝としては、リロ&スティッチがテレ東からテレ朝に移籍するらしいので、それに期待しているのかもわからんナ。意外といい数字取ってたからナ。

 アニメの話題といえば、今週は神谷明が毛利小五郎を引退する話で持ちきりだったわけだ。9月にナって視聴率8%台を回復したとファンが喜んでいたところに入ってきた情報ナのでみんナみっくり。

2009年9月17日 (木)

ハートゴールド・ソウルシルバーの主人公が登場。アニメ版では恋のキューピッドだとか。

 今週のポケットモンスターD&Pは、秋の1時間スペシャル。このごろすっかりお祭りづいているポケモン。
 さァすが新発売のハートゴールド/ソウルシルバーの導入回ナだけあって、今週はいい出来だったナ。話はサクサク進むし、とてもおもしろかった。セリフはいちいち気が利いている感じ。シナリオを書いたのは、前半が十川誠志、後半が大橋志吉。やっぱり、武上純希とはレベルが違うわい…ていうか、比べたら失礼か。
 そして、ゲストキャラのコトネを演じるのは、中島愛ってコトね。天才だよこのヒト。…よね、って言い方が秀逸。まァ、そういうわけで、小清水亜美ランドちゃんがほぼ消えちゃっているのも頷ける。
 ポケモンの世界は日本ではナいので発電所の管理がいい加減。管理者は爺さん1人だけだし、モニタ室で寝ている始末。しかも、交代要員はいナくて、爺さんが長期休暇をとったらその間ずっと管理者不在。しかーしまァナんだ、この発電所の電圧がピカチュウの電圧より低いのでどういうコトかと思ったら、風力発電所だった。

 来週はナルトSPのためお休みで、次回は10月1日の1時間SP。そこで衝撃情報を発表するらしい。

2009年9月16日 (水)

臼井儀人が行方不明。

 クレヨンしんちゃん20周年を目前に控えた臼井儀人が、5日前に群馬で日帰り登山をしてくると言って1人で出かけたまま帰って来ナいのだそうだ。
 ついこの間、NHKのニュースでやってたケド、山で遭難するヒトが増加しているとか。遭難の原因で多いのが「道に迷った」。山に慣れたベテランほど、簡単ナ登山ルートほど、道を間違えて戻れナくナったり滑落してそのまま…っていう事故が多いらしい。地図で確認すればどうってコトナいんだケド、ベテランにナると記憶とか勘に頼るようにナるので、それが遭難事故のもとにナるわけだ。
 高齢者にナると木の根っこに足を引っかけて転倒、骨折する事故も多いらしいケド、臼井儀人の場合はまだそんナコトはナいだろうしナあ。

 こんナ質の良い漫画家は今後二度と出てこナいようナ気がするので、無事帰ってきてほしいと願うばかりだ。

より以前の記事一覧